ライブドアブログStyle

「ライブドアブログStyle」は、LINEが運営するブログメディアです。さまざまな知識(ライフスタイル・レシピなど)や経験を持つブロガーを掘り下げ、生活に役立つ情報や人生のプラスになるヒントをお届けします。

2017年07月

何に対しても「イヤ!」と返す子どものイヤイヤ期。 “魔の2歳児”とも呼ばれる第一反抗期ですが、子供の成長の証と分かっていても、イヤイヤを繰り返されると頭を抱えてしまいます。 イヤイヤ期はとにかくすごい……! 子供が全力で抗議するときに見せる寝転び。 幼い ...
もっと見る
何に対しても「イヤ!」と返す子どものイヤイヤ期。
“魔の2歳児”とも呼ばれる第一反抗期ですが、子供の成長の証と分かっていても、イヤイヤを繰り返されると頭を抱えてしまいます


イヤイヤ期はとにかくすごい……!


子供が全力で抗議するときに見せる寝転び
幼い子供ならではの行動でかわいくもありますが、買い物中にされると、親としては慌ててしまいますね。


画像1

「対策としてお気に入りのオモチャや人形を持たせてスーパーに行ったりしたのですが効果なし。
お菓子コーナー通るとオモチャをポイしてしまいます…。」



イヤイヤ期をイライラせずに乗り越えるには?


イヤイヤ期は親もついイライラしてしまいがちになってしまいますが、そんな様子を見てイヤイヤが加速する場合も少なくありません。

そこで、イライラせず子供のイヤイヤ行動を乗り越える4つのアイデアをご紹介します。

1. 歌とイラストは効果的
2. 泣いている姿を動画で撮影
3. “憧れのキャラ”を思い出させる
4. 「もう限界!」となってしまったときの手段

順に見ていきましょう。


1. 歌とイラストは効果的

「うさぎとお絵描き 【Illustratorアベナオミの日記帳】」の著者でイラストレーターのアベナオミさん。
アンチョビくんが大好きな歌にのせて、かわいい鬼のイラストが描かれたオムツで説得を試みます…!


画像2


鬼のパンツ作戦は見事成功!

「もうオニのスタンプかオニイラストのオムツがほしいアベなのでした」


たしかに毎度描くのは大変かもしれませんが、お母さんの手描きイラスト付きのおむつはアンチョビくんにとっていい思い出になりますね。


2. 泣いている姿を動画で撮影

「なーみん育児絵日記 ~やんちゃ兄弟とぐーたら母の記録~」の著者で兄弟2人を育てるなーみんさん。
イヤイヤスイッチが入るとなかなか泣き止まない次男のみーくんの姿を見て、「こんな姿も今だけだよな……」と思いスマホで撮影することに。


画像3


画像4

「そして撮った動画を見せて欲しいと要求。
見せてあげると笑ってました(笑)
なーもそうなんですが、泣いてる動画って面白いのか笑いながら何度も見ています。」


身近なスマホでできる泣き止ませ方ですね。
泣いている自分の姿を見ると客観的になれるのかもしれません


3. “憧れのキャラ”を思い出させる

「巣ごもりゆばさん~ズボラ育児楽しんでます~」著者・鳥頭ゆばさんは、娘さんの乙女心に訴える方法で落ち着かせているそうです。


画像5


プリンセスが大好きな娘さんを理解しつくしたワザですね。
プリンセスだけでなく、アンパンマンやウルトラマンなど、子供の好きなものに合わせて応用できそうです。

しかし、その方法が通じなくなるほど手がつけられないこともあるそうです。


4. 「もう限界!」となってしまったときの手段

そんなときの手段は……。


画像6

画像7

画像8


子供ときちんと向き合うためには一旦クールダウンすることも大事です。
わずかな時間で気持ちを切り替えられるアイデアですね。

ペットだけでなく、ぬいぐるみや好きな写真など、自分が癒やしを感じられるものでもできそうです。


以上、みなさんの試行錯誤がうかがえる4つのテクニックでした。

後編では、イヤイヤ期の終わりを感じたエピソードなど紹介します!


子育て“あるある”満載のランキング


ライブドアブログの子育てカテゴリページには、子育てに奮闘するパパ・ママたちのエピソードがランキング形式で並んでいます。

⇒ 子育て - ライブドアブログ
画像9


共感できる子育てエピソードが見つかること間違いなしです!


