ライブドアブログStyle

「ライブドアブログStyle」は、ライブドアブログが運営するブログメディアです。さまざまな知識(ライフスタイル・レシピなど)や経験を持つブロガーを掘り下げ、生活に役立つ情報や人生のプラスになるヒントをお届けします。

2018年07月

実写映画化が決定した伝説的コミックエッセー「母さんがどんなに僕を嫌いでも」が、オール描き下ろしの新版で登場しました。作者は、ライブドアブログ公式ブログ「♂♂ ゲイです、ほぼ夫婦です」著者の歌川たいじさんです。 新版 母さんがどんなに僕を嫌いでも [単行本]著者 ...
もっと見る
実写映画化が決定した伝説的コミックエッセー「母さんがどんなに僕を嫌いでも」が、オール描き下ろしの新版で登場しました。
作者は、ライブドアブログ公式ブログ「♂♂ ゲイです、ほぼ夫婦です」著者の歌川たいじさんです。


新版 母さんがどんなに僕を嫌いでも
著者:歌川 たいじ
出版:KADOKAWA




父が経営していた町工場で生まれ育った歌川さん。
幼い頃から両親が不仲で冷え切った家庭でしたが、町工場の温かい従業員に面倒を見てもらいながら育ちました。

しかし9歳のとき、歌川さんの日常がひっくり返ります。
母に突然入れられた施設での生活、両親の離婚、エスカレートしていく暴力、学校での孤立……。

壮絶な日々から逃げ出すべく17歳で家出し、少しずつ自分の人生をつかんでいきますが、過去の傷跡はそう簡単には消えません。
舞台の道を歩み準主役を演じきったり、トップ営業マンの仲間入りをしたりしても、過去の記憶がその自信や希望をたたきつぶしてしまいます。
影法師のように付きまとう過去に苦しみながらも、たくさんの出会いの中で、周囲の優しさに支えられ、少しずつ自信を取り戻していきます。

自分の心を傷つけた親と過去にどう向き合うのか。
同じように悩む人に、そっと手を差し伸べてくれる一冊です。

解決への道すじは人それぞれすぎて、テキストなんかあっても役に立たないのではと思っていたのですが、この本の企画をいただいたときに、「自分はこうしてきたよ」というのは描けるのではないかと思い、遠い過去の自分とふたたび向きあって描いてみました。

――「新版 母さんがどんなに僕を嫌いでも」おわりに より


本書は、6月30日の発売から1週間目というスピードで重版が決定しました!
ブログで感謝の思いがつづられています。

画像1
(画像はブログ記事から)

他にも、新版制作や実写映画化の裏話がつづられた記事が盛りだくさんです。

書籍・映画化にまつわるブログ記事はこちら ⇒ 地獄なう
映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」今秋全国公開
ワタクシは映画に出るのか出ないのか
発売後スグの重版が決定しました☆

ぜひ合わせてご覧になってみてください。


 ブログ「♂♂ ゲイです、ほぼ夫婦です」を見る
 LINEで「♂♂ ゲイです、ほぼ夫婦です」の更新通知を受け取る


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

ライブドアブログの人気公式ブログをご紹介いたします。 ひとこま作者 / フカザワナオコ イラストレーター&漫画家のフカザワナオコさんが、日々の生活で起きたことや気になったことを"ひとこま”イラストで描くブログです。 コミックエッセー本を多数出版しているフ ...
もっと見る
ライブドアブログの人気公式ブログをご紹介いたします。

ひとこま作者 / フカザワナオコ
ひとこま作者

イラストレーター&漫画家のフカザワナオコさんが、日々の生活で起きたことや気になったことを"ひとこま”イラストで描くブログです。
コミックエッセー本を多数出版しているフカザワさんだけあって、着眼点が鋭く描写が巧み。誰もが経験したことがあるような日常のちょっとした疑問や失敗をユーモラスに描いており、つい共感してしまう人も多いはずです。

10年以上の歴史を持つブログなので、「ヒストリービュー」にずらりと並んだイラストは圧巻です。気になったイラストの日記から見てみるのもオススメ!


うっかりがこわい
うっかりがこわい

「隔週」で入れている歯医者の予約を、いつか絶対忘れる!と不安になるフカザワさん。
決して楽しい予定ではないこともあり、つい忘れてしまいそうで怖いですよね。その気持ち、分かります…!

