ライブドアブログStyle

「ライブドアブログStyle」は、LINEが運営するブログメディアです。さまざまな知識(ライフスタイル・レシピなど)や経験を持つブロガーを掘り下げ、生活に役立つ情報や人生のプラスになるヒントをお届けします。

2018年12月

こんにちは、ライブドアブログ編集部です。クリスマスも間近に迫った12月某日、おかげさまで今年も「ライブドアブログ大忘年会2018」を開催することができました!今年は、日本全国はもとより、ドイツや中国など海外からも合計120名以上の人気・有名ブロガーさんが都内ホテル ...
もっと見る
こんにちは、ライブドアブログ編集部です。
クリスマスも間近に迫った12月某日、おかげさまで今年も「ライブドアブログ大忘年会2018」を開催することができました!
今年は、日本全国はもとより、ドイツや中国など海外からも合計120名以上の人気・有名ブロガーさんが都内ホテルに大集合!

bae8d6a9.jpg

スタッフなどを含め総勢130名超えの集合写真がこちら。圧巻です!

98f26d3c
★行け!RINRIN帰宅部!!「絵日記 ライブドア忘年会2018②会場までの道のり・・・」より
北海道から参加いただいたRINRINさんまめさん。道中いろいろと大変だったようです(笑)


DSC_4248のコピー
受付ではライブドアブログスタッフがサンタ姿でお出迎え!

今回初の試みとして、ブロガーさん全員にご用意いただいたプレゼントを受付でお預かりし、お帰りの際にランダムにお返しする『プレゼント交換企画』を実施しました。「プレゼントの予算は1,000円以内で」とお願いしたため、何を買おうか悩まれたブロガーさんも多かったようですが、プレゼントを通して生まれた思いがけない交流や新たな出会いもあったようです!

5b819abb-s
プレゼント交換ではこんなミラクルも!


「ブログ読んでます!」で広がる、新しい友だちの輪


会場ではあちらこちらに楽しげな交流の輪ができ、ひさしぶりの再会を喜んだり、「ブログ読んでます!」のあいさつとともに名刺を交換し合ったり、はたまた憧れのブロガーさんに勇気を出して話しかけに行ったり、みなさん思い思いにおしゃべりを楽しまれていました。

b67cb7d0
★巣ごもりゆばさん「ライブドア大忘年会レポ2018②」より
絵日記ブロガーさんたちは、得意のイラストや似顔絵で交流!

b8b2ce1a-s
★HOME by Refreshers「忘年会行ってきたよ!みんなが知りたい情報はこれでは・・」より
ライフスタイルブロガーさんの一部は、「赤」のドレスコードで揃えて華やか!

499b8501-s
★かぼすちゃんとおさんぽ。「ライブドアブログの忘年会に行ってきました。」より
ライブドアブログ OF THE YEAR 2018」グランプリを受賞され、今回忘年会初参加のかぼすママさんの周りには、ペットブロガーさんの輪ができていました!

にぎやかに盛り上がっていた料理ブロガーさん中心のグループ。

DSC_4161のコピー-tile
料理は今年もビュッフェ形式。昨年足りなくなった反省を生かし、今年は食事もデザートもたっぷり用意しました! 味も好評だったようで何よりです。
7a5e6d26-s
★中国でブルジョワ華人の妻してます「ライブドアブログ忘年会2018行ってきました!」より


白熱のビンゴ大会。開始早々、最高の品を当てたのはレジェンドブロガーのあの方!


ebc0adea-s
るぅのおいしいおうちごはん「【日記】ライブドアブログ大忘年会@2018 その②。」より

ひとしきりおしゃべりと食事を楽しんだ後は、お待ちかねのビンゴ大会。ミラーレス一眼やダイソンコードレス掃除機、旅行券や松阪牛など、豪華賞品をたくさんご用意したので、みなさん真剣です。
そんな中、開始早々ビンゴになったのは……大人気絵日記ブロガーのカータンさん! 

DSC_4615のコピー
ビンゴ一番乗りだけでなく、さらにくじ引きで一番の目玉賞品であるMacBook Airを引き当て、会場からはため息とともに「さすが持ってる!」の声がもれていました。

52919b15-s
★カータンBLOG あたし・主婦の頭の中「正負の法則 それとも引き寄せの法則か?」より
ビンゴに大当たりしたカータンさんでしたが、その後「正負の法則」を実感させられる出来事があったようです……。


2019年の企画もお楽しみに!


こうして大盛況のうちに幕を閉じた「ライブドアブログ大忘年会2018」。新しく友だちになったり、2次会、3次会に流れて交流を深めたり、たくさんの面白い縁が結ばれたようで運営としてもうれしい限りです!
DSC_4393のコピー-horz
こちらは会場の一角に設置していたサインボード。絵日記ブロガーさんを中心にたくさんのブロガーさんに描いていただき、とってもにぎやかなクリスマスツリーになりました!