(ブログ編集部)




関連リンク

イヤイヤ期エピソードが描かれていたブログ・記事

その他のイヤイヤ期参考情報

昔のインターネットを懐かしむ「#インターネット老人会」というハッシュタグが、ツイッターで盛り上がっていました。定額サービス「テレホーダイ」や、サイトの「キリ番」など、懐かしの“ネットあるある”が並んでいます。「ダイヤルアップ接続」時代のエピソードブログ「3 ...
もっと見る
昔のインターネットを懐かしむ「#インターネット老人会」というハッシュタグが、ツイッターで盛り上がっていました。

定額サービス「テレホーダイ」や、サイトの「キリ番」など、懐かしの“ネットあるある”が並んでいます。


「ダイヤルアップ接続」時代のエピソード


ブログ「3次元ベイビー」著者のアサナさんも、ツイッターで「ダイヤルアップ接続」の思い出を紹介していました。




電話をかけてインターネットに接続する方式なので、接続中は電話料金が発生していました。

この投稿には、「何もかもみな懐かしい・・・・」という共感の声や、「ストップウォッチで時間計って電話代を家に入れてました(笑)」という当時の思い出などが寄せられ、反響を呼んでいます。


漫画の中でも描かれていますが、ダイヤルアップ接続は「ピポパポ」「ピーガガガ」という独特の音が鳴っていました。

YouTubeに投稿された「ダイヤルアップ接続音」という動画(?)は、再生回数が50万回を超える人気作品になっています。





不便なインターネット環境だったはずなのですが、今となってはこの音も懐かしく感じますね


高校時代の「ホームページ作成」の思い出


ブログ「トキヒロのヘタレポート~娘沼にハマりました~」著者のトキヒロさんはブログで、初めてホームページを作ったときのエピソードを紹介しています。


画像1


趣味が合う友達を見つけるのもひと苦労だったとき、交流の場にもなるインターネットは画期的なものでした。

ですが、ホームページ作りでつまずきやすいのがHTMLの基礎知識


画像2


「ホームページを作ろう」と思い立ち、「HTMLは難しい」と挫折するまでの流れも、また“あるある”でしたね。

その後、トキヒロさんは携帯向けのサイトでホームページを作成したそうです。


他にもオタクならではな思い出が描かれていて、「あるある~!」と共感の声が届いています。


ランキングで“話題のネタ”をチェック!


ブログランキングページは、読者を多く集めたブログがランクインし、注目話題のチェックに役立ちます。


⇒ ブログランキング - ライブドアブログ
画像3

ツイッターで人気の話題もキャッチされていますよ。

※ちなみに「ブログ」の隣に「ブロガー」のランキングがありますが、こちらはまとめブログ系を対象外と、主にブロガーとして情報発信しているブログのランキングとなっています。

“ホットな話題”をランキングでチェックしよう!


(ブログ編集部)




関連リンク

ライブドアブログに3組の有名ブログが新しく開設されましたので、ご紹介いたします。 世紀末絵日記 / 世紀末 Twitterで発表したマンガが「切ない」「泣ける」と共感を呼び、『殺さない彼と死なない彼女』という書籍を出版した世紀末さん。ブログでは、自身の日常を独特の ...
もっと見る
ライブドアブログに3組の有名ブログが新しく開設されましたので、ご紹介いたします。

世紀末絵日記 / 世紀末
世紀末絵日記

Twitterで発表したマンガが「切ない」「泣ける」と共感を呼び、『殺さない彼と死なない彼女』という書籍を出版した世紀末さん。ブログでは、自身の日常を独特の感性でマンガにした絵日記を描いています。

美容院にいってきました。
美容院で“身バレ”を経験した世紀末さん。原因はなんと、同じ美容院に通っている母親が「娘が世紀末という名前で活動している」と話したから! 本人は恥ずかしかったようですが、店員さんとの会話がかわいらしくてなごみます。

ブログ「世紀末絵日記」を見る
LINEで「世紀末絵日記」の更新通知を受け取る

立ち呑みダイエットの日々 / 立ち呑みのりぴー
立ち呑みダイエットの日々

大阪を中心に、日夜おいしいお店を開拓している立ち呑みのりぴーさんのグルメブログ。安く楽しめる立ち呑み店はもちろん、居酒屋に焼肉、バー、ランチ、スイーツなど幅広く取り上げています。新しいお店もどんどん紹介してくれるので、お気に入りのお店をいち早く見つけることができるかも。