ブログ「ひとこま作者」を見る
LINEで「ひとこま作者」の更新通知を受け取る

今後もすてきなブログをご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

ライブドアブログ公式ブロガー・てんきち母ちゃんこと井上かなえさんと、LINE BLOG公式ブロガー・たっきーママこと奥田和美さん。人気ママ料理ブロガー2人によるホットプレート活用のレシピ本がパワーアップして登場しました。 【Amazon.co.jp限定】BRUNO ホットプレート グ ...
もっと見る
ライブドアブログ公式ブロガー・てんきち母ちゃんこと井上かなえさんと、LINE BLOG公式ブロガー・たっきーママこと奥田和美さん。
人気ママ料理ブロガー2人によるホットプレート活用のレシピ本がパワーアップして登場しました。





てんきち母ちゃん(井上かなえ)
ブログ『母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記』は、月間450万アクセスを集める。
雑誌、テレビ、イベントほか、多方面で活躍。
たっきーママ(奥田和美)
フードアナリストの資格をもつ。「料理レシピ本大賞 in Japan 2016」入賞。
雑誌、テレビほか企業のレシピ開発など多方面で活躍。
てんきち母ちゃんに憧れて始めたというブログ『たっきーママ@Happy Kitchen』は、月間300万アクセスを集める。
(内容紹介より)


本書は、ホットプレートを活用したアイデアレシピ集です。
人気料理ブロガーの井上かなえさん&奥田和美さんが、ホットプレートで手軽においしく作れるレシピをたっぷり紹介しています。
今回は、以前発売された本の内容に、大人数向けのレシピが新たに追加された“増補・改訂版”。
フライパンだと家族全員分作ることが難しいメニューも、大きなサイズのホットプレートならテーブルの上で調理できてしまいます。
新レシピの内容を一部ご紹介します。

画像1
(画像はブログ記事から)

<てんきち母ちゃん's アイデア>
・野菜たっぷりカラフルガーリックハラミライス
・梅味◎和風もちピザ
・豚肉の塩昆布バターぎゅうぎゅう焼き
・カリカリバゲットの温サラダ

<たっきーママ's アイデア>
・チーズタッカルビ
・ミートソースオムライス
・華麗に味チェンジ! 海鮮塩焼きそば
・お好みトッピング! ミニどら焼き


お二人それぞれのブログで本書の見どころが語られていますので、ぜひ合わせてご覧になってみてください!

井上かなえさんの記事はこちら ⇒ てんきち母ちゃん&たっきーママのもっとおいしい!ホットプレート簡単レシピ増補改訂版が予約開始しました!
《豚の味噌きゅうり巻きとシャウとかぼちゃのはちみつ煮》と、ホットプレート本増補改訂版の発売日!
奥田和美さんの記事はこちら ⇒
 「てんきち母ちゃん&たっきーママのもっとおいしい!ホットプレート簡単レシピ(増補改訂版)」予約開始&キャンペーンのお知らせ


 ブログ「井上かなえオフィシャルブログ 『母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記』」を見る
 LINEで「井上かなえオフィシャルブログ 『母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記』」の更新通知を受け取る


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

ライブドアブログの人気公式ブログをご紹介いたします。 ヒヨくん あっくん育児日記 / やまもとりえ イラストレーターのやまもとりえさんは、夫と2人の子供、そして猫の"4人と1匹”家族です。 保育園を泣いていやがっていた3歳の長男・ヒヨくんは、笑顔で登園するよう ...
もっと見る
ライブドアブログの人気公式ブログをご紹介いたします。

ヒヨくん あっくん育児日記 / やまもとりえ
ヒヨくん あっくん育児日記

イラストレーターのやまもとりえさんは、夫と2人の子供、そして猫の"4人と1匹”家族です。
保育園を泣いていやがっていた3歳の長男・ヒヨくんは、笑顔で登園するようになり、好きな子のママにしっかりあいさつができるまでに。次男・あっくんは1歳の誕生日を迎え、それまで2、3歩だったのがいきなり20歩も歩き出すなど、すくすくと成長しているそう。
そんな家族の愉快な日常や育児を、ゆるくてかわいいイラストで描いています。