ついに出会ったライブドアブログのツートップこと、まめきちまめこさんやしろあずきさん。 来年はこのお二人の企画をぜひ実現させたいです!

ご参加いただいたブロガーのみなさま、本当にありがとうございました! 
2018年、みなさまのおかげでライブドアブログは大きく成長することができました。
2019年もより便利で快適なサービスづくりを目指し、ブロガーさん、そして読者のみなさまに楽しんでいただけるイベントや企画をどんどん実施していきたいと思っています。
ライブドアブログを来年もよろしくお願いします!

74e0b149

妊娠・出産を自然に迎えた人も多いと思います。一方で、不妊治療は一般的になっており、まわりでも不妊に悩む人、実際に治療を経験して出産した人もいて、その苦労や大変さは噂には聞いていましたが、どんなものか具体的には分かっていませんでした。私が不妊治療をやめたわ ...
もっと見る

妊娠・出産を自然に迎えた人も多いと思います。一方で、不妊治療は一般的になっており、まわりでも不妊に悩む人、実際に治療を経験して出産した人もいて、その苦労や大変さは噂には聞いていましたが、どんなものか具体的には分かっていませんでした。


ライブドアブログ公式ブログ「妊活は忍活? アラフォー不妊治療体験記」の著者・海原こうめさんの新刊『私が不妊治療をやめたわけ』には、不妊治療に向き合った5年間の軌跡が丁寧に、そして細かな心情の変化とともに描かれています。

海原さんが結婚したのは30代前半。その後、人間ドックで子宮筋腫とチョコレートのう胞が見つかり手術を経て、35歳で妊活をスタートしました。基礎体温を計測しタイミング法(排卵日を確認して性交渉をする)に取り組みますがうまくいかず、卵管造影検査へ。旦那さんのリロさんの精液検査も行います。

fe6aa01a-vert
(画像はブログ記事から)
その後、人工授精、体外受精、顕微授精と続いていくのですが、山あり谷ありの長い道のりは、決して単調なものではありません。人工授精や検査の強烈な痛み、結果を待つ間の不安と葛藤、結果後の落ち込みから復活までと、喜怒哀楽の感情が折々で爆発します。

治療と並行して、妊活の原点に戻り体質改善の鍼灸院にも通い始めます。1年以上体質改善に取り組み、採卵、受精、移植を行うものの、妊娠することはできませんでした。そして海原さんは、不妊治療を辞めるという結論に至ります。


81201efd-s
(画像はブログ記事から)

不妊は誰にでも起こり得るものです。治療のプロセスを見ていると、妊娠・出産と順調に進んでいくことは、奇跡だということを改めて感じます。海原さんがつづるこの本は、「自然妊娠を望んでいるけど、うまくいかない」「不妊治療ってどんなもの?」と気になっている人が読む本として、また不妊治療をすでに始めていて、日々の迷いや不安に共感してくれる指南書のような存在として、寄り添ってくれるはずです。実際の医師が監修に入っているため、不妊治療の知識を得る本としても大きな役割を果たしてくれるでしょう。

不妊治療は一旦終わりでも、海原さんの毎日は変わらずに続いています。ブログ「妊活は忍活? アラフォー不妊治療体験記」も本と合わせて、チェックしてみてください。



本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

こんにちは、ライブドアブログ編集部です。「ライブドアブログ OF THE YEAR 2018」受賞記念インタビュー最後は、大人気インテリアブログ「WITH LATTICE」管理人のNa~さんです!ご自宅のリビングでくつろぐNa~さん。インテリア選びのセンスはさすがです!ブログを始めて3年 ...
もっと見る
こんにちは、ライブドアブログ編集部です。
「ライブドアブログ OF THE YEAR 2018」受賞記念インタビュー最後は、大人気インテリアブログ「WITH LATTICE」管理人のNa~さんです!

IMG_8859
ご自宅のリビングでくつろぐNa~さん。インテリア選びのセンスはさすがです!


ブログを始めて3年半。どんよりした生活が一変し、生きている実感が増した!


――ブログオブザイヤーグランプリ受賞おめでとうございます! 受賞されてのお気持ちを聞かせていただけますか?
 
ありがとうございます。まさか私がこの賞を頂けるとは思っていなかったので、夢のようです。これも、このブログを見てくださるみなさまのおかげです。本当にいつもありがとうございます!
 
――喜んでいただけてこちらもうれしいです! そもそもブログを始めたきっかけは何だったんですか?
 