豪快薩摩の味で夏バテを吹っ飛ばせ! 梅田『薩摩ごかもん 梅田茶屋町本店』
訪れたお店のレポートは、詳細で読み応えがあります。この記事でも、居酒屋で味わった料理やお酒を臨場感のある写真とともにテンポ良く説明してくれ、まるで一緒に飲みに行ったような気分に。

ブログ「立ち呑みダイエットの日々」を見る
LINEで「立ち呑みダイエットの日々」の更新通知を受け取る

#柄トースト×CAFE もうひとつの妄想shop はじまる。 / 森 映子
#柄トースト

Instagramで大人気の「柄トースト」を発表している森 映子さんのブログです。柄トーストは、食パンに自家製のサワークリームを塗り、その上に食品を使って模様を描く“食べられるアート”。まずは、実際の柄トーストの写真を見てみてください。小さなりんごやバナナ、キウイなどが描かれたトーストはかわいくて、しかもおいしそう♪

#みかん柄
この「みかん柄」は、マーマレードやピスタチオで描いたものなんですって。絵柄がシンプルで初心者でもマネできそうなので、ぜひチャレンジしてみてください。サワークリームの作り方も、別記事で紹介されています。

ブログ「#柄トースト×CAFE もうひとつの妄想shop はじまる。」を見る
LINEで「#柄トースト×CAFE もうひとつの妄想shop はじまる。」の更新通知を受け取る


今後もすてきなブログが続々登場しますので、ぜひチェックしてくださいね!

部屋の中で生活感が出がちなゴミ箱。その大きな原因は、ゴミ箱からはみ出るビニール袋ではないでしょうか。 せっかくオシャレなゴミ箱を選んでも、なんだか残念に思えてしまいますよね。 そんなビニール袋のはみ出しを隠す、4つのアイデアをご紹介します。 108円 ...
もっと見る
部屋の中で生活感が出がちなゴミ箱
その大きな原因は、ゴミ箱からはみ出るビニール袋ではないでしょうか。


画像1


せっかくオシャレなゴミ箱を選んでも、なんだか残念に思えてしまいますよね。

そんなビニール袋のはみ出しを隠す、4つのアイデアをご紹介します。


108円でゴミ箱の生活感をなくす


「elie's house」著者・elie.さんが紹介するのは108円でビニール袋を隠すという驚きのお手軽アイデア。

その材料は、100均のなげしフックと段ボールです。


画像2


まず、なげしフックをゴミ箱のフチに内側向きで固定します。
続いて段ボールでゴミ箱のフチより少し小さ目のサイズの輪を作ります。

この2つがそろえば準備完了!

使い方は、さきほど作った段ボールの輪にゴミ袋をかけてフックに引っ掛けるだけ

フチが薄いゴミ箱の場合は、粘着タイプのフックで代用できそうですね。


オール100均で作る、スッキリおしゃれなゴミ箱


あるモノをかぶせるだけでゴミ箱をすっきりさせるアイデアを、「ノープラン生活 100均リメイクにセルフリノベDIYを気の向くままに」著者のみっちーさんが紹介しています。


材料はゴミ箱とヘアバンドと転写シート。
すべてセリアの商品です。


画像3


袋をかけたゴミ箱にヘアバンドをかぶせ、その中にビニール袋のはみ出た部分を隠します

あとはお好みの転写シートを貼れば、スッキリおしゃれなゴミ箱が完成です。

ヘアバンドをかぶせるだけなので、袋の取り替えも簡単です


「お金がかからない」ビニール袋の隠しワザ


「happy-go-lucky -心地いい暮らしのコツ-」著者・hanaさんが紹介するのは、簡単でお金がかからないとっておきのアイデアです。

使うのはなんと、予備のカーテンクリップ

カーテンクリップに付いている小さなクリップを使ってビニール袋を隠します。

ゴミ箱の中に袋を入れ、取っ手部分を折り曲げてクリップで留めれば完成です。


画像4


カーテンクリップ以外にも、文房具のダブルクリップや、シャツを買ったときに付いてくるクリップなどで代用できるかもしれません。

使っているゴミ箱にぴったりの物を探すのも楽しそうですね。


“四角のゴミ箱”でビニール袋を隠す方法


四角タイプのゴミ箱には、「いつでも、HOME ~ちいさな建売、おしゃれハウスを目指す~」著者・まどなおさんのアイデアがおすすめです。

プラスチック段ボールで2重構造にする方法です。


画像5


プラスチック段ボールをゴミ箱に合う大きさに切り、それを内側にセットしてビニール袋をかければ完成!