【育児日記136】初ボケ
d2b167be


長男が1歳5カ月だったころのお話。やまもとさんは、貴重な「初ボケ」シーンを目撃しました!
木魚を使ってボケてみせた長男の“ドヤ顔”が絶妙です。

ブログ「ヒヨくん あっくん育児日記」を見る
LINEで「ヒヨくん あっくん育児日記」の更新通知を受け取る

今後もすてきなブログをご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

こんにちは、ライブドアブログ編集部です。6月下旬、九州在住の公式ブロガーのみなさんと会うため熊本に初上陸してきました!(※先日公開した『良品生活』×『IEbiyori』対談「【夏に必見!】整理収納アドバイザーおすすめの冷蔵庫収納、子供部屋収納術」も熊本で実施しまし ...
もっと見る
こんにちは、ライブドアブログ編集部です。
6月下旬、九州在住の公式ブロガーのみなさんと会うため熊本に初上陸してきました!
(※先日公開した『良品生活』×『IEbiyori』対談「【夏に必見!】整理収納アドバイザーおすすめの冷蔵庫収納、子供部屋収納術」も熊本で実施しました)

201806熊本イベント_180712_0076
熊本電鉄では「くまモン電車」が大人気! 私たち以外にもたくさんの人が撮影しに来ていました。
電車以外にも街中の至るところに「くまモン」がおり、熊本の人たちのくまモン愛をヒシヒシと感じました。

201806熊本イベント_180712_0051

201806熊本イベント_180712_0065
晴天にも恵まれ、再建中の熊本城を見ることができました。阿蘇山にも足を伸ばしたかったのですが、今回の目的は九州在住の公式ブロガーのみなさんとお会いすること! 散策もほどほどに熊本市内の交流会会場へ向かいました。

201806熊本イベント_180712_0041
今回ご参加いただいたのは、福岡、長崎、佐賀、鹿児島から駆けつけてくれた7名の人気ブロガーさん!熊本は中間地点で新幹線も通っているので比較的集まりやすいそうですが、関東や関西のブロガーさんたちのようにコミュニティーができてはいないとのこと。初対面の方も多かったようで、交流会の開催を大変喜んでいただけました。

201806熊本イベント_180712_0036
参加者のみなさんのブログは、ライフスタイル、料理、育児絵日記などジャンルもさまざま。日頃ブロガーさん同士で話す機会がなかなかないということで、ブログの方向性の悩みや更新のモチベーションアップなど、熱心にいろいろお話されていました。

after
千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~」管理人のちくまサラさんがみなさんの似顔絵を描いてくださいました!
ブログやSNSについて情報交換したり、九州の地元話で盛り上がったり、それぞれに交流会を楽しまれていました。
ブロガーさんたちのイベントレポートもぜひご覧ください!

★IEbiyori「九州のライブドアブロガーさんたちに逢ってきた!
★うさぎ食堂へようこそ「ライブドア交流会in熊本に行ってきました~【1年ぶりのキャラ弁が・・・】
★scale「九州ブロガー交流会in熊本
★千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~「ライブドアブロガー交流会in熊本
★ダンナ様は安月給「ライブドアブログ交流会in熊本
★良品生活「素敵すぎたブロガーさん6名!&今週末の花♪
★簡単!節約!おしゃレシピ ~SHIMAのオウチカフェ~「甘辛ハーモニーが癖になる♡超時短調理な熊本名物を作ってみた【絶品混ぜご飯 高菜めし】&九州ブロガー交流会in熊本

ライブドアブログ編集部では、日本全国で、そして海外で活躍するブロガーさんを応援するため、これからもさまざまな地域でイベントを開催していきます。どうぞお楽しみに!

74e0b149


ライブドアブログ公式ブログ「いつでも、HOME ~ちいさな建売、おしゃれハウスを目指す~」の著者・まどなおさんの新刊が登場しました。6月の発売から1カ月とたたず重版になった、注目の書籍です。いつでも「きれいな部屋」になる 片づけベタでもできるやさしい収納 [単行本 ...
もっと見る
ライブドアブログ公式ブログ「いつでも、HOME ~ちいさな建売、おしゃれハウスを目指す~」の著者・まどなおさんの新刊が登場しました。
6月の発売から1カ月とたたず重版になった、注目の書籍です。





「小さい家でも自分の好きな場所にできる。収納が少なくても子どもがいてもすっきり暮らせる」をコンセプトに、気持ちよく暮らすための収納をはじめとした暮らしの工夫を提案し、人気ブログに。
(内容紹介より)


今回のテーマは「ステップを踏んで、実際に片づけられるようになる本」。

もともと片づけベタだった著者の「片づけベタでもできる収納の本を作りたい」という思いから、収納の完成形だけでなく、過程までていねいに解説されているのが特徴です。
「きれいだな」で終わらず「やってみよう」と思えるような一冊になっています。