ブログを始めて3年半ですが、もともとインテリアが好きだったのと家を建てたので「少しずつ変わっていく我が家を記録に残したいなぁ」という思いでブログを始めました。整理収納アドバイザーの資格を勉強し始めたのもその頃で、インテリアと収納の記録をつづっていきたいという気持ちもありましたね。
 
――きっかけが重なってのスタートだったんですね。ここまで続けるのは大変ではなかったですか?

そうですね~(笑) 何をやっても三日坊主の私がここまで続けているのは奇跡だと思います。ビールを飲むことだけは、毎日続けられてるんですが(笑)
ブログを始めた頃にとある出来事があって、ちょっとした「願掛け」として毎日更新を自分に課していたんです。それが功を奏したというか。最初は全くアクセスがなかったのが、ちょっとずつ見てくださる方が増えてきて、それがうれしくてここまで続けることができました。
 
――やはり見てくれる方を増やすには続けることが一番ですよね。ブログのおかげで得たものやよかったことはありますか?
 
よかったことは数えきれないほどたくさんあるんですが、本を出させていただいたり、いろいろなお仕事をいただくのも、本当にありがたいなぁと思います。
尊敬するブロガーさんや、同じ趣味をお持ちのブロガーさんと仲良くなれたことも財産ですね。メールやLINEでやりとりをしたり一緒に旅行に行ったり、昔の私が今の私を見たらきっとびっくりするだろうなと思います。

――昔はどんな生活だったんですか?

ブログを始める前は趣味もなく、生活に楽しみが全くなくてどんよりしてました。フルタイムの仕事にブログが加わって前よりも忙しくなったんですが、仕事して帰って飲んで寝るだけの生活から抜け出せた気がします。「私、生きてる!」って、大げさかもしれないけれどホントに思います(笑)

21ce7e4c1410635514af8061813dcf38
★「インテリア」「整理収納」「おうちごはん・うつわ」と3つのジャンルを横断しながら、おすすめグッズや便利な裏ワザなどついつい読みたくなる記事が満載の『WITH LATTICE』


オリジナルブランド「ADDEAR」を立ち上げ、充実と緊張の日々


――ブログを始めて4年目の今年はどんな年でしたか?

今年はWITH LATTICEのオリジナルブランド「ADDEAR」を作らせていただいたので、常に緊張の日々でした。初めての経験だらけで、モノをつくるというのはこんなにも大変なのかと。
ただ今年は「挑戦する年」だと自分で決めていたので、とりあえずこの1年はがむしゃらにがんばってみよう! と思いながら過ごしてきました。

――充実しつつもハードな年だったんですね。ブランド作りで大変な部分ってどんなところですか?

そうですね、商品開発は本当に大変でした。今も継続して新しい商品作りをしていますが、販売されている商品を見て「これ好き!」「これ嫌い!」と言うのは簡単だけど、ゼロからモノをつくるという作業がどれだけ大変なことか思い知りました。

――挑戦の1年、おつかれさまでした! 今年うれしかったことや面白かったこと、印象に残った出来事などはありますか?

今年うれしかったことは、会いたいと思っていたブロガーさん方に会えたことですね。福岡の外れの方に住んでいて、なかなか他のブロガーさんに会う機会がなかったので、思い出すと今でもニヤニヤしちゃうくらいうれしかったです(笑)
あとは、家族で大阪に行ったのも楽しかったです。USJの大混雑で次男とはぐれてしまってヒヤッとしましたが、今となってはめっちゃ面白い思い出です。こういうピンチの思い出のほうが、子どもたちも大人になっても覚えてますよね。将来息子たちとこのネタをつまみにお酒を飲みたいですね。そう考えると私、いい仕事したな(笑)

541ba6e5-s
★東京へ女子旅!念願だったあのブロガーさん宅レポと、グルメ旅のキロク。


毎日見てくれる方のためにも「毎日更新」をがんばりたい


――今年ブログで頑張ったのはどんなことですか?

毎日更新を目標に頑張りました! 何回かはさぼっちゃったかな?と思いますが、初心忘れるべからずで。ほぼ毎日同じ時間(今は朝の7時)に更新するので「朝起きて最初にチェックしてます!」とか、「通勤電車で見てます!」って言ってくださる方が多くて、そういう方をがっかりさせないように。
あとはさらさら~っと読んでいただけるように、できるだけ分かりやすく簡潔な文章にするように気をつけています。そもそも文才がないので、長文は書けない...ともいう(笑)

――今年書いたブログでイチオシの記事があれば教えてください。

インスタでの反応もよかったのが、「生舟」という木箱を買っておもてなしごはんを作った記事です。本当はそばやうどんを入れる道具だそうですが、ケータリング風の演出をしたくてこの大きさの木箱をずっと探していたので、見つけたときはガッツボーズしました! かなりの大きさなので、収納場所もしっかり確保してから買いましたよ(笑)
あとは、セリアグッズを使った収納アイデアの記事も取り上げてくださるメディアが多くてうれしかったです。
 
――来年の抱負や目標やかなえたい願いなどはありますか?
 