透明のプラスチック段ボールを使えば、さらに目立たず隠せそうです。


“おすすめ速報”で見つける暮らしのアイデア


ライブドアブログのおすすめ速報は、イチオシの新着記事をまとめてチェックできる便利なページです。

暮らしのおすすめ速報には生活に役立つアイデア・テクニックが満載です。

⇒ おすすめ〈暮らし〉ブログ速報
画像6


あなたの暮らしぴったりのアイデアを、ぜひ見つけてみてください♪


(ブログ編集部)




関連リンク

こんにちは、ライブドアブログ編集部です。今年2月に行い、参加したブロガーさんたちに大好評だった「バレンタインチョコレート作り体験」。これに気をよくした我々は、ライブドアに移転したてのブロガーさんたちをお招きして再びお菓子作り体験会を企画しました!前回に引き ...
もっと見る
こんにちは、ライブドアブログ編集部です。

今年2月に行い、参加したブロガーさんたちに大好評だった「バレンタインチョコレート作り体験」。これに気をよくした我々は、ライブドアに移転したてのブロガーさんたちをお招きして再びお菓子作り体験会を企画しました!

前回に引き続き、講師はライブドア公式ブロガーでお菓子研究家のmarimoさんにお願いし、会場も前回と同じく駒込にあるmarimoさんのキッチンスタジオ「marimoキッチンスタジオ」を使わせていただくことに。

P7100198

とってもおしゃれで心地よい空間です。
スムーズに調理できるように、marimoさんと助手のあさちゃんさん、れいこちゃんさんが下準備をバッチリ整えて出迎えてくれました。

P7100646
左から、marimoさん、助手のあさちゃんさん、れいこちゃんさん

今回のメニューは、ちょっと難しいものにも挑戦してみようということで「クッキーシューのシュークリーム」に決定。
果たしてシュー生地はふくらむのか!? 不安いっぱいですが「ちゃんとふくらむように作るので大丈夫ですよ」とmarimoさん。心強いです!

最初にmarimoさんが作り方のお手本を見せてくれます。
シュー生地は、バターを入れたミルクをしっかり沸騰させるのがうまくふくらませるコツなのだそう。ブロガーさんたちもカメラ片手に真剣に聞き入っていました。

P7100260

次に小麦粉を加え、持ち上げたときにきれいな逆三角形で垂れるようになるまで混ぜます。

P710029502

シュー生地ができたら、固まらないうちにしぼります。さすが、形がきれいにそろっています!

P7100324

事前に用意していたクッキー生地をのせたらオーブンへ。
marimoさんの見本に続いて、ブロガーさんたちもいよいよ調理開始です!
2人でペアを組み、まずはミルクにバターを投入して沸騰を待ちます。

P7100346

生地を混ぜるのはなかなかの体力勝負。ペアになった2人で交代しながら作業します。
パティシエに男性が多いというのもうなずけるハードさでした。

P7100397


生地ができたら、今回最大の難所ともいえる “しぼり” に挑戦。みなさん緊張の面持ちでしたが、初めてとは思えないくらい上手。やはりブロガーさんは器用な人が多いです。

P7100422

そんな中、唯一不格好だったのがライブドアブログのプロデューサー宮P氏の作(奥の6個)。
いやはや焼き上がりはどうなっちゃうんでしょう。

P7100435

シュー生地を焼いている間に、カスタード作りです。
火加減に気を使いながら、焦げないように混ぜ続けるのがこれまた結構ハード。神経も体力も使います。

P7100517

そうこうしてる間に、オーブンではシュー生地が順調にふくらんできています!

P7100500

先ほどのカスタードを冷蔵庫で冷やしながら、一足先に焼き上がったmarimoさんのシュー生地での仕上げ作業を見守ります。
あらかじめ冷やしておいたカスタードと生クリームを粗めに混ぜ、切ったシュー生地の中にしぼり入れていきます。

P7100565

シュー生地でふたをしたら完成! なんと美しい!

P7100594

marimoさんの見本をいただきながらここでしばし休憩です。
みなさんさすがはブロガー、食前の撮影に余念がありません。見た目の美しさはもちろん、「人生で食べたシュークリームの中で一番おいしい!」という声があがるほど味も大好評でした!