使われている収納グッズは無印良品や100均の商品がメインなので、手軽にマネできるのも大きなポイントです。
本書に掲載されている写真を一部ご紹介します。

画像1
(画像はアマゾンから参照)

こちらはキッチンにある引き出しの収納です。
デッドスペースがないように、ぴったり合うサイズの整理ボックスを積み重ねています。
収納スペースをフルに生かし、かつ使いやすく工夫されています。


最後の章では「家族との暮らしをラクにする」と題し、2人の子供の成長や、生活の変化に合わせた暮らしのアイデアが紹介されています。
同じように小さい子供を育てている方の参考になる内容が、たっぷり詰まっています。


 ブログ「いつでも、HOME ~ちいさな建売、おしゃれハウスを目指す~」を見る
 LINEで「いつでも、HOME ~ちいさな建売、おしゃれハウスを目指す~」の更新通知を受け取る


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

ライブドアブログの人気ブログをご紹介いたします。 亀が無理してロードバイク乗ってみた / きっか 今回ご紹介するブログの主は、漫画家のきっかさん。夫とともに、スピードが出るタイプのスポーツ自転車・ロードバイクを趣味にしています。 オタクな二人がロードバイク ...
もっと見る
ライブドアブログの人気ブログをご紹介いたします。

亀が無理してロードバイク乗ってみた / きっか
亀が無理してロードバイク乗ってみた

今回ご紹介するブログの主は、漫画家のきっかさん。夫とともに、スピードが出るタイプのスポーツ自転車・ロードバイクを趣味にしています。
オタクな二人がロードバイクに興味を持ったきっかけは、アニメにもなった漫画『弱虫ペダル』でした。「あこがれの人が使っているもの(自転車)がほしい」とハマっていく様子には、共感してしまう人も少なくないのではないでしょうか。

運動不足だったこともあり、おっかなびっくり乗り始めたきっかさんですが、今はすっかりアクティブに。旅先でのツーリングや試合観戦、自転車イベントなど、お出かけレポートをマンガと写真でつづっています。


去年と一味違うビアンキビーチハウス2018Ver.行ってきた!!
c8956b19


今回きっかさんが訪れたのは、おしゃれな青緑色が印象的なビーチハウス。女性にも人気のイタリア自転車ブランド「ビアンキ」が、逗子海岸に夏季限定でオープンしたものだそう。
すぐ近くにある『キン肉マン』の海の家をのぞいたり、足を伸ばして牧場の自家製ソフトクリームを味わったりと、ロードバイクの機動力を生かした小旅行のレポートです。


ブログ「亀が無理してロードバイク乗ってみた」を見る
LINEで「亀が無理してロードバイク乗ってみた」の更新通知を受け取る


今後もすてきなブログをご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

ライブドアブログ公式ブログ「Happy Living」の著者である大塚奈緒さんの書籍が登場しました。「ラクするための労力は惜しまない」大塚さんならではの家事アイデアが満載の一冊です。がんばらない家事 [単行本]著者:大塚 奈緒出版:ソーテック社ラクしてキレイな家を保つこ ...
もっと見る
ライブドアブログ公式ブログ「Happy Living」の著者である大塚奈緒さんの書籍が登場しました。
「ラクするための労力は惜しまない」大塚さんならではの家事アイデアが満載の一冊です。


がんばらない家事
著者:大塚 奈緒
出版:ソーテック社



ラクしてキレイな家を保つことを全力で研究中の整理収納アドバイザー。
お片付けサポートでは、あっと驚く収納アイデアや家具配置のひらめきに、依頼者の満足度が非常に高い。
(内容紹介より)


たとえば、キッチンの洗いおけ、三角コーナー、炊飯器、風呂のおけや椅子。
生活必需品と思うこれらのアイテムですが、どれも著者である大塚さんの家にはありません。
持っていることで、逆に家事の手間が増えてしまうからです。
当たり前に「ないと不便」と思っている物でも、改めて考えてみたら、なくても案外過ごせてしまう。
そんな固定観念にとらわれない“究極まで”家事の手間を省くテクニックが、本書ではたっぷり紹介されています。

冒頭にはこんな印象的な言葉が書かれていました。

たとえキレイで居心地の良い部屋であっても、それを維持するために必死で労力を費やし、疲れ切ってしまっては意味がないのです。

「暮らしをラクにする」ことへの情熱を絶やさない大塚さんらしい言葉です。
部屋をキレイにする目的は、好きなことをする時間を増やすため。維持することに労力をかけるのはもったいなく感じます。
本書の家事アイデアをマネして、“自分の時間”を増やしてみてはいかがでしょうか。