来年も「毎日更新」を目標に頑張ります! インテリア、収納、おうちごはんと、私のブログは本当に統一感がないんですが(笑)どのジャンルを見に来ても楽しんでいただけるように丁寧に書いていきたいなと思います。
あとは、ライブドア主催のブロガーさんのイベントやオフ会にも、来年は1回くらい参加してみたいですね。

――ぜひお願いします! ご参加いただけると私たちもうれしいです。今回はありがとうございました!

21ce7e4c1410635514af8061813dcf38

ライブドアブログ OF THE YEAR 2018」グランプリを受賞された他のブロガーさんへのインタビューも公開しております! そちらも合わせてぜひごらんください。

blog_of_the_year_2018_01
★「ライブドアブログ OF THE YEAR 2018」特設ページはこちら

こんにちは、ライブドアブログ編集部です。クリスマスも終わり、いよいよ年の瀬。そろそろお正月の準備を始める方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなみなさんにぴったりの企画!「母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記」管理人で料理家の井上かなえさん、「カータンBLO ...
もっと見る
こんにちは、ライブドアブログ編集部です。
クリスマスも終わり、いよいよ年の瀬。そろそろお正月の準備を始める方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなみなさんにぴったりの企画!
母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記」管理人で料理家の井上かなえさん、「カータンBLOG あたし・主婦の頭の中」管理人のカータンさん、「♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です」管理人の歌川たいじさんに、新感覚のお正月レシピを教えていただきました!

2018125 お正月料理_181221_0297
教えていただいたのは、「鶏肉のお雑煮(すまし仕立て)」「関西風お雑煮(白みそ仕立て)」「エスニック風変わりお雑煮」「ゆず香る洋風きんとん」(井上かなえさんレシピ)、「カータン家のチャーシュー」「チャーシューの煮汁でラーメン」(カータンさんレシピ)、「おつまみになる黒豆ケーキ」(歌川たいじさんレシピ)の計7品! おもてなしにはもちろん、いつものお正月料理には飽きたという方にもおすすめです。

2018125 お正月料理_181221_0113
★左から歌川たいじさん、カータンさん、井上かなえさん。なごやかにおしゃべりを楽しみながら料理されていました!


鶏肉のお雑煮(すまし仕立て)


2018125 お正月料理_181221_0302
◎材料(4人分)
・鶏もも肉……200g
・ゴボウ……小1本
・金時ニンジン……1/3本
・水……800~1000cc
・昆布……10cm角1枚
・酒……大さじ1
・塩……小さじ1
・しょうゆ……小さじ1
・春菊……1/2束
・餅……4個

★作り方はこちら(類似レシピ)をご参照ください。

歌川:このお雑煮はゴボウのだしが効いてておいしい!

井上:ゴボウからすごい味が出るよね。

カータン:そう! 決め手はゴボウなんだよね。うちは夫の実家のお雑煮がゴボウ入れるの。それで「ゴボウってなんてすごいんだ!」って気づいた。

歌川:ゴボウは食物繊維も取れるし、僕も大好き。井上家のいつものお雑煮はどういうタイプなんですか?

井上:鶏と昆布ですね。

歌川:昆布を合わせるのいいですね。うちも鶏がらでだし取るんだけど、東京以外の子から「ラーメン?」って言われちゃう(笑) カータンのおうちは?

カータン:うちも昆布と、かつお節をわりとぜいたくな量を入れて一番だしを取って、ゴボウとにんじんと鶏肉。それにホウレンソウとなるととゆずとお餅と三つ葉を入れる。

歌川:道場六三郎のお雑煮みたいね。

カータン:そうなんだ。これがスタンダードだと思ってたけど、同じ東京でも歌ちゃんちは違う?

歌川:うちはホウレンソウじゃなくて小松菜。ホウレンソウよりも小松菜の方が長くシャキシャキしてるかな。

――関西も関東も鶏だしのお雑煮なんですね。

井上:とびうおとか、魚介だしの地域もありますよね。富山は寒ブリを入れたりするみたい。

歌川:九州の方はあごだしとかね。冬しか取れない雑煮のだし専用の魚があるって聞いたことがある。


関西風お雑煮(白みそ仕立て)


2018125 お正月料理_181221_0301

◎材料(4人分)
・白みそ……150g
・水……800~1000cc
・昆布……10cm角1枚
・酒……大さじ1
・海老芋……1個
・金時ニンジン……1/3本
・大根……5cm
・ゆず皮……少々
・餅……4個

2018125 お正月料理_181221_0014
★金時ニンジンと大根は、お花型などに型抜きするとお正月ムードが増します。

カータン:え、おいしい! みそじゃないみたい!