P710058701

休憩を終えたら、ブロガーさんたちもいよいよ仕上げのクリーム入れ作業です。
marimoさんの美しい見本にどこまで近づけるのか!?

P7100611

ブロガーさんたちはやっぱり器用! 売りもののようなクオリティー続出でした。
ひとり6個ずつ、お持ち帰り用の箱につめて体験終了です。

P7100624

ちなみに、こちらは問題の宮P氏の完成品。
やはり不格好ですが、そこまでひどくない感じ?

P7100622

と思いきや 、箱にしまうときになって1個クリームの入れ忘れを発見!
いやはや雑……。

P7100628

13時過ぎにスタートした体験会でしたが、終了予定の17時よりずっと早い16時前にはみなさん終了し、自作のシュークリームを味わいながら余裕のお茶タイム。
力を合わせて難しめの課題に取り組んだせいか、みなさんすっかり打ち解けておしゃべりされていました。

P7100631


参加いただいたみなさま、おつかれさまでした!
そして、marimoさん、助手のあさちゃんさん、れいこちゃんさん、ありがとうございました!


■参加いただいたブロガーさんと、ブログのご紹介
今回のシュークリーム作りについても、それぞれ独自の視点で書いてくださってます。



ライブドアブログに2組の有名ブログが新しく開設されましたので、ご紹介いたします。 おのぼり主婦の暮らす見聞録 / ショコラサマンサ1号 ショコラサマンサ1号さんは、10年の間に6回も引っ越した“転勤族”。狭小戸建住宅から3LDKまで住む家が変わりつつ、「北欧シンプル ...
もっと見る
ライブドアブログに2組の有名ブログが新しく開設されましたので、ご紹介いたします。

おのぼり主婦の暮らす見聞録 / ショコラサマンサ1号
おのぼり主婦の暮らす見聞録

ショコラサマンサ1号さんは、10年の間に6回も引っ越した“転勤族”。狭小戸建住宅から3LDKまで住む家が変わりつつ、「北欧シンプルスタイル」のインテリアを目指して試行錯誤を重ねているそうです。家事のストレスを減らし楽に生活するためのアイデアの数々、ぜひ参考にしてみてください。

つい置きっぱなしにしてしまうものをセリアの白アイテムでスッキリ収納
引っ越してきたばかりの現在の家は近くに100円均一ショップのセリアがあり、足しげく通っているそう。そんなセリアのアイテムを活用した、チラシや郵便物、雑誌などついテーブルに放置してしまいがちなものの整理法です。

ブログ「おのぼり主婦の暮らす見聞録」を見る
LINEで「おのぼり主婦の暮らす見聞録」の更新通知を受け取る

甘辛ミックス / こっさん
甘辛ミックス

3人の子供のママであるこっさんの絵日記ブログです。子供がいくらかわいくても、育児は大変なもの。楽しい面ばかりではなく、悩んでいることや疑問に思ったことなど子育て中のママの本音を書いてくれているので、共感を覚える方も多いのではないでしょうか。

それは親にとって都合の「いい子」ではないのか?
子供にかける言葉「いい子にしてね」は、子供のためを思った言葉ではなく、親の思う通りに行動してほしいという思惑の表れではないのか?子供の自主性を奪ってしまわないか?と悩むこっさん。そして、ともに育児をしている夫にも協力してもらいたいと考えました。

ブログ「甘辛ミックス」を見る
LINEで「甘辛ミックス」の更新通知を受け取る

今後もすてきなブログが続々登場しますので、ぜひチェックしてくださいね!

夏休み、家族みんなで楽しめるスポットといえばテーマパークですよね。今回は、名古屋のレゴランド・ジャパン、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン、そして東京ディズニーシー、それぞれの見どころとグルメを紹介していきます。レゴランドで「おもちゃの世界」に入り込 ...
もっと見る
夏休み、家族みんなで楽しめるスポットといえばテーマパークですよね。

今回は、名古屋のレゴランド・ジャパン、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン、そして東京ディズニーシー、それぞれの見どころグルメを紹介していきます。


