ライブドアブログStyle

「ライブドアブログStyle」は、ライブドアブログが運営するブログメディアです。さまざまな知識(ライフスタイル・レシピなど)や経験を持つブロガーを掘り下げ、生活に役立つ情報や人生のプラスになるヒントをお届けします。

2018年04月

人気育児ブログ「『moroの家族と、ハンドメイドと。』moroオフィシャルブログ」著者・moroさんの新作コミックエッセーが登場しました。自閉症くんの母、やってます (すくパラセレクション) [単行本]著者:moro出版:竹書房今回は、母・moroさんが息子「こもたろ」くんの“自 ...
もっと見る
人気育児ブログ「『moroの家族と、ハンドメイドと。』moroオフィシャルブログ」著者・moroさんの新作コミックエッセーが登場しました。





今回は、母・moroさんが息子「こもたろ」くんの“自閉症の特性”にどう向き合ったかが描かれた一冊です。

「パニックを起こす」「人の身体に乗る」「奇声を上げる」などの傾向があるこもたろくん。
一見奇妙な行動ですが、実はこもたろくんなりの“理由”があるようです。

たとえば、「奇声を上げる」。
これは療育園の先生いわく、感情をうまくコントロールできず、自分なりの言葉で訴えてみても通じない“もどかしさ”からくる感情表現なのではないかとのことです。
それを受けて、お姉ちゃんの授業参観中に奇声を上げていたのは、やることがなく、つまらなかったからかもと推察したmoroさんは、こもたろくんに「好きな本を読ませる」という方法を思いつくのでした。

こうやって心理を解いていくと、行動ひとつひとつがこもたろくんの“個性”であると感じさせられます。
子供の気持ちに寄り添い、個性を理解してあげるのは、すべての子育てに共通していることではないでしょうか。

本書では、こもたろくんが生まれたときから現在までを振り返って、テーマ別に分かりやすくまとめられています。
「こもたろ年表」と題した目次もあるので、時系列順に読むことも、気になるテーマから読み進めることもできます。


こもたろくんの子育てと並行して描かれているのが、母であるmoroさんの心情です。
生まれたばかりのころは手がかからず、育てやすい子だったというこもたろくん。
しかし、2歳になってもしゃべり出さないことから、moroさんの中にどんどん不安が募っていきます。

本編から、言葉の遅れに気付き始めたときのエピソードをご紹介します。

自閉症くんの母、やってます
(拡大画像はアマゾンの商品ページから)

「大丈夫、大丈夫」と言い聞かせる気持ちと、「モヤモヤ」した気持ちとの葛藤、降り積もっていく不安が描かれていて、身につまされる方も多いかもしれません。

自閉症と気付いたときの悲しみ、後悔や不安、それでも変わらないこもたろくんへの愛情が描かれていて、「きれいごとだけではない」母の思いが赤裸々につづられています。
子供を育てている親御さんだけでなく、すべての方に読んでいただきたい一冊です。


 ブログ『「moroの家族と、ハンドメイドと。」moroオフィシャルブログ』を見る
 LINEで『「moroの家族と、ハンドメイドと。」moroオフィシャルブログ』の更新通知を受け取る


献本会を実施しました


公式ブロガーさんをお招きして、弊社オフィスにて献本会を実施いたしました。

moroさん献本会
書籍を手に取りながらの一枚。
皆さん普段から交流があるとの事で、終始リラックスムード。
和気あいあいとした雰囲気で、moroさんの出版を喜んでおられました。

準備の裏話や見所などを中心にお伺いしたのですが、途中、こもたろ君への愛情が語られたシーンでは思わずジーンと来てしまったブロガーさんも!

この書籍に込めるmoroさんの想いを感じることができたステキな会でした。

サイン中
皆さんからの質問に答えながら、サインを書いていくmoroさん。
質問への回答も、書籍へのサインも、どちらも丁寧かつスムーズに対応されていて流石でした。

ご参加された皆様もレポート記事を公開されておりますので、こちらもぜひお楽しみください。

▼ご参加いただいたブロガー様とブログのご紹介(50音順)
・あね子さん「いっちょまえ姉妹を育てています
・歌川たいじさん「ゲイです、ほぼ夫婦です
・くららさん「くららんち。【B型夫婦と猫2匹の生活】
・フクミーさん「天使な小悪魔たち
・ヘビイチゴさん「デブでオタクで独身だけど猫がいる!
・柳本マリエさん「肩乗りネコと三十路の勇者

読者プレゼント


今回の出版を記念して書籍とmoroさんお手製トートバッグをセットにして3名の方にプレゼントします!

読者プレゼント

応募方法:
(1) ライブドアブログの公式Twitter(@livedoorblog)をフォローしてください。
(2) 5月3日(木)までに、キャンペーンツイートをRT(リツイート)してください。
(3) 当選者の方にはDMでご連絡いたします。


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

ライブドアブログの人気公式ブログをご紹介いたします。 まき田のはなし / まき田 ふんわりと柔らかな水彩画タッチのイラストで、Twitterを中心に活躍しているまき田さん。グッズや画集のほか、最近はコラボカフェも開催するほどの人気です。 このブログでは、イラス ...
もっと見る
ライブドアブログの人気公式ブログをご紹介いたします。

まき田のはなし / まき田
まき田のはなし

ふんわりと柔らかな水彩画タッチのイラストで、Twitterを中心に活躍しているまき田さん。グッズや画集のほか、最近はコラボカフェも開催するほどの人気です。
このブログでは、イラストレーターのお仕事のことから日常までがかわいい絵日記で描かれています。カフェにお客さんが並んでいてくれたときの感動、うれしい気持ちを共有できる彼との会話…思わず「その気持ち、分かります!」とコメントしたくなるようなおはなしがいっぱい。

嬉しかったので聞いてほしい
1b64e474
クレーンゲームの無料券をもらい、大好きなキャラクターのぬいぐるみを狙ってみることにしたまき田さん。結果を彼に報告したところ、彼の反応は?