 ブログ「Happy Living -収納・お掃除・インテリア-整理収納アドバイザーのブログ」を見る
 LINEで「Happy Living -収納・お掃除・インテリア-整理収納アドバイザーのブログ」の更新通知を受け取る


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

こんにちは、ライブドアブログ編集部です。ジメジメしたり、食べ物が傷んだりする季節になりました。今回は夏の片付けについて、整理収納アドバイザーで小学生のお子さんがいるという共通点もあるお二人『良品生活』管理人のmujikko-RIEさんと『IEbiyori』管理人のサチさんに ...
もっと見る
こんにちは、ライブドアブログ編集部です。
ジメジメしたり、食べ物が傷んだりする季節になりました。今回は夏の片付けについて、整理収納アドバイザーで小学生のお子さんがいるという共通点もあるお二人『良品生活』管理人のmujikko-RIEさんと『IEbiyori』管理人のサチさんにお話を伺いました。

201806熊本イベント_180706_0045


「九州在住」「整理収納アドバイザー」「小学生の子供あり」など、共通点が多い二人


――サチさんは鹿児島、mujikkoさんは熊本にお住まいですが、お互いの印象はどうでしたか?

mujikko:ライブドアブログの前回の九州イベントのときに初めてお会いして、かっこいい、男前な方だなあと。

サチ:私はmujikkoさんの『良品生活』は前から見てました。同じ九州で、ライブドアブログに移転されて、勝手に仲間意識を持ってますね。

――お互いのブログで参考になったり、印象に残ったりした記事はありますか?

サチ::私はmujikkoさんが紹介するアイテムは、無印でもそれ以外でも他のものでも全般的に信頼しています。書き方が正直で、うわべだけじゃないから。気になる商品があると『良品生活』をチェックして買うかどうか決めたり、紹介されてるものを買いに行ったり、参考書みたいに使わせてもらってます。

mujikko:私は『IEbiyori』の子育ての記事は特によく読んでます。子供が同い年で、片付けが苦手なので「わかるなあ」「やっぱりそうなんだ」って共感したり安心したりしながら読んでます。

サチ:子供は片付けしないですよね。うちは通知表に「お片付けができていません」って書かれてました(笑)

1c72dd3c-s
★IEbiyori「どうしてそこに仕舞うのか?を共有してみたら」


掃除も片付けも完璧は目指さない


――片付いたきれいな部屋を維持するコツはありますか?

サチ:気持ちにメリハリをつけるというか、散らかったときはその状態を受け入れる。「ずっときれいにし続けるのは無理だ」っていうことを悟らないとしんどいですね。しょっちゅう散らかってるけど、3分で元通りになるからいいやって余裕を持つというか。

――掃除はどのくらいのペースでされてますか?

mujikko:気になったらするみたいな感じです。うちは主人の方が掃除好きなので、日曜日に大きな掃除機出してきてやってくれますね。

サチ:ホコリが気にならない方なので、あんまり掃除しないですね(笑) 東京に単身赴任している夫が月1で帰ってくるので、テレビボードや玄関なんかはちゃんときれいにしています。

――意外ですね! 二人とも掃除好きなのかと思ってました。

mujikko:「いかに掃除しなくていい部屋にするか」ですよね。

サチ:掃除から逃げるために収納に走ったみたいなところありますよね(笑) あと、鹿児島は火山灰がすごいので、がんばって掃除しても桜島が本気出せば一発で帳消しになる。窓の桟に常に灰が溜まってるし、もうお手上げ。あきらめてます。

ac3c25d5-s
★IEbiyori「朝から大噴火…と蒸篭の買い替え」


夏の拭き掃除担当は子供たち。子供部屋も子供に任せる


――今回は夏の掃除や整理収納がテーマなんですが、毎年夏にやっていることはありますか?