レゴランドで「おもちゃの世界」に入り込んだような気分に


まずは今年4月にオープンしたレゴランド・ジャパン(以下「レゴランド」)。

ライブドアブログの公式ツイッターを担当しているなっちゃんも、ブログでレゴランドの魅力を紹介しています。

40を超えるアトラクションがそろう中、「圧巻だった」というのがミニランドというエリア。


画像1


東京、大阪、京都、名古屋の街並みをレゴブロックで再現

建物からミニフィグまで、ストーリーを感じさせるほど細かく再現されていて、大人も見入ってしまいそうなエリアですね。


そして、おすすめのグルメはなんといってもレゴポテトです。


画像2


レゴブロックがモチーフの個性的なポテトで、思わず写真に収めたくなる見た目です。


フォトスポットが多いことでも知られるレゴランド。

アトラクションからグルメまで、SNS映えする夏の思い出写真がたくさん撮れそうです。


USJで「魔法の世界」を満喫


映画だけでなく、『週刊少年ジャンプ』作品や「ドラゴンクエスト」など、さまざまなアトラクションで進化を続けるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下「USJ」)。
中でもハリー・ポッターエリアは、作品世界を細部まで再現し、ファンにとってもたまらないエリアとなっています。

その中で、ブログ「めろんカフェ」著者・めろんぱんママさんが薦めるアトラクションは、「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」


画像3


ホグワーツの大空を高速で飛び回り、迫力ある冒険を体験できるアトラクションです。

座っているだけで楽だよね、と思ったら大間違い!
(略)
流れるような3D映像と席の移動が絶妙で、大変おもしろかったです。


2015年には4K3Dに進化し、臨場感もパワーアップされています。

エリアオープン当初に行ったきりという方も、ぜひ足を運んでみてください。


そしてオススメのグルメは、作中にも登場するお店「三本の箒(ほうき)」にある、バタービール味のアイスクリームです。


画像4


ドリンクのバタービールとはまた違った味わいで、子どもにも好評の味だそうです。


圧倒的なスケールでハリー・ポッターの世界観を再現するUSJ。
大人も子どもも楽しめる、“魔法の一日”が過ごせるはずです。


東京ディズニーシーで「海賊の夏」を楽しむ


東京ディズニーシー(以下「TDS」)では、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」をテーマにした「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」というイベントが行われています。

10年以上パークに通う“ディズニーの達人”であり、ブログ「TDRな生活(-_-).。oOO」著者のみっこさんもうならせるイベントのようです。


画像5

これまでの「可愛らしかった夏のイベント」から、ファンタジー要素のない、「海賊」と言うテーマで行われましたが、細かな事はさておいて、全体にコンセプトや内容、アルコールやフードなども含めて、非常に楽しいイベントになったのではないでしょうか。


パーク内では、海賊たちが登場するのですが、おもしろ要素たっぷりの掛け合いが楽しめます。
その点でも、これまでとは変わった雰囲気のスペシャルイベントのようです。


また、お酒を飲めるというのがTDSの魅力の1つですが、「これまでになかったほど充実している」というのがアルコールメニュー

みっこさんのツイートからご紹介します。




「海賊とお酒」というピッタリの組み合わせで、パイレーツ気分を味わえそうです。

まさに大人も子どもも楽しめるイベントですね。


達人たちから“旅のテクニック”を学ぶ


ライブドアブログの旅行・海外(総合)カテゴリページには、旅の達人によるテクニックや海外生活のエピソードなどがランキング形式で並んでいます。

⇒ 旅行・海外(総合) - ライブドアブログ

画像6


夏のおでかけに役立つ情報が見つかるかも♪


(ブログ編集部)




関連リンク

テーマパークの情報が書かれたブログ・記事

その他のテーマパーク参考情報

SNSで自慢したくなる超フォトジェニックなスイーツを4つご紹介します。思わず目を引くスイーツで「いいね!」をたくさんもらっちゃいましょう!“宇宙カラー”がロマンチックな「惑星パンケーキ」インパクト抜群のパンケーキを紹介するのは、「元バーテンダーの簡単家バルレ ...
もっと見る
SNSで自慢したくなる超フォトジェニックなスイーツを4つご紹介します。

思わず目を引くスイーツで「いいね!」をたくさんもらっちゃいましょう!


“宇宙カラー”がロマンチックな「惑星パンケーキ」


インパクト抜群のパンケーキを紹介するのは、「元バーテンダーの簡単家バルレシピ 金魚の肴 青山金魚」著者・青山清美さん。


画像1


作り方はシンプルで、パンケーキ作りのまぜる工程で、天然着色料をほんの少し加えるだけ
まぜすぎないようにすることで宇宙っぽいロマンチックなマーブル模様に仕上がります。


“フリル”と“透け感”で女子の心をわしづかみ「花びらパフェ」


東京都町田市の「カフェ中野屋」は、芸術的なまでに美しいスイーツが食べられると有名で、人気テレビ番組『マツコの知らない世界』などでも紹介された名店です。

そんなカフェ中野屋のスイーツの中から「メタボギア」著者・ナマダさんが紹介するのは、チーズムースパフェ。


画像2


「本当にパフェ?」と疑うほどの美しさ。食べるのがもったいなくなってしまいます。
花びらが散りばめられた、透け感あるゼリーのフリルが女子の心をわしづかみです。

今年は女子服も透けてるもんね・・・
トレンド取り入れすぎかよ・・・最高だよ・・・!