ブログ「まき田のはなし」を見る
LINEで「まき田のはなし」の更新通知を受け取る

今後もすてきなブログをご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

フリーランスフードクリエーターとして活躍する、livedoor Blog公式ブロガー・青山金魚さんのレシピ本が登場しました。即決! 選ばレシピ [単行本(ソフトカバー)]著者:青山 金魚出版:主婦の友社働く主婦。料理ブロガー。ヤマサしょうゆアンバサダー、レシピ本や雑誌、企業 ...
もっと見る
フリーランスフードクリエーターとして活躍する、livedoor Blog公式ブロガー・青山金魚さんのレシピ本が登場しました。


即決! 選ばレシピ
著者:青山 金魚
出版:主婦の友社




働く主婦。料理ブロガー。ヤマサしょうゆアンバサダー、レシピ本や雑誌、企業へのレシピ提供、料理講師などで活躍中。
ウェブサイト「暮らしニスタ」や「レシピブログ」などへのレシピ投稿が人気。
(内容紹介より)


“元バーテンダー”という異色の経歴と、主婦としての経験を生かし、誰でも簡単においしく美しく作れるレシピを数多く考案されている青山さん。
レシピコンテストでの入賞率は、驚きの“8割超え”です。

審査員たちのハートを射抜き続ける秘密は、作りやすく、おいしく、かつ美しく驚きの見た目であること、だそうです。
「野菜はなるべく1個使い切る」「調味料は大さじ・小さじでパッと量れる」など、できるだけ手間なく時短に押さえるのがモットー。
その上で、家族がほっとなごむような“家庭の味”も大切にしつつ、テーブルに運ばれてきたときに胸が高鳴るような盛り付けを、誰でも簡単にできるように。
本書では、それらのポイントを押さえた「選ばれるレシピ」67品と、自慢のソース6品が紹介されています。
各レシピに掲載されている「つぶやき」には、おいしく作るためのコツやアレンジのアイデア、裏話がつづられているので要チェックです。

ブログ記事で紹介された中から、本編の一部をご紹介します。

即決! 選ばレシピ
(拡大画像はブログ記事から)

【つぶやき】
ひき肉はポロポロにほぐさず、焼きつけるようにいためて少しかたまり感を残すのがおすすめ、お肉の存在がきわ立ちます。花椒を入れると、一気に本格中華の風味が演出できるので、ぜひぜひ用意して。

本書のレシピページは、著者である青山さんが全て自分で調理して、盛り付けとコーディネートをし、カメラを構えて撮り下ろしています。
使用している小物、器、調理器具も青山さんの私物。
気になったものがあれば、ブログのコメント欄での質問もできるようです。
ぜひ書籍と合わせてブログもチェックしてみてください。


 ブログ「世界のおかわりごはん 金魚の肴」を見る
 LINEで「世界のおかわりごはん 金魚の肴」の更新通知を受け取る


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

こんにちは、ライブドアブログ編集部です。独特の淡いタッチのイラストで大人気のイラストレーター・まき田さん。今年1月からlivedoor Blog公式ブロガーとして、私生活をつづった「まき田のはなし」をスタートしています。まだ20代前半という若さながら精力的に活動する彼女 ...
もっと見る
こんにちは、ライブドアブログ編集部です。
独特の淡いタッチのイラストで大人気のイラストレーター・まき田さん。今年1月からlivedoor Blog公式ブロガーとして、私生活をつづった「まき田のはなし」をスタートしています。まだ20代前半という若さながら精力的に活動する彼女に、創作の裏側から私生活まで幅広くお話をうかがいました!

C7rfMImVMAAgp1j
まき田さんの公式Twitterより


ブログは、Twitterでは見せられなかった“日常”が書ける場所


10359e9a-s
★まき田のはなし「はじめまして」より

ーーブログを始めて3カ月ぐらい経ちますが、いかがですか?

今までTwitterではあまり自分のことを発信しないようにしてたんですけど、ブログっていう住み分けできるところができて日常を書けるようになりました。フォロワーさんには「新しい面が見られてうれしいです」って言っていただけるようになったので、ブログ始めてよかったなと思ってます。

ーー今まではプライベートをあまり出してこなかったんですね。

そうですね。カップルのテーマで絵を描くことが多いので、自分のことを描いてるって思われるのが恥ずかしかったんです(笑) フォロワーさんは私に彼がいることを知っているので「実体験ですか?」って聞かれるんですけど、そうであったりなかったりで。そんなに自分のことを描いてるっていう意識はなかったので、そう思われるのはちょっと恥ずかしくて、あんまり日常のことはTwitterでは書いてませんでした。

ーーブログでプライベートを書こうと思ったのはなぜだったんですか?

Instagramでも日常のことをアップしてたんですけど、長い文章を書くとちょっと見づらいし向いてないなと思い始めて「あ、ブログいいな」と(笑) イベントの感謝の気持ちも、Twitterの140文字では収まらなかったりしてたので。

ーー確かに、ブログは長文や日常のことを書くのに向いてますよね。ひとつの記事を書くのにどれくらいかかりますか?

ブログの記事自体は1時間かからないぐらい。ただ、コメントを読んでお返事するのにはもうちょっと時間がかかりますね。5人から10人ぐらい選んでコメントを返すように決めてます。イベントに来てくれたり、Twitterと同じ名前でコメントを書いてくださる方はだんだん名前を覚えてきたりしますね。

ーーイベントといえば、今コラボカフェを開催されてますね。

最初はコラボカフェをやるなんて思ってもみなかったんですけど、周りがやり始めて私も声をかけていただいたので「やりたいな」と思って。実際やってみたらどんどんこだわりたくなっちゃって(笑) 今回は結構広くて自由なところで、原画もたくさん飾ったりできてよかったです。こうやって活動が広がっていく中で、できることが増えていくのがすごくうれしいなと思います。

83039dd8-s
「まき田カフェ再び!!!」より

ーー来てくれるファンはどういう方が多いですか?

18~25歳ぐらいの同年代の女の子が多いんですけど、中には男性ひとりで来てくれる方もいて、それもうれしいです。Twitterでは10代とか高校生の反応が多いんですけど、イベントでは20代の方が多くて、カップルの絵を描き始めてからはご夫婦やカップルでも来てくれるようになりました。彼女さんが緊張してしゃべれなくなってると、彼氏さんが代わりに彼女さんのまき田愛を語ってくれたり(笑)
5年前にTwitterをフォローしてくれた当時高校生の人が「今年就活です」とか、3年前から見てくれてるカップルが「今年結婚することになりました」とか報告しに来てくれたり、ずっと見てくれているのがうれしいです。

dcbd2281-s
「福岡イベントありがとうございました◎」より


ブログでも人気者! 恋人“ロボD”さんとのなれそめは?


ーーブログにもよく登場する、恋人のロボDさんとのなれそめを聞いてもいいですか?

(笑)ロボDとは4年前くらいに大学のゼミで知り合いました。今の活動を始めたのが5年前なので、ロボDと出会ったときはもうまき田でした(笑) コミュ力が超高くて私の10倍くらい大きい声を出せるので、イベントのとき「ここから並んでくださ~い!」って列を整理してくれたり、ファンの方と写真を撮るときにいっしょに写ったりしてます(笑)

ーーロボDさんのどういうところが好きですか?