サチ:本格的に暑くなる前に、子供3人で床の拭き掃除をやってもらいますね。小さい頃からの習慣にしてるので疑問に思わずやってくれます。
あと、毎週水曜日にうちの長男がアウロワックスシートっていうちょっと高めのフローリングシートで床を拭いてくれてます。「自分の汚れは自分で落とせ」って言って(笑) ワックス機能が入っていて、床がさっぱりします。夏ははだしで歩くから足裏の汚れが付きやすいんですけど、それで拭くと全然違う。

mujikko:うちの娘も拭き掃除好きですね。窓拭きとか、めったにしないことって子供は進んでやってくれますよね。

サチ:イレギュラーな仕事の方がやってくれますよね。あと、それをやるとおやつが出るとか(笑)

――(笑) なるほど。そういう動機付けが大事なんですね。お子さんは毎日のちょっとした片付けなどはやるんですか?

サチ:やらないですね。散らかして人に迷惑をかけたり、困ったりしなければ散らかしていいよとは言ってます。

mujikko:うちも自分のスペースは任せてますね。汚くなるし、忘れ物やなくし物もしますけど失敗しないと覚えないし、それはもうしょうがない。

6ef2d3b7
★IEbiyori「掃除と私」


夏の冷蔵庫収納「冷蔵室はスカスカ」「冷凍室はパンパン」がおすすめ


――夏の掃除や収納で、過去に失敗したエピソードなどはありますか?

サチ:冬と同じ感覚で冷蔵庫を開け閉めしていたら、手前に置いていたものがカビたことがあります。それからは麦茶などはポットに保冷状態で入れて外に置くようにしたり、できるだけ子供たちが冷蔵庫を開けないようにして、手前には調味料など常温でも大丈夫なものを置くようになりました。

――なるほど。夏の冷蔵庫の開閉は要注意ですね。mujikkoさんは、冷蔵庫収納で工夫していることはありますか?

mujikko:中身が見えるケースを使うことでしょうか。おしゃれな白いケースとかを使って見えなくすると、賞味期限切れがわんさか出ちゃうので。

サチ:うちはケースを使っているのは最上段だけで、見えるところはケースに入れずに常にお鍋が2個入る余裕を作ってます。特に夏は、冷凍庫はパンパンだけど冷蔵庫はスカスカにしてます。

mujikko:冷蔵庫はスカスカの方が冷気が回りやすいけど、冷凍庫は入れてるものが保冷剤の役割をしてくれるからパンパンにした方が冷えますしね。

fcded950-s
★良品生活「【無印】冷蔵庫の中の整理に使うもの3つ買ってきた!」

――なるほど、確かに。mujikkoさんは夏の失敗、ありますか?

mujikko:うちはこの前エアコンを掃除したらすごいカビで、1日かかりました。自動洗浄機能が付いてるんですけど、全然違うところがカビていて。

――自動洗浄機能に安心してちゃいけないんですね! 夏のおすすめグッズはありますか?

mujikko:お風呂のカビ防止の燻煙剤はしょっちゅうやってます。あと、押入れには除湿剤。

a7c208ab-s
★良品生活「「除湿剤」の置き方NG集!正しく置けば効率もアップします」


子供のおもちゃは自然に減っていくから大丈夫


――夏は布団や冬服を入れるので収納がかさばりますが、何か工夫していることはありますか?

mujikko:夏はパンパンですよね。

サチ:夏は収納が最大値まで行くのであらかじめスペースを確保して、それ以上の荷物を持たないようにしてますね。冬の収納スカスカな状態に甘えて新しいものを買うと失敗するから。

――お子さんがいるとものも増えやすいのかなと思いますが。

mujikko:出ていくものも多いですよ。洋服はすぐ着られなくなるし、おもちゃもだいぶなくなって、小学生になった今はゲームソフトだけでよくなりました。

サチ:子供が小さいときは収納に気を揉んでたけど、何年かすれば自然に解決しますよね。大きくなるのはあっという間だし、荷物はどうせ少なくなるからそんなに特別に対策を練らなくてもいい。

mujikko:そうですよね。うちは子供用に大型収納を買ったけど結局処分しちゃったし、今思えばもったいなかったなと思います。おもちゃの収納相談多くないですか? 

サチ:多いですね。

069a01bf-s
★IEbiyori「専用にこだわらなければ楽になりました@ブロック収納」

――おもちゃの収納に関してはどんなアドバイスをされてますか?

mujikko:小さい子に細かく分けろって言っても無理なので、本人が困ってなければそれでいいですよね。

サチ:ですよね。だからもう、おもちゃの箱がひとつあればいいいかなと思います。使いたいおもちゃは本人が自分で探し出して見つければいいし。

――なるほど、そこはゆるくていいのかもしれませんね。子供が遊び飽きたおもちゃはどうやって処分してますか?