“雨粒”のようなぷるぷる感「レインドロップケーキ」


「キッチン夫婦」著者・べにゆうさんが紹介するのは、世界を魅了する日本発のスイーツ


画像3


驚くほどの透明感とかわいらしいフォルムで人気の水信玄餅は、アメリカでもレインドロップケーキと呼ばれ話題になりました。

作り方も意外に簡単なので、透明度を生かしてパプリカや食用の花をプラスし色鮮やかにアレンジすることも可能です。(作り方は最下部の関連リンクから)

つるんとした食感と涼しげなビジュアルが、これからの夏にぴったりのスイーツですね。


“食べられる宝石”と話題、きらきら輝く「琥珀糖(こはくとう)」


宝石のように美しい和菓子、琥珀糖(こはくとう)を紹介するのは「みんなで食べよ!~おうちごはん」川津由紀子さん。


画像4


思わず見とれてしまうほどの輝きです。

単体でも十分美しいですが、ゼリーなどの上に散りばめてもきっとかわいいですよね。

琥珀糖(こはくとう)は自宅でも簡単に作れるので、ぜひ自分だけの食べられる宝石を作ってみてください。(作り方は↓↓↓の関連リンクから)


見た目もおいしいスイーツが並ぶカテゴリページ


ライブドアブログは、カテゴリごとのランキングがチェックできるページです。

スイーツカテゴリにはブロガー厳選のお菓子や流行のスイーツが並びます。

⇒ スイーツ - ライブドアブログ
画像5


オシャレでおいしいスイーツを食べて、SNSにアップしてみては♪


(ブログ編集部)




関連リンク

子育ての日々をていねいに描いて、読者の人気も高い絵日記ブログ「うちのこざんまい」、書籍化第2弾が登場です。 うちのこざんまい コウくん、お兄ちゃんになる! (メディアファクトリーのコミックエッセイ) [単行本]著者: 内野 こめこ出版: KADOKAWA2歳を過ぎて「ぼくはお ...
もっと見る
子育ての日々をていねいに描いて、読者の人気も高い絵日記ブログ「うちのこざんまい」、書籍化第2弾が登場です。



2歳を過ぎて「ぼくはおにいちゃん」という意識が出てきた息子コウくん。
自分ではできないこと、まだ甘えていたいこと、幼い自分となりたい自分…その狭間で揺れ動きながら、精神的に成長していく日々。
そんななか、母は第2子を妊娠。コウくんは、二つの意味で「おにいちゃん」になります。
(内容紹介より)


収録されているのは、まな息子「コウ」くんの2歳半から3歳7カ月にかけての出来事です。

(※描き下ろしエピソードも豊富で、ウェブやブログで公開されたお話の「その後」が伝えられているので、既読の方も飽きさせないつくりになっています。)


自我の発達とともに、いろいろなことに疑問を持ったり、「ぼくはおとな!」という意識が芽生えるコウくんと、上手に付き合っていくこめこさんの奮闘が続きます。

画像1
これが「なぜなぜ期」……。


トイレトレーニング、幼稚園生活、そしてこめこさんの第2子妊娠(=本物の「お兄ちゃん」になる!)、ひとつひとつの節目ごとに大小さまざまな出来事があって、コウくんも、こめこさんも、一緒に「成長」していきます。

うまくいかないこともあるけれど、時にはこめこさんの方から、時にはコウくんの方から歩み寄って、やがて解決するさまはドラマのワンシーンのよう。

画像2


読んでいくと、あちこちのコマでコウくんの無邪気さに顔がにやけてしてしまい、その瞬間を描いたこめこさんの愛情が伝わってきます。

画像3


育児の参考としても、ほのぼの子供ストーリーとしても読み応えがあり、おすすめの一冊です。


Kindle版もあります。



これからも、「お兄ちゃん」になったコウくん、巻末近くに誕生した「弟」のシンくん、こめこさん、そして旦那さまや周りの人たちの織りなす日々から目が離せません。


ブログ「うちのこざんまい」を見る
LINEで「うちのこざんまい」の更新通知を受け取る




献本イベントも開催しました。


子育てジャンルのブロガー様をお招きした献本イベントでは、執筆に関してのお話や、二人目育児についてコウくん、シンくんにまつわるエピソードなどをお伺いしました。
献本会