すごい聞かれるんですけど、どこってあんまり言えないですよね。腹が立つこともあるけど、そのあとに「ごめん」て謝ってくる素直なところがいいなって(笑) 全然怒らない穏やかな人で、何かしてあげると「うわー!ありがとう!」ってリアクションが大きいのでうれしくなります。ゴールデンレトリバーみたいな感じです(笑)

ーーいい関係ですね。

そうですね。ひとりで仕事してると何がいいのか判断がつかなくなるときがあるんですけど、そういうときに相談に乗ってもらったりしてます。

73ac3909-s
まき田のはなし「とりあえず」より


絵は独学。懐かしいテイストは水森亜土やいわさきちひろの影響かも!?


ーー小さい頃から絵を描くのは好きだったんですか?

そうですね。幼稚園の頃からクマやピカチュウを描いてました。小学校1年生のときに初めてマンガ雑誌の「ちゃお」を買ってもらってマンガがすごく好きになり、「ミルモでポン!」の絵を描いたりしてました。
中学2年生ぐらいまでは本気でマンガ家になりたくて、今とは全然違う少女マンガっぽい絵柄でキャンパスノートにマンガを描いてました。「ちゃお」を読んで育ってきたので、お話の中に天使が出てきたり時間軸が歪んだりするんです(笑) 6年前ひょんなことから絵柄が定着して、それからずっと今の絵です。

ーー絵の勉強はされたんですか?

特にはしてないですね。美大志望だった高校1年生から2年生までの1年間、鉛筆デッサンの教室に通ったぐらいで。絵の勉強はしておけばよかったなって思いますけど。

ーー美術の成績はどうでした?

美術だけはよかったです(笑) でも私、「これを描いて」って言われると描けなくて、宿題もすごく嫌いで。美大に行くことも考えてたんですけど、課題で自分が描きたいもの以外を描くのはできないかもしれないと思って。だったら普通の大学に行きながら、空いてる時間に今までどおり絵を描いていけたらいいなと思って方向転換しました。

ーーそうだったんですね。まき田さんはイラストのテイストが独特だと思うんですが、何か影響を受けたものはありますか?

あんまり意識はしてないんですけど、水森亜土さんやいわさきちひろさんが好きなのでちょっと影響を受けてるのかなあとは思います。

ーー柔らかくて優しいタッチとか、キャラクターの等身とか、近い感じがありますね。

そうですね。イベントで私の母ぐらいの世代の人に、「懐かしい感じがする」とか「80年代っぽい」ってたまに言われます。水彩のタッチもあるんですかね。デジタルが増えている中で水彩画は少なくなってきているので。

ーーデジタルでは描かないんですか?

基本的に色塗りまでは手描きですね。スポンジやティッシュに絵の具を染み込ませて塗って、そこからスキャニングをしてパソコンに入れて少し加工はしてるんですけど。

ーーへぇー! オリジナルのやり方ですか?

そうかもですね。これがどういう技法なのかわからないままやってます(笑) 道端で配られてるティッシュをよくもらって描いてます。今日も絵の具を持ってきてます。

ーーすごい! これは普段使っているものですか?

そうです。基本洗わないのでめっちゃ汚いんですけど(笑) 固形の透明水彩っていう絵の具で、これを筆でちょこちょこっと溶いて使う感じです。

20180406若手スター座談会_180419_0046
★まき田さんが持参してくれた水彩絵の具。使い込まれている感じがすてきです。


Twitterが出版社の目に留まり、就活をやめてイラストレーターに!


ーーTwitterでは15万人以上のフォロワーさんをお持ちですが、始めたきっかけは何だったんですか?

大学1年生の終わり頃に、それまで描きためていたイラストをどこかに載せたいなと思って始めました。ただただ誰かに絵を見てほしいっていう気持ちで、最初は恥ずかしくて周りの友だちにも言わずに0フォロー、0フォロワーだったんですけど、運よくフォロワーさんが増えてイベントに出展するようになって、それを繰り返すうちに今に至るっていう感じです。

ーー見てほしい気持ちを行動に移せたのはすてきですね。フォロワーさんはどうやって増えていったんですか?

「#絵描きさんとつながりたい」「#いいなって思った人フォローしてください」「#RTしてくれた人相互フォローします」とか、そういうハッシュタグをつけてツイートしました。運がいいことに相互フォロー支援アカウントにリツイートされたりして、最初から順調にフォロワーさんが増えていった感じです。

ーーすごい! がんばりましたね。

結構、絵を描いてる人はハッシュタグを使ってる人が多いです。「#水彩絵の具でつながりたい」みたいなハッシュタグもあるし、自分と似た人や好みの人を探しやすいから便利で。
ただ、リツイートしてくれた人全員をフォローして「リツイートありがとうございます。フォローさせていただきます」って送っていたら、アカウントが凍結されたんです。1日に何通も同じ文面を送ったり、たくさんフォローし過ぎたので、スパムアカウントだって思われたみたいで。凍結は解除してもらったんですけど、それからはほんとにいいと思った人だけにリツイートしてもらえればいいかなと思って、普通に投稿するようになりました。

ーーそうだったんですね。イラストのお仕事もTwitterからつながった感じですか?

そうですね。ネットがない時代は、どこかのデザイン事務所に入って修行を積んで、人脈や実力がついてからイラストレーターになるのが一般的だったらしいんですけど、私は運よくネットである程度名前を知ってもらえるようになって、出版社のKADOKAWAの関口さんがメールをくれたんです。
大学4年生の9月ぐらいで普通に就職活動もしてたんですけど、最終選考で全部落ちてどうしようかなあと思っていたところにメールが来たから、最初「イタズラかな?」と思いました(笑) それで、それがきっかけで「就職をしない」って決めて。

ーー思い切りましたね!

はい、親には心配されましたけど(笑) でも、就活をしながらも「就職したら今みたいには描けなくなるな」と思っていたので、本当にあのタイミングでメールをもらわなければ今はなかったです。だから、関口さんは恩人です。

33e9a3b2-s
「東京に行ってきたよ~久しぶりの関口さん~」より


絵本をつくる夢がもう少しでかないそう!


ーー創作のモチベーションは、どんなところから得ていますか?