歌川:関西のお雑煮って初めて食べました。おいしくて優しい味! 米こうじの味に近いですね。甘酒みたいな風味もあって、里芋とすごく合うよね。

井上:白みそがちょっと甘くてね。おせちで濃いものを食べるから、お雑煮は優しい味付けで動物性のものを入れないっていうのがあるみたい。風邪をひいたときにもいいかも。

カータン:へえ~! このとろみは里芋?

井上:とろみは白みそから。白みそは塩分が少ないから、すごい量入れるの。4人分だと、ひとパックの半分ぐらい入れちゃう。それでも塩味が足りないときは、ひとつまみくらいお塩入れたり。


エスニック風変わりお雑煮


2018125 お正月料理_181221_0300
◎材料(4人分)
・ブラックタイガーエビ……8尾
・鶏もも肉……100g
・サラダ油……少々
・酒……大さじ1
・水……100cc
・ココナッツミルク……200cc
・しめじ……1パック
・パクチー……1束
・餅……4個
・こぶみかんの葉(ライムリーフ)……4枚
・レモングラス……ひとつまみ
・唐辛子……1/2本
・ナンプラー……大さじ1
・塩……小さじ1/2
・レモン汁……大さじ1

★作り方はこちら(類似レシピ)をご参照ください。

2018125 お正月料理_181221_0147
井上かなえさんは3種類のお雑煮ときんとんを同時進行で調理。さすがです!

歌川:おいしい、これ! フォーを入れて食べたい。

カータン:おいしいね! フォーに合うから、米つながりでお餅もイケるんだね。

井上:うん、お餅は何でも合うと思います。

――お雑煮って、思いのほかいろんなバリエーションが楽しめそうですね。


ゆず香る洋風きんとん


2018125 お正月料理_181221_0233
◎材料
・さつまいも……250g
・バター……20g
・レーズン……大さじ2
・塩……少々
・ゆず茶(ゆずジャム)……大さじ1
・グラニュー糖……大さじ1
・クリームチーズ……30g

★作り方はこちら

2018125 お正月料理_181221_0037
ゆでたさつまいもは、しっかり潰すとなめらかな仕上がりに

歌川:これ、ゆずが効いててほんとにおいしい!

井上:そう、ゆず茶が入ってます。あと、クリームチーズの塊は最後に入れて混ぜすぎずマーブル状になるように。

カータン:「今年の冬はゆず茶飲もう」って買うんだけど2回ぐらい飲んで飽きちゃうから、ちょうどよかった。砂糖とゆずが入ってる料理にいろいろ使えそう。

井上:そう、なますに使ったり、鶏手羽の煮物に入れたり。

歌川:マーマレードの代わりに使えるね。最後はラップでしぼったんですよね?

井上:そうです。手軽で、子どもがお手伝いで作るのにちょうどいい感じです。


カータン家のチャーシュー


2018125 お正月料理_181221_0217
◎材料(4人分)
・豚バラ肉ブロック……500g
・卵……2個
A
・長ネギ(青い部分)……2本分
・ニンニク……2かけ
・ショウガ……2かけ
・水……2カップ
・酒……1カップ
・しょうゆ……1カップ
・みりん……1カップ

①豚バラ肉をタコ糸で縛り、フォークで刺して火の通りを良くする。
②フライパンで表面を焼く(油は肉から出てくるので不要)
③ニンニクは皮をむき、ショウガは皮ごと薄くスライスする。
2018125 お正月料理_181221_0048
④圧力鍋にAとバラ肉を入れ、火に掛ける。圧力がかかったら弱火で20分煮込んで火を止め、圧力が抜けるまで放置。
⑤別の鍋でゆで卵を作っておく。

2018125 お正月料理_181221_0145
⑥圧力鍋の蓋を開けてチャーシューを裏返し、ゆで卵を入れ表面に色がつくまで煮て火を止め、そのまま冷ます。


チャーシューの煮汁でラーメン


2018125 お正月料理_181221_0339
◎材料(4人分)
・中華麺……4玉
・長ネギ(白い部分)……1本分
・チャーシューの煮汁……50cc
・ラーメンをゆでた煮汁……300cc
・のり、メンマ、なると……お好みで
(B)
・塩……小さじ半分弱
・中華だし(化学調味料)……小さじ1

①中華麺をゆで、ラーメンどんぶりにチャーシューの煮汁と(B)を入れる
②中華麺がゆで上がったら、ゆで汁をどんぶりに注ぎ、麺、チャーシュー、長ネギのみじん切り(玉ネギのみじん切りでも美味しい)お好みでのり、ホウレンソウ、メンマ、なるとなどをのせてできあがり。

――このラーメン、お店で出てきたら「このラーメン屋アタリだな!」って思うレベルでおいしいです! チャーシューも柔らかくて味がしっかり染みてておいしい!