シンくんも一緒だった事もあり、終始和やかムードで進行。
書籍に対する想いや制作秘話など熱心に耳を傾けていました。

▼ご参加いただいたブロガー様と、ブログのご紹介
あね子さん「いっちょまえ姉妹を育てています
けえこさん「ほわわん子育て絵日記
トキヒロさん「トキヒロのヘタレポート~娘沼にハマりました~
もづこさん「むすめ雑記帳
moroさん「moroの家族と、ハンドメイドと。


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

ちょうど1週間前、7月7日は「七夕」でしたね。「日本三大七夕祭り」といわれる、神奈川県平塚市の湘南ひらつか七夕まつりは、7月7日から7月9日までの3日間にわたり盛り上がったようです。当日行かれた方のツイートがこちら。 すなすな☆@ma_sanwz湘南ひらつか七夕まつり疾風 ...
もっと見る
ちょうど1週間前、7月7日は「七夕」でしたね。

「日本三大七夕祭り」といわれる、神奈川県平塚市の湘南ひらつか七夕まつりは、7月7日から7月9日までの3日間にわたり盛り上がったようです。

当日行かれた方のツイートがこちら。




パレードや有名人によるステージ、巨大恐竜ロボットの展示などが開かれ、活気に包まれたようです

豪華な七夕飾りが目玉で、夕方からはLEDによる電飾が行われます。




ライトアップされた飾りが夏の夜をきらびやかに灯し、なんともロマンチックな雰囲気。

ぜひ一度足を運んでみたいですね!


「和風ハロウィーン」のような、北海道の七夕


七夕行事は地域によってさまざまで、気候や信仰などによって、時期や内容も変わってきます。
特に北海道では、一風変わった七夕が行われます。

「きょうの横山家」著者で北海道出身の横山了一さんが、そんな北海道の七夕の思い出を語っています。


画像1

道東ではこういった七夕ではない場所もあるようですが、(根室は従来のスタイルだとか?)
僕の育った地域ではこの奇妙なハロウィンっぽい七夕だった記憶があります。


独特の風習に、関西出身の妻・加藤マユミさんも驚いている様子。

この風習は「ローソクもらい」といって、子供たちが近所の家々を回り、歌を歌ってローソクやお菓子をもらうのだとか。


旧暦により近い、月遅れの8月7日に行われることが多いそうですが、函館など一部の地域では新暦の7月7日に行われます。


函館市の隣、北斗市にある「本を読まない人のための本屋 wonderfulworld!」店主さんのブログで、一足早くローソクもらいに来た子供たちをお菓子とおもちゃで迎えた様子が、楽しそうにつづられていました。


画像2

浴衣や甚平を着たこども達がいっしょうけんめい歌う姿、お菓子をもらって喜ぶ姿はとても微笑ましく、いつまでも残って欲しい慣習だなぁと思います。


まさにハロウィーンのような七夕ですね。

今夜『金曜ロードSHOW!』でテレビ放送されるスタジオジブリの作品『思い出のマーニー』は北海道が舞台になっていて、主人公の佐々木杏奈が七夕祭りに参加するシーンがあります。
ローソクもらいも描かれている印象的な場面なので、ぜひチェックしてみてください!


子どもが喜ぶ“七夕レシピ”


七夕に食べるものは地域によって「そうめん」や「ほうとう」など違うようです。

今回はお菓子を配るという北海道の風習にならい、子どもが喜ぶ七夕らしいおやつやドリンクを3つご紹介します。


⇒ フライパンで 2分♪ひんやりはちみつ生姜のデザート。(よめ膳 @YOMEカフェ)
画像3


⇒ 星形カップのフルーツぎゅうぎゅうゼリー(Quality of Life by JUNA)
画像4


⇒ かき氷シロップでノスタルジックな喫茶店のソーダ水(みんなで食べよ!~おうちごはん)
画像5


涼しげなひんやりスイーツとドリンクで、“8月の七夕”気分を味わってみましょう♪


(ブログ編集部)




関連リンク