創作活動してる人はみんなそうなのかもしれないけど、「自分の生きた証を残したい」みたいな思いがすごく強くて、創作につながっている気がします。転勤族だったから地元がないし幼なじみもいないし、小さい頃はネットもなかったので友だちとお別れしたらそこでおしまいで、子どもながらに「そこにいた自分が死んじゃった」みたいな気持ちがあったんです。だからどうにかして、自分にしかできない「私はここにいる」っていう存在意義のようなものがほしくて。
今は見てくださる方の反応がモチベーションになってます。あと、世紀末さんみたいに同年代で活躍されてる方が多いので「こういうことやってみたいなあ」とか「こういう仕事ができたらいいなあ」って刺激をもらったり。

ーーそうだったんですね。これからどんなことをやってみたいですか?

これは昔からの夢なんですけど、絵本を描きたいですね。友だちの子どもが読んでくれたらいいなあって。かなえられるようにがんばります!

S__4186211

絵のテイストそのままのふんわりとかわいらしい雰囲気ながら、夢をかなえるために積極的に活動されてきたまき田さん。イラストレーター、そして絵本作家として、今後の活躍から目が離せません!


読者プレゼント


今回のインタビューを記念して、まき田さん直筆のイラスト&サイン入り色紙を抽選で2名の方にプレゼントします!

S__4186208


応募方法
(1) ライブドアブログの公式Twitter(@livedoorblog)をフォローしてください。
(2) 4月29日(日)までに、キャンペーンツイートをRT(リツイート)してください。
(3) 当選者の方にはDMでご連絡いたします。

まき田さんのブログもぜひチェックしてみてくださいね!

a7ca342325b288d1d32e8097f44f0da2

0788caa2


ライブドアブログの人気公式ブログをご紹介いたします。 横山家のマンガ。 / 横山了一&加藤マユミ 夫婦そろって“漫画家”な横山了一さんと加藤マユミさん。 4人家族のにぎやかな日常は絵日記ブログ「きょうの横山家」に描かれていますが、「横山家のマンガ。」は、 ...
もっと見る
ライブドアブログの人気公式ブログをご紹介いたします。

横山家のマンガ。 / 横山了一&加藤マユミ
横山家のマンガ。

夫婦そろって“漫画家”な横山了一さんと加藤マユミさん。
4人家族のにぎやかな日常は絵日記ブログ「きょうの横山家」に描かれていますが、「横山家のマンガ。」は、お二人が創作漫画を公開する共同ブログです。
SNSで話題になり連載、書籍化もされている「戦国コミケ」や「おじさんと女子高生」など、インターネットで公開した作品をメインに更新されていくそう。

戦国コミケ 第1~2話
476fbe79

コミケが大好きな青年・今野武士(タケシ)は、雷に打たれたことがきっかけで、戦国時代にタイムスリップしてしまいます。平和な現代日本から来たタケシは、乱戦の世を生き抜くことができるのでしょうか?

ブログ「横山家のマンガ。」を見る
LINEで「横山家のマンガ。」の更新通知を受け取る

今後もすてきなブログをご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

こんにちは、ライブドアブログ編集部です。新年度がスタートしましたね! 「今年こそはお金を貯めたい」と思っている方も多いのでは?楽しく豊かに暮らしながらラクにお金を貯める方法を「節約・ライフハック」カテゴリで活躍中のライブドアブログ公式ブロガー「2年間で350万 ...
もっと見る
こんにちは、ライブドアブログ編集部です。
新年度がスタートしましたね! 「今年こそはお金を貯めたい」と思っている方も多いのでは?
楽しく豊かに暮らしながらラクにお金を貯める方法を「節約・ライフハック」カテゴリで活躍中のライブドアブログ公式ブロガー「2年間で350万円貯めた! ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ」管理人のあきさんと、「おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活」管理人のおづまりこさんにうかがいました!

2018315 遽€邏・ヵ繧吶Ο繧ォ繧吶・蟇セ隲㍉180316_0001
おしゃれで、節約のイメージからは程遠い雰囲気のおづまりこさん(左)とあきさん(右)。お二人は奇遇にも同じ日に、3冊目となる書籍を出版されています。







ケチケチ節約を経て、ラクで楽しい家計管理へシフトした二人


ーーお二人は同じ「節約・ライフハック」カテゴリで書かれていますが、家計管理や節約って大変ではないですか?

あき:家計は極めるレベルまでいくとラクなんです。あんまり労力もかかってないし。

おづ:やってみると楽しいですよね。

ーーそもそも節約しようと思ったきっかけは何でした?

おづ:私はマンガとか好きなことにお金を使って生活費が残らなくて貧乏生活になっていて、バランスが全然取れてなかったんです。貯金ももちろんできないし、時間に余裕もなくて。でも、好きなことに向ける時間が欲しくて、1年ぐらい仕事をやめても生きていけるぐらい貯めようって思ったんです。100万から150万ぐらい貯めれば、私の生活費だと1年ぐらいはギリギリ生きられるんで。それで、貯める前にお金の使い方を見直そうと思って、本を読んで勉強して家計をちゃんとしようと思ったのがきっかけです。

ーーなるほど、そうだったんですね。そのときに役に立った本はありましたか?

おづ:すごく有名な本ですけど、横山光昭さんの「年収200万からの貯金生活宣言」。入門編みたいな感じでいい本だなと思って。

ーー今回、おづさんの本のタイトルにも「年収200万」って入っていますよね。とても具体的でうまいタイトルだなと思ったんですけど。

おづ:「年収○○万で~」っていう本は結構あるんですけど、コミックエッセイだとあんまりないみたいですね。あと、ほんとに年収200万だったので(笑)

あき:年収200万はいつ頃までだったのですか?

おづ:去年ぐらいからは自営業なので違うんですけど、派遣社員だった20代はずっと年収200万円前後でした。その時期に「家計をどうにかせねば!」ってなったんで、20代の総決算みたいな感じで本を作りました。今も200万円の範囲で生活しています。

6070dd07-s
おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活「年収200万生活への道」

ーーおづさんは雰囲気もおしゃれでちゃんとしてて、年収200万で生活してるようには見えないですよね。ブログの「食費2万円生活」もたくさん貯金したいからやってるんだろうなと思ってたので、本のタイトルを知ってびっくりしました。

おづ:収入が少ないっていう認識がなかったんです。最初から派遣社員で1回も正社員になってないんで、収入の基準がわからなくてこれで暮らすもんだと思ってたんです。周りの同じ派遣の人が「これじゃ暮らせないよ」って言ってても、あまり実感がなかった。でも、実際バランスの崩れたお金の使い方をしてたんで暮らせてなかったと思います。あきさんのきっかけは?