カータン:マジですか。よかった!

歌川:チャーシューすごい柔らかいよね。チャーシューがおいしいお店のラーメン。お肉のだしがすごい出てて、スープだけでもおいしい。

カータン:チャーシューは、たくさん作ってもラーメンや炒飯やいろいろ使えるんで便利なんですよ。

井上: 長ネギのみじん切りが入ってるラーメン、初めて食べた。おいしいね!

――千葉の竹岡式ラーメンに似てますね。

カータン:そう、それを意識したよ。チャーシュー味ベースで作るラーメンは基本、玉ネギ入れるよね。ほんとの竹岡式は玉ネギだけ入れるんだけど、うちの子どもたちは玉ネギよりネギがいいって言ってたから水にさらした玉ネギと長ネギ両方入れてみました。


おつまみになる黒豆ケーキ


2018125 お正月料理_181221_0321
◎材料
・無塩バター……150g
・サワークリーム……90ml
・三温糖……60g(※黒豆の煮豆が「甘さ控えめ」な場合の分量。煮豆がしっかり甘い場合やたくさん入れる場合、三温糖は40g)
・卵黄……3個分
・卵……2個
・薄力粉……150g
・ベーキングパウダー……小さじ1
・アーモンドプードル……50g
・きな粉……大さじ山盛り3
・黒豆(煮豆)……大さじ3~好きなだけ
・ラム酒……80cc
・メレンゲ(卵白3個分・三温糖70g)

①室温に戻したバター・サワークリームに三温糖を入れ、白っぽくなるまでハンドミキサーで混ぜる。
②アーモンドプードルを入れてさらに混ぜる。
③卵と卵黄を溶いたものを、②に3回に分けて混ぜ入れる。
④卵白と三温糖をハンドミキサーで混ぜてメレンゲを作っておく。
⑤薄力粉ときな粉とベーキングパウダーを③にふるい入れてさっくり混ぜる。
⑥⑤に黒豆を入れて混ぜ、最後に④のメレンゲを加えてふんわり混ぜる。
2018125 お正月料理_181221_0268
⑦ケーキ型に入れて170℃に予熱しておいたオーブンで45~50分焼く。
⑧焼き上がったらすぐ、ケーキの表面にラム酒を塗り、冷ましたら完成!

2018125 お正月料理_181221_0381

――焼き上がったらすぐラム酒を塗るんですね。

歌川:熱々のうちに塗らないと染み込まないんです。今回はラム酒ですけど、ブランデーを塗ってもいいし、お酒の香りが苦手な方は牛乳や黒蜜でもOK。ただ、お酒の香りをつけたほうが黒豆にもお酒にも合うかな。表面にお酒を塗ることによって、香りづけと、水分が蒸発するのを防いでしっとり感が長持ちするんです。

カータン:何このしっとり感! すごいおいしい!

歌川:よかった! ラム酒が効いてるね。

井上:めちゃくちゃおいしい! こないだお店の7,000円する黒豆ケーキを食べたんだけど、それよりこっちの方がずっとおいしい! 

歌川:え! マジで!? うれしい! 「てんきち母ちゃんのお墨付き」って書いて通販しようかしら(笑)

井上:(笑) ほんとにおいしい。お酒にも合いますね。

歌川:そう。ワインもウィスキーも、日本酒にも合いますよ。


同世代の3人。非日常感が面白かった昭和のお正月の思い出


2018125 お正月料理_181220_0376
★料理が完成し、みんなで乾杯! お正月の思い出話に花が咲きました。

――お三方は同世代ですが、印象に残ってるお正月の思い出などはありますか?

カータン:昔はスーパーが31日から3日ぐらいまでずっと休みで、今みたいに元旦から開いてるなんてなかったよね。

歌川:うん、昔のお正月はほんとシーンとしてたし、年末の買い出しも買い忘れなくちゃんとやらないと「ダメな奥さん」みたいな感じがあった。

カータン:そうそう。私は大学生のとき姉と2人で東京に住んでたんですけど、30日に姉と買い出しに行って冷蔵庫に詰めて、餃子をいっぱい作ったりしてたのがいい思い出。

井上:楽しそう!