サチ:子供はびっくりするぐらいあっけなく捨てられるんですけど、引っかかるのは親の方ですよね。お母さんが一番めんどくさい。

mujikko:親は金額目線で見てますからね。プレゼントを開けた瞬間の喜んだ顔が忘れられなかったり。だから、人に譲ったりしてなんとかやってます。

18cf359b-s
★良品生活「片付けにマイナスイメージをつける「3大NG収納」って?」


子供のものは「学校関係」と「それ以外」に分ける


――夏の収納テクニックはありますか?

サチ:「詰め込まない方がいい」と、「ダンボールには入れない」ですかね。昔、引越しのバイトをしてたんですけど、ダンボールに棲みついてるものを見てたので(笑)
あと、湿気がこもって服がカビたりもするので、クリーニングのビニールはすぐ外した方がいいですね。

――子供部屋の片付けはどうしてますか?

サチ:仕組みみたいなものは作りましたけど、子供に任せてます。散らかしてることによってものがなくなったりしたら怒りますが、片付けのクオリティは求めていません。最初は理想があったけど、あきらめましたね。キッチリしすぎると親子の精神衛生上よくない。

mujikko:うちは犬がいるので、宿題のプリントをそこらに放っておくとグシャグシャにされたりしますけど、それも本人の責任。今の収納術の本とかすごい難しいけど、あれを全部やるのは大変。その家庭によってそれぞれなので。

――夏休み前の片付けとしては何かやっていますか?

サチ:特別なことはやらないです。ただ、絵の具や書道セット、鍵盤ハーモニカなど、なくしたらいけない学校から持ち帰り品の置き場所だけは死守してます。2学期に持っていくまでは「さわるな」って言って封印。

mujikko:うちもそうですね。

サチ:「大事なもの置き場」だけは確保して、他は好きにしてもらってかまわない。そうやってある程度適当にやることで、子供も親もカリカリせずに回せてるかなと思います。

――整理収納のお仕事で、子供部屋の依頼が来たときはどうやってますか?

サチ:まずは、床置きをやめることから始めますね。床にものがあると地震のときも危ないし、なくすので。それから、「学校関係」と「それ以外のもの」で分けます。それ以外では分けないです。

mujikko:もとの場所に戻すときに迷うものは置き場所が決まってないので、それは作ってあげた方がいいですね。

サチ:本人が戻しやすい場所をヒアリングしつつ、イレギュラーを少しずつ潰していきますね。それが全部なくなったときが完成かなと思います。やっぱり優先するのは学校関係のもの。

mujikko:うん、それが一番大事。

3e84debf-s
★IEbiyori「5人家族の引っ越し整理収納サポート」


ブログは日々の記録であり、リフレッシュツール


――ブログを始めたきっかけは何だったんですか?

サチ:最初は単身赴任の夫に向けて書いていました。ブログなら好きな時間に見られるかなと思って、子供のことを書いてました。そのうち、好きなお片付けのことを書くようになったら主婦の方が読んでくれるようになりました。今は夫は読まないですね(笑)

mujikko:(笑) 私は家を買って生活が変化したので、その記録のような感じです。自分のための記録だったんですけど、いつの間にか他の人も見てくれるようになりました。

――二人ともすてきなきっかけですね。好きなことだから続けられるんですね。

サチ:続けるのは全然きつくはなかったですね。ストレス発散にも、頭の整理にもなるし、子供を叱ったあとにブログを書いていたらいつの間にかクールダウンしていたりして(笑)

――mujikkoさんは、ブログで無印の商品を紹介するようになったのはどうしてだったんですか?

mujikko:家具などを買ったときに無印良品でそろえたのがきっかけでした。今はあちこちブレてますけど(笑) ただ、読者さんが求めてるものを鮮度がよくて熱量があるうちに書こうとは思ってます。

サチ:mujikkoさんは、商品のデメリットもちゃんと書いてくれるから信頼できます。「このデメリットなら、うちでは大丈夫そうだな」とか、買う上での判断材料になるし。

mujikko:それならうれしいです!

33ea3a5a-s
★良品生活「【無印】「バス用スポンジ」で、浴室の天井もラクラク掃除できそう!」

――ブログに書く内容はどうやって決めてますか?