あき:私はお金のない家庭で小さい頃から「お金がない」って聞いて育ったから、結婚当初からずっと節約はしてたんです。両親はお金がないって言うわりに変なことには使うタイプで、いきなり思いつきでマッサージ器やパソコンを買ってきたり(笑) しかもそれを最長のローンで買ってくるんですよ。「月3,000円だったら知らないうちに払い終わるから」とかよくわからない理屈で(笑) それで住宅ローンのボーナス払いが払えなくて私のアルバイト代を貸したり。昔からそういう生活をしてたから「家計簿をつけなかったら親のようになる!」と思って、結婚したときから家計簿は付けていました。

おづ:反面教師ですね。

あき:そう。でも、親譲りの悪いクセで「2カ月後にボーナスがあるから1万円だったら洋服買ってもいいかな」とか変な買い方をしていて。10年ぐらいずっと節約してるにも関わらず、そんなにお金は貯まっていなかったんです。2人目の子どもが生まれたときにマンションと車を買ったら、貯金がほとんどなくなっちゃって「これはマズい!」となって、そこから家計を見直し始めたんです。それまではケチケチする方の節約をやってたんですけど根本的に違うって気づいて、今のやり方にシフトしていきました。


おづ:ケチケチ削って安いものばっかり買う節約、私も最初やりました!

あき:「100均大好き」「レジャーは公園だけ」みたいなね(笑) でもストレスがあるから、「5,000円の服なら買う」みたいな変な買物をしたり。

おづ:1回はそうなりますよね。1回それやって心が削られて。でもやっぱり欲しいものが欲しいし、それが買えないと働いてる意味もよく分からなくなって、だんだんと「なんで生きてるんだろう?」みたいになってくる。

あき:「私、この生活を一生やるの!?」みたいなね。

おづ:そうそう。1回「節約きつい!」ってなってから、自分なりに変えていく感じですよね。ブログを見たら、あきさんも同じようなことをされてました。やっぱり「お金の使い道をチェックする」ってところに気づくと早いですよね。


ラクラク貯金のコツ①「固定費を知るべし!」


ーー初心者でもできそうな節約のポイントがあれば教えてください。

おづ:まずは自分が生きるのに必要最低限の金額、いわゆる固定費がいくらかっていうのを知ることですかね。家賃、光熱費、通信費とか「これがないと生きられない」っていうお金がいくらかかるのかを知っておくと、残りのお金は自分でどうとでもできるんです。明細があるから、初心者でも簡単にできるんじゃないかな。
例えば初任給が手取り16万円として、東京で一人暮らしだと固定費がだいたい9万円、変動費が3万くらいで、残るのは3~4万くらい。ただ生きるだけでこんだけ使うんだ、残るお金は少ないんだってことを知っておいた方がいいと思います。私は最初そこがわかってなかったから、毎日がサバイバルみたいな感じでした(笑)

ーー若いときはそうですよね。

おづ:そう。1回やってもいいと思うんですけど、そんな余裕がなかったり、転職したいとか何年後に留学したいとか、すぐに貯めたい人はまず自分が使うお金を把握するのが大事ですね。固定費を見直すと「これだけあれば生きれるんだ」って思って、ちょっとホッとする気がします。

ーー電気代とか、毎月の固定費を節約する方法はありますか?

あき:そんなたいしたことはしてないですね。使ってないときにコンセントを抜くだけで全然違うと思う。

おづ:私は、電気代は節約してもあんまり変わらないんでやらなくなってしまいました。寒さや暑さを我慢するのはしんどいし、体調管理のためにも必要だから、固定費はちゃんと使った方はいいと思います。ただ、家賃だけは給料の額によるかな。

ーー家賃は給料の3分の1までって言われてますよね。

おづ:最近調べたら、3分の1っていうのはバブル世代の話だったみたいです。だから、3分の1だとちょっと高いんですって。でも、3分の1以下にしちゃうと23区内で女性が住めるような部屋はなかなかないですよね。6万円はいると思うので。
あと、今の給料の額で貯金が可能なのかどうかも考えた方がいいと思います。

ーーなるほど、生活していくだけで精一杯の場合もありますよね。

あき:手取り年収の1割から2割が無理のない範囲の貯金額だと思います。例外的に3割、4割、5割貯金できる人もいるんですけど、一般的な収入の人が普通にがんばれる範囲は1割から2割。手取り年収300万円だったら30~60万円くらい。

おづ:確かにそうですね。私も最初の1~2年はシェアハウスしてたから家賃が安かったのもありますけど、20~40万円ぐらいでした。だから、100万円貯めるのに2~3年かかるんだっていうことはひとつの気づきだった気がします。


ラクラク貯金のコツ②「年収を知るべし!」


ーーあきさんは初心者おすすめの節約術はありますか?

あき:月収から固定費を引いて残ったお金から毎月先取り貯金しておくのは、一番ラクで一番簡単な方法だから、それでうまくいく人はそれがいいと思います。ただ、家庭を持つとうまくいかない人が多くなっちゃうんです。家庭を持ちながら、毎月黒字家計をキープできてる人は優秀なんです。

ーーなるほど。赤字の月もあって、それを補填(ほてん)する月もあってみたいな。

あき:そうです。家庭を持って子どもが生まれたりすると、ほとんどの人は固定支出がすごく多くなっちゃうんですよ。都内だと子ども2人分の保育料に月7万ぐらいかかったりするから、固定支出だけで月収を超えちゃう場合が多いんです。おまけに、入園準備金、ランドセルといった高額な支出も多くなってしまう。その高額な支出まで含めて毎月黒字にしようと思うとかなり無理。
私も夫の収入だけで生活してたときは、月収から固定支出を引いたら2万円しか残らないのに、そこから食費も出さなきゃいけなくて(笑) 「もう、ない!」みたいな(笑) それで結局ボーナスとかでなんとかしのがなきゃいけないっていう。

おづ:だから年間なんですね。ボーナスで補ってるっていうのはよく聞きますけど、そういうことなんですね。

あき:そうなんです。20代で家庭がある人はほとんどそのパターンなんですよ。「月収から固定支出を引いて残ったお金でやりくりすればいい」ってよく家計簿とかにも書いてあるんですけど、「残りが2万円しかない場合はどうすればいいんですか?」みたいな(笑) 私もそれで貯められなかったんです。だから、1円でも使わないようにするしかないと思って、公園しか遊びに行っちゃだめ、服なんか買えるはずがないみたいな生活をしてたんです。でも、ボーナスと児童手当が入ってたから、それを含めて考えてたら赤字じゃなかったはずなのに、それが頭になくて「もう私の家には2万円しかない」って思い込んでずっとつまづいてたのが最初の10年間ですね。

おづ:かなりつらい10年ですね。私は派遣社員だったので、契約が切れて半年ぐらい無職になって、給料ゼロの月でハッと気づいて見直すみたいな感じでした。20代のうち2回ぐらいそういう期間があって、「ヤバイな」と思って家計を見直して年収を知ったりして。

あき:やっぱり年収ですよね。おづさんみたいに1カ月のやりくりでなんとかなる人は優秀で、それでダメな人は年収を知るところから始めてほしいです。

おづ:私も黒字になってない月ありました。2月や5月は稼働日が少ないから派遣社員は給料が下がるので、前後の月から補填(ほてん)してたんです。だから、やっぱり年収ですね。

あき:そう、年収を把握しないと先に進まないですね。

96aad4f663236fead24ead7362f94618
(記入例)
2年間で350万円貯めた! ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ「*我が家の収入は少ない?多い?家計の自己診断方法*」


ラクラク貯金のコツ③「予算を決めるべし!」


ーー固定費と年収がわかったら、次にすることは何ですか?