カータン:そう、昔のお正月の方が面白かったの! 年末の買い溜めも、お正月に店が全部閉まってシーンとしてるのもすごい楽しくて、昔の方がお正月は特別感があったよね。

歌川:あったあった。しかも、東京でも今よりも寒くて、学校の防火用水に氷張ってて、上に乗って怒られる子がいたりね。

井上:そうそう! 霜柱をガシガシ踏んで潰したな。今はあそこまで凍らないよね。

カータン:あと昔は、お正月にお洋服を新調しなきゃいけないみたいなのもあった。

井上: ヒラヒラした新しいワンピース着せられて、フリフリのついた靴下に革靴履かされて親戚の家に行ったりね。最近はそこまでちゃんとお正月やらないかも。

カータン:親戚の家にお正月の挨拶に行くときは、ちゃんと一張羅着ていかなきゃいけなかった。

歌川:あと家におとそセットがあったね。「まずっ」と思いながらお酒の代わりのみりんみたいなの飲ませられたり。土手にゲイラカイトを揚げに行ったりさ。

b514eb07
★家族のようなお友だちに囲まれた歌川さんのお正月。「友が荒ぶるとき」より

9378de6f-s
★ため息が出るほど美しい、井上家のお正月御膳。「明けましておめでとうございます《2018年お正月》」より

94607a2f-s
★美しい初日の出を拝み、早起きを決意したカータン一家でしたが……。「早起きは三文の徳 日の出と富士山を拝む」より

斬新だけどちゃんとお正月らしい三者三様のお正月レシピ。お世辞抜きに、どれも最高においしかったです! 年末年始のお休みに挑戦してはいかがでしょうか。
お三方のブログもぜひチェックしてくださいね!


ffc1849e7ee6b7c0acb9ea696c4b06b4

6e756aba66830eb28964d15f40840c07

dda6fbc7202cb4955131bc354df9dc4c

74e0b149


今、子育て中で「2人目どうしよう?」「1人でも大変なのに、2人目なんて余裕ないよね」と悩んでいる人もいるはず。そんな人におすすめしたい、ライブドアブログ公式ブログ「ヒヨくんあっくん育児日記」管理人のやまもとりえさんの新刊『お母さんは心配症』が発売されました。 ...
もっと見る
今、子育て中で「2人目どうしよう?」「1人でも大変なのに、2人目なんて余裕ないよね」と悩んでいる人もいるはず。

そんな人におすすめしたい、ライブドアブログ公式ブログ「ヒヨくんあっくん育児日記」管理人のやまもとりえさんの新刊『お母さんは心配症』が発売されました。





長男ヒヨくん(2歳)の子育てに奮闘する中、第2子の妊娠が発覚したやまもとさん。妊娠中から次男あっくんの誕生、そしてヒヨくんが4歳になるまでの約2年間をじっくり描いた育児イラスト日記です。
1日1コマの育児絵日記では、ヒヨくんの日々のかわいい1シーン、次男あっくんの細やかな成長が描かれており、2人が育っていく様子をわが子のような気持ちで読み込んでしまいます。忙しさに追われて見逃してしまいそうな小さな成長の数々を、やまもとさんならではの鋭い観察力で切り取ります。

fa711934
★ヒヨくんあっくん育児日記「昨日のこと」より

書き下ろしの漫画では、弟を迎えるヒヨくんの複雑な心境の変化、次男あっくんの動じない男前っぷりやヒヨくんの登園拒否の様子が丁寧に書かれています。2人目を悩んでいる人や子どもの登園拒否に悩む人には、ぜひ読んでほしい内容です。無理をさせずに、ヒヨくんに寄り添いながら見守るやまもとさんの姿勢にはぐっとくるものがあるはず。

旦那さんとの夫婦対談は、2人の穏やかで優しい空気感にほっこり。読者からの質問に答えるスタイルの対談ですが、旦那さんのイクメンぶりが伝わってくる子育ての姿勢や、やまもとさんへの尊敬の気持ちなど、夫婦のあるべき理想の姿を映し出しています。

読み終えて感じたのは、「子育てはどんなに大変でも、宝物のような一瞬が散りばめられている」こと。それに気づくことが、大きな救いになるということです。

夜泣き、イヤイヤ期、赤ちゃん返り、登園拒否など、子育ての悩みは山ほどあるけれど、それを吹き飛ばすほど、子どもからたくさんの宝物をもらっています。子どもからの優しくてあたたかい一言、かわいい言い間違え、大人ぶった立ち振る舞い、笑ってしまう勘違いなど、小さな喜びや笑いに救われることが、明日の力になっているのだと気づかされます。

496b1da1
★ヒヨくんあっくん育児日記「昨日のこと」より

そして2人目育児だからこそ知れたことも多く描かれています。弟ができたから芽生えるお兄ちゃんのやる気、兄弟一緒に遊ぶ仲のいい姿、ほほえましい兄弟愛など、2人目だからこそ経験できる貴重な出来事がたくさんあります。