サチ:とにかく何でも写真を撮って、それを眺めながら「これだったら収納系の記事が書けるな」とか。何もないところからは生み出せないです。

mujikko:やっぱり写真ありきですよね。私も写真から考えますね。

サチ:最初からテーマを決められる人はすごいなと思います。ただ、ブログは書くと達成感があるし、日々のいいリフレッシュになってます。嫌なことがあったらブログに書いて落ち着いたり、ブログで整理したり、クールダウンがちゃんとできるから、逃げ場所があってよかったなあと思いますね。

――そんなふうに使っていただけてうれしいです。ブログはいつ書かれてますか?

mujikko:私は朝と子供が寝たあとですね。写真があれば10分くらいで書けるので。

サチ:私もただの紹介だと10分ぐらい。子育てとかの話題だと30分ぐらいだけど。

――二人とも早いですね。参考にしているブログなどはありますか?

サチ:Little Home』はブログをはじめた当時から読んでいます。他には『WITH LATTICE』や『ココロのくらし』も参考にしていますね。

mujikko:私は『MakeLife+ゆとり時間』と『Happy Living』と『IEbiyori』を掃除やインテリアの参考にしてます。

サチ:mujikkoさんはアンテナの張り方が絶妙ですよね。新しい情報はどうやって得てますか?

mujikko:楽天マガジンで読み放題にしていて、雑誌はよく読みます。特に印象に残ったものは買ったりブログに書いたり。興味ないものはほんと興味ないんですけど。やっぱり変化が好きなので最新の流れは知りたいですね。

――最後に、読者さんへのメッセージはありますか?

サチ:優しい読者さんばかりで、いただいたメッセージで泣いたりするくらい。ブログで表面的に書いてることも深いところまで読み取ってくれたり、会ったことのない相手なのに心からメッセージをくださる方がいて。読者さんからは「ためになる情報をありがとうございます」って言われるけど、逆にこちらは読者さんに救われてるなっていうのはいつも思ってます。

mujikko:救われることありますよね。メッセージ、ありがたいです。ブログを読むことに時間を使ってくれていることがありがたいです。それに、同じ興味がある人が周りになかなかいないので、読者さんの反応がすごくモチベーションになってますね。


読者プレゼント


mujikkoさん、サチさんがそれぞれおすすめするアイテムをセットを、抽選で3名の方にプレゼントします!

応募方法
(1) ライブドアブログの公式Twitter(@livedoorblog)をフォローしてください。
(2) 7月15日(日)までに、キャンペーンツイートをRT(リツイート)してください。
(3) 当選者の方にはDMでご連絡いたします。


「大変な努力をされているに違いない!」と思いながらインタビューに挑んだ我々を拍子抜けさせてしまうくらい、自然体で生活を楽しまれているとってもすてきなお二人。
ブログもぜひチェックしてみてくださいね!

39f806428fc0bc7df988d7316ffe2687

0e2e7e10d231d654488a1b7670f06f66

74e0b149

ライブドアブログの人気ブログをご紹介いたします。 凸凹ハウス~親子で発達障害でした~ / モンズースー 2人の息子さんが「発達障害グレーゾーン」と診断された、モンズースーさんの育児ブログです。 お子さんだけでなくモンズースーさん自身も、子供の頃から「物忘れ ...
もっと見る
ライブドアブログの人気ブログをご紹介いたします。

凸凹ハウス~親子で発達障害でした~ / モンズースー
凸凹ハウス

2人の息子さんが「発達障害グレーゾーン」と診断された、モンズースーさんの育児ブログです。

お子さんだけでなくモンズースーさん自身も、子供の頃から「物忘れが多い、本や映画の内容が頭に入らない、コミュニケーションが下手」など苦手なことが多く、生きづらさを感じていました。
最近になって自分が「注意欠陥多動性障害(ADHD)」だったことが分かり、ずっと持っていた違和感にも納得がいったそうです。

子供たちは、幼稚園・保育園や支援センターでの療育を通して成長していきます。
「今までできなかったことが、できるようになった!」といううれしい驚きがある一方で、新しい悩みに頭を抱えてしまうことも。
モンズースーさんたちが直面した問題や、自分なりに試してみたことなど、発達障害を持つ親子の日常をコミックエッセー形式で分かりやすく描いています。


座る姿勢2
dab008a9

長男は体幹が弱く、まっすぐ座っていることが困難だったそう。
せめて公共の場では椅子に座っていられないだろうかと思い主治医に相談してみたところ、意外なアドバイスが返ってきました。


ブログ「凸凹ハウス~親子で発達障害でした~」を見る
LINEで「凸凹ハウス~親子で発達障害でした~」の更新通知を受け取る


今後もすてきなブログをご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!