あき:予算決めですね。

おづ:予算を決めると最初は「予算の範囲で暮らさなきゃいけないのか……」となるんだけど、やっていくと案外「この予算分が使えるのか!」って思うんです。

あき:分かる分かる! 「これしか使っちゃいけない」じゃなくて「これだけは使っていい」って考えると、すごく安心して使える。

おづ:例えば、服飾費が月5,000円だと「たいした服が買えないなあ」って思うけど、年間予算で見ると6万円で、2~3カ月に1回1~2万円の結構いい服が買えるんですよ。そう思えるようになると、予算を決めるのも楽しいと思う。「予算は“使えるお金”」って思うといいですよね。

あき:何も決めずにお金を使ってると「これ買ったら次の家賃払えるかな?」とか「カード払いちゃんと引き落とせるかな?」とか、お金がなくなっちゃう不安が常にあるんですけど、予算が頭に入ってると「これを買っても100万円は貯まるから大丈夫」と思える。

おづ:そうそう。貯金ができるように予算を設定しておけば、使ってもちゃんとお金が残るんです。だから、買いたいものが買えてお金が残る生活になる。

あき:欲しくもない安物買いをしなくてもよくなりますよね。もちろん、安物でも欲しいものは買ってもいいんですけどね。

ーー予算決めに当たって、自分は何にどの程度のお金を使う人間かっていうことをまず知らなきゃいけないですね。

おづ:そうですね。支出のチェックというか自分が何にどれだけ使うか知るのが最初。今はいい家計簿アプリもあるので使ってみてもいいし、レシートをとりあえず1月分残しておいてあとから見返すだけでもいいと思います。ちなみに私は、ラクに使える予算決めができるようになるまで1年かかりました。

ーー無駄遣いはしなかったですか?

おづ:最初はちょいちょいありましたよ。

あき:それも含めて予算だから。無駄遣いをゼロにしなきゃいけない予算を組んじゃダメなんだと思います。少しのゆとりは潤いです。

おづ:あと、無駄遣いが無駄だって分かる時点でひとつ進んでるんです。買っちゃったことを後悔するのは「これは必要なかった」って分かってるわけで、自分の支出を把握できる段階になってる。最初は無駄が何なのかも分からないんで。

73f0299e-s
おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活「【やりくり】食費を使いすぎないコツは、『固定費』と考えること」


ラクラク貯金のコツ④「銀行口座を3つに分けるべし!」


ーー銀行
口座はいくつ持ってますか?

おづ:私は3つですね。ネット銀行で自動振込とか振替の設定をして3つを使い分けてます。銀行やATMに出かけて行ってお金を動かすのはめっちゃめんどくさいので。

あき:私、本でも「口座を3つに分けましょう」って書いてます。「貯金用」と「特別費用(一時保管口座)」と「生活費用(引き落とし口座)」。3つに役割が分かれてれば各数冊あってもOK。うちは子ども用の貯金口座とか、夫の給料が入る口座とか家計管理外の通帳もいっぱいあるけど、家計管理内の通帳の役割は3つに分けています。
給料が入ったら引き落としがある生活費口座と、税金や車検などの大きなお金をプールしておく特別費口座に入れて、3つ目は貯金口座です。これは1円も下ろさない。

おづ:生活費口座がほんとは2つあるっていうことですよね。

あき:そうそう。貯金とそれ以外のお金を完全に分けるのが大事ですね。

おづ:「貯金は使わないもの」って思ってた方がいいです。私は口座を2つしか持ってないときは足りないときに貯金を引き出して、貯金が一定額から増えずにうろうろしてた。

あき:「毎月黒字です! お金も貯めてます!」って言ってても、旅行とかで使っちゃってて1年経ってみてもほとんど増えてないっていう人が結構います。

ーー私はまさに口座2つしかなくて一定額をうろうろしてます……。口座3つに分けるの大事ですね。

あき:あと、4つ目の口座として「欲しいもの積立」もおすすめです。私は口座ではなく、いくつかの封筒に毎月5,000円ずつなど定額を入れてるんですけど、1年ぐらい貯めて65,000円になったんで先日ずっと買い替えたかった布団を買いました。貯まってきて高額になったらおうちにおいておくのも心配なので、4つ目の口座に入金することもあります。

おづ:お楽しみ口座、いいですよね。私も持ってます。本にも書いたんですけど、ネットのアンケートに答えてちまちま貯めたお金とか、余った予算を入れると年間3万円くらいにはなるから、それで好きなものを買ったりします。使う前提の口座ですね。

ーーそういう口座があると、お金を貯めるのが楽しくなりそうですね。でも、使うのが惜しくはならないんですか?

おづ:ならない! 使うために貯めてますし、貯金とは別ですから。「生活費その2」みたいなものですね。1年ぐらいかけて貯めてるから、使ったときの充実感がハンパないです。 使ってやった感が(笑) そうやって買ったものはめちゃくちゃ好きですし。

おすすめ食費節約術「スーパーは肉・魚コーナーから!」


ーーおすすめの節約レシピはありますか?

おづ:肉味噌ですね。貧乏時代から私を支えてくれたのが肉味噌だったので(笑) 材料がひき肉、エリンギ、ネギと調味料だけで少ないし、お肉切らなくていいし。300gぐらい作って冷凍しておけば、4日は食べられるんですよ。それに加えてキャベツやもやしなどゆで野菜を加えて、うどんにのせると完全食だ! と思って。

ーーたんぱく質も炭水化物もビタミンも食物繊維も全部入ってますね。

おづ:全部入ってるし、30分でできるんですよ。お弁当にも入れられるし、お金がないときはとにかく肉味噌を作ってましたね。

0bb72a73-s
おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活「【1食約69円】冷凍ストック活用で、定番!肉味噌の作り置き」

ーーあきさんは、おすすすめの食費節約術はありますか?

あき:私はスーパーに事前に買うものを決めて行かないときは、肉と魚のコーナーから回るって決めているんです。

ーーどうしてですか?

あき:野菜のコーナーから回ると、「100円だから買っちゃえ」って特売のキノコとか余計なものを買いたくなるんですよ。それで結局余らせたり。でも、最初に肉や魚を選んでメインが決まると、無駄なものを買わなくなるんです。ハンバーグだったら、玉ねぎだけでいいからキノコはいらないみたいな。

おづ:私も肉中心に野菜を買い足すようにしてますね。

ーーなるほど! スーパーってたいてい野菜とか果物から回るようになってますけど、あれって買わせる作戦なんですかね。

あき:入口に特売品が山盛りに置いてあったりしますよね。するとついつい今日特売だからまとめ買いしようかなとか思っちゃうんですけど、買いません。でも、無駄をゼロにしちゃうとつまんなくなっちゃうので、肉と野菜を選んだらレジを1回通るんです。そして、その日の予算が2,000円でレジを通って余ったのが300円だったら「300円はお菓子を買っていい!」みたいな(笑)

ーーへぇー! 節約初心者によさそうですね。

あき:そうなんです。慣れてくるとレジ1回でも残りの予算がだいたい分かるようになるんですけど、最初はお菓子や菓子パンをついつい買っちゃうんですよね。そういう余計な買物を減らすだけで、食費は節約できます。あと、1回清算しておくと「足りないような気がするからもう1つ買っておこうか」みたいな買物も減らせます。

ーーさっきの固定費の話とつながるものがありますね。まず最低限を確保してから、プラスアルファを考えるっていう。

おづ:無駄は楽しみとして残しておけばいいですよね。

2年間で350万円貯めた! ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ「スーパーでの買い物。食費の使いすぎ防止策は?!」


「クレジットカードは借金と心得よ!」


ーークレジットカードと現金の使い分けはどうされてますか?

おづ:私は家賃、光熱費、通信費などの固定費はカード払いで、食費、生活用品などの変動費は現金ですね。店に行って人と対面しての買物が好きなので。八百屋とか小売店はおもしろいし、おまけしてくれたりするし。あと、やりくりも最初は現金の方がやりやすいと思いますね。

あき:私は前はカードをよく使ってたんですけど、今はあまり使わないです。もしカードを使ったら、予算から現金をすぐ取り分けて引き落とし用口座に入金するようにしてます。そうしないと、カードで使った金額が分からなくなって、2カ月後に急に引き落とされてびっくりするから。
相談者の方でもカード払い地獄になっちゃってる方がすごく多いんです。2カ月前のカード払いと家賃を払ったらもう使えるお金がなくなっちゃって、「またカードに頼るしかない」みたいな。

おづ:カード払いは借金だって思ってます。

あき:そうですよね。デビッドカードみたいにすぐに引き落とされればまだいいけど。何も考えずにカードを使えるのは月収が高くて払える人ですね。ただ、ネットでしか買えないものもあるから、そういうときは遠慮なく使うけど、現金を取り分けるようにしてます。そうしないと、正常なお金のサイクルにならない。

2年間で350万円貯めた! ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ「カード払い地獄でお金がない!時の実態と正しい対処法!まとめ」


貯金で大切なのは「自分の軸を持つこと」


あき:最近は相談者で大学生の人もいて、「最近の若い子はすごいな!」って思います。社会人1カ月目から貯金しようって考えてる人もいるんですよね。

おづ:私もツイッターのDMとかで、学生や新社会人になった人から「初めて収入が入ったから何日で管理したらいいか」と質問が来るんです。えらいなと思って(笑)

2年間で350万円貯めた! ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ「学生・新社会人の家計簿。月収20万円台で1人暮らしの場合。」

ーーお二人は節約や貯金を始めたのは何歳ぐらいでしたか?

おづ:私は25歳ぐらいで、社会人3年目ぐらいからやっと始めた感じ。2年間は稼いだら全部使ってた。

あき:私は結婚したのが24歳なんでそのときから節約はしてたんですけど、貯められるようになったのはここ5年ぐらいで、35歳ぐらいから。10年間は節約してるつもりがどっかで使ってたみたいで、今思い返せば絶対もっと貯められてたよねって思います。考えが至ってないときはがんばってもできないんだなと思って。

おづ:できないときはできないですよね。私はお金がなかったときの方が、春が来たら春服を買わなきゃとか固定概念がすごかったです。世間やメディアに踊らされてそのまま買ってた気がする。でも、家計管理をやるようになって、「自分は自分」っていう軸ができたなって思います。

ーーお金を貯める上では、きっとその軸が大事ですね。「30歳超えたらこのブランドを持つべき」などとテレビや雑誌がどんどんあおってくるし、それで使っちゃう金額ってすごく大きいですよね。

おづ:ほんとにそんな気がします。でも家計を見つめ直すと、そういう価値観の見直しもできるから自分が本当に欲しいものも分かってくると思います。

あき:それで別にお金を使わないってことじゃないですもんね。使いたいものにはちゃんと使うこともできるようになってきます。

2ffc24eb-s
おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活「「ゆる節約」でちょうどいい暮らし」

ーーお二人が節約したり、貯金したりする理由って何なんでしょう?

おづ:私は自営業なので明日仕事があるか分からないし、来年食えてるかどうか分からないなって思うから、それでお金を残してるのもありますね。3年暮らせるお金があると、3年間自由にマンガが描けるんで、自由な時間を買うためというか。例えば1年間仕事がない期間があっても、乗り越えればまた続けられるかもしれないと思うと、自分がしたいことを続けたいから貯金してる気がします。

あき:節約してるっていう意識があんまりなくないですか?

おづ:あんまりないですね。

あき:より豊かにお金を使うために楽しみでやってる感じです。

2018315 遽€邏・ヵ繧吶Ο繧ォ繧吶・蟇セ隲㍉180316_0004


読者プレゼント


今回のインタビューを記念して、あきさん著「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖」と「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」、おづまりこさん著「おひとりさまのゆたかな年収200万生活」をサイン入り3冊セットで2名の方にプレゼントします!

IMG_2817

応募方法
(1) ライブドアブログの公式Twitter(@livedoorblog)をフォローしてください。
(2) 4月22日(日)までに、キャンペーンツイートをRT(リツイート)してください。

(3) 当選者の方にはDMでご連絡いたします。

節約や家計管理の知恵が満載のお二人のブログも、ぜひチェックしてみてくださいね!

title_01

bg_header_pr

0788caa2

ライブドアブログの人気ブログをご紹介いたします。 ※実際は小脇に抱えられません / 末丸 ひよこ 夫と猫と一緒に暮らしている“末丸 ひよこ”さんの、夫婦の会話や日常の一コマを切り取ったブログです。 夫・アキさんの描くイラストでは、なぜか三頭身だったり小脇に ...
もっと見る
ライブドアブログの人気ブログをご紹介いたします。

※実際は小脇に抱えられません / 末丸 ひよこ
実際は小脇に抱えられません
夫と猫と一緒に暮らしている“末丸 ひよこ”さんの、夫婦の会話や日常の一コマを切り取ったブログです。
夫・アキさんの描くイラストでは、なぜか三頭身だったり小脇に抱えられたりしている末丸さん(※実際は成人女性です)。まるで友だちのような、兄妹のような2人のなんてことないやり取りがほほ笑ましく、読み手の心をじんわり温めてくれます。

折りたたみ傘
73d1b17c
帰宅した夫のリュックから水筒を取り出そうとすると、時折見つかるモノ。見事なまでにぐっちゃぐちゃなソレは、末丸さんには再現不可能です。これはもはや、職人芸と言ってもいいのかも?

ブログ「実際は小脇に抱えられません」を見る
LINEで「実際は小脇に抱えられません」の更新通知を受け取る

今後もすてきなブログをご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

「1ヶ月食費2万円生活」でおなじみ!“アラサーおひとりさま漫画家”おづまりこさんの最新作が登場しました。おひとりさまのゆたかな年収200万生活 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) [単行本]著者:おづ まりこ出版:KADOKAWA今回の書籍は、「年収200万円」でゆる ...
もっと見る
1ヶ月食費2万円生活」でおなじみ!
“アラサーおひとりさま漫画家”おづまりこさんの最新作が登場しました。





今回の書籍は、「年収200万円」でゆるく楽しく節約生活するコミックエッセーです。

大学卒業後に上京し、年収200万円の派遣OLだったおづまりこさん。
「お金はあるだけ使ってしまう生活」を送っていたある日、友人が貯金していることを知り、家計を見直すことを決意。
切り詰めすぎず、自分にあった節約術を模索していきます。

本書では、おづさんが実践した家計の見直し方から、おなじみの食にまつわるやりくり術、暮らしのコツや娯楽など、5章にわたって節約生活の知恵が描かれています。
テクニックだけでなく、実際に試してみて「よかった」「ダメだった」という経験もきちんと語られているので、節約を始める上でとても参考になりそうです。
今回は、そんな節約の失敗も成功も描かれた、光熱費にまつわるエピソードをご紹介します。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活
(拡大画像はアマゾンの商品ページから)

窓や床に貼る断熱シートを使ってみたものの、電気料金があまり変わらず、部屋の雰囲気も悪くなってしまったことから「光熱費は節約を意識しすぎない」「できるだけ冷暖房を使わない」というやり方に落ち着きました。
このように試行錯誤しながら、自分なりの節約方法を見つけていきます。

おづさんのやりくり術の魅力は、切り詰めすぎず楽しみながら節約できるということ。
本書では、“年収200万円”でオシャレも趣味も旅行も楽しむための工夫が、たっぷりつづられています。

ぜひ新生活のこの時期に、ゆるっと楽しい節約生活を始めてみませんか?


 ブログ「おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活」を見る
 LINEで「おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活」の更新通知を受け取る


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

ノート術で話題の家事ブロガー・三條凛花さんの最新作が登場しました。もっと動ける私になる! 魔法の家事時間割 [単行本(ソフトカバー)]著者:三條 凛花出版社:扶桑社「家事をこなしたいという気持ちはあっても、なかなか立ち上がれない……」「時間はいっぱいあったはず ...
もっと見る
ノート術で話題の家事ブロガー・三條凛花さんの最新作が登場しました。





「家事をこなしたいという気持ちはあっても、なかなか立ち上がれない……」
「時間はいっぱいあったはずなのに、ダラダラと過ごして1日が終わってしまった」
誰しもそんな経験をしたことがあるのではないのでしょうか。

数年前まで同じ悩みを抱え、1日中ほとんど動かないこともあったという三條さんいわく、動き出せないのは「分からない」という気持ちが原因なのだそうです。
やる気が出ないときの気持ちの切り替え方が分からない。家事を簡単にするやり方が分からない。家事を楽しくする方法が分からない。など、家事に関する「分からない」という気持ちが自分を邪魔してしまいます。

そんな「分からない」を解決し、効率良く家事ができるようになるのが、本書のメインにもなっている「魔法の時間割」です。
朝起きてから夜寝るまでの1日のスケジュールを固定した時間割を作れば、「今はなにをするんだっけ?」と迷うことがなくなり、家事がスムーズに終わるという、まさに魔法の仕組みです。

本書では、三條さんの実際のスケジュールから、時間割の作り方、その家事時間割を中心にした家事術が紹介されています。
巻末には、コピーして使える家事時間割が付いているので、すぐに実践することができますよ。
家事がはかどるテクニック満載の本書で、もっと動ける自分になってみませんか? 


 ブログ「365日のとっておき家事」を見る
 LINEで「365日のとっておき家事」の更新通知を受け取る


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

ライブドアブログの人気公式ブログをご紹介いたします。 web漫画家やしろあずきの日常 / やしろあずき web漫画家・webライター・会社役員と、数々の肩書きを持つやしろあずきさん。Twitterなどで話題になることも多く、漫画や記事を読んだことがある方も多いのではない ...
もっと見る
ライブドアブログの人気公式ブログをご紹介いたします。

web漫画家やしろあずきの日常 / やしろあずき
web漫画家やしろあずきの日常

web漫画家・webライター・会社役員と、数々の肩書きを持つやしろあずきさん。Twitterなどで話題になることも多く、漫画や記事を読んだことがある方も多いのではないでしょうか。独特な画風や、たびたび漫画に登場する実母のパワフルなキャラクターは、一目見たら忘れられなくなります。

使っても許してほしい「意識高い系用語」の話
70dc1a8b
やしろさんは“中二病”を始めとした過去の自分の面白ネタが有名ですが、こちらの記事は大学時代のエピソードです。「コミット」「バッファ」などビジネスの場でよく使われる横文字にあこがれ、意味がよく分からないまま母親相手に使ってみたところ…

ブログ「web漫画家やしろあずきの日常」を見る
LINEで「web漫画家やしろあずきの日常」の更新通知を受け取る

今後もすてきなブログをご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!