2人目育児を前向きに考えさせてくれ、子育てのかけがえのない瞬間を大切にしたくなるやまもとりえさんの新刊『お母さんは心配症』を、ぜひブログと合わせてチェックしてみてください。


本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

ライブドアブログの人気ブログをご紹介いたします。 さといもな日々 / さといも 福島県在住のさといもさんが、ニートな日々をつづる絵日記ブログです。 女性の多い公式ブロガーの中では、異色の存在ともいえるさといもさん。大好きなゲームを遊び、飼い猫“ねこす”に ...
もっと見る
ライブドアブログの人気ブログをご紹介いたします。

さといもな日々 / さといも
さといもな日々

福島県在住のさといもさんが、ニートな日々をつづる絵日記ブログです。
女性の多い公式ブロガーの中では、異色の存在ともいえるさといもさん。大好きなゲームを遊び、飼い猫“ねこす”に翻弄(ほんろう)され、時には悪友たちとお出かけ。そんなのほほんとした毎日を、ユーモラスに描いています。
個性豊かな“母いも”・”ばばいも”・先に結婚した”いもうと”も頻繁に登場し、気の置けないやり取りに仲の良さが伝わってきて、心がなごみます。(まれにですが、“父いも”も登場します)

さといもクッキング☆
さといもクッキング☆

「得意料理はカレーと餃子とオムライス」なさといもさんが、お菓子作りに挑戦!
少々不安になりながら見ていると、案の定、絵に描いたようなミスが…


ブログ「さといもな日々」を見る
LINEで「さといもな日々」の更新通知を受け取る


今後もすてきなブログをご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

こんにちは、ライブドアブログ編集部です。先日、『東京ガス』さんのスタジオをお借りして、ブロガーのみなさんと料理教室を開催しました!講師は「たかシェフのおうちごはん。と、白い犬。と、チワワ。」でおなじみ、某一流ホテルで料理長を務めるたかシェフさん。おうちで ...
もっと見る
こんにちは、ライブドアブログ編集部です。
先日、『東京ガス』さんのスタジオをお借りして、ブロガーのみなさんと料理教室を開催しました!
講師は「たかシェフのおうちごはん。と、白い犬。と、チワワ。」でおなじみ、某一流ホテルで料理長を務めるたかシェフさん。
おうちで作れる本格クリスマスディナーを教えていただきました!

a439d2d4-s
★おうちごはんとおかしとねこ「livedoorイベント たかシェフに学ぶ「クリスマス映えするお料理」@Studio+G GINZA」より

0b8325d8-s
★Happy Living「たかシェフに【クリスマス映えするお料理】を習ってきたぞ。」より

今回作るのは「サーモンのタルタル」、「ローストチキン」、「洋ナシのキャラメリゼ」の3品!
参加ブロガーさん14名とライブドアブログスタッフ3名が4つの班に分かれて調理しました。
ブロガーさんの記事を参考に、作り方を見ていきましょう!


サーモンのタルタル(難易度★)


『サーモンのタルタル』は超簡単なのに、本格的なレストランの味! 材料を切って混ぜるだけなので、料理が苦手な方にもおすすめです。

3efba0f0-s
★ゆとりあるシンプルな暮らし「たかシェフ先生に『クリスマス映え』する料理を教わるイベントに参加してきました。」より

◎材料(4人分)
・スモークサーモン……80g
・玉ねぎ……10g
・セロリ……20g
・ピクルス……5g
・ケッパー……5粒
・フレンチマスタード……5g
・ディル……少々
・塩コショウ……少々
・マヨネーズ……15g
・レモン……少々
・ピックペッパー……お好みで(飾り用)
・ハードパン(5mm厚)またはクラッカー……12枚

89f04596-s
★たまご絵日記「一流ホテルの料理長にクリスマス映えする料理を教わってきた!」より

①サーモン、セロリ、ピクルスは小さな角切りに。玉ねぎ、ケッパーはみじん切りにします。
②マヨネーズにフレンチマスタードとディルを加え、①を合わせます。味をみて、必要ならば塩コショウをし、レモンを搾ります。

b7a2ea5e-s
★たまご絵日記「一流ホテルの料理長にクリスマス映えする料理を教わってきた!」より

③トーストして冷ましておいたハードパンに、2本のスプーンで形を整えたタルタルをのせます。
④お好みでピンクペッパーと、残ったディルを飾って完成です。


ローストチキン(難易度★★★)


正式なローストチキンは、こんなふうにオレンジ、レモン、マッシュルームなどを串に刺した「アットレー」という飾り付けをしてサーブするそうです。


材料(4人分)
・ローストチキン用丸鶏……1羽(0.9~1.2kg、できれば手羽先と足先の付いたもの)
※大手スーパーや業務用スーパー、ネットなどで購入できます
・レモン……スライス3枚
・香味野菜(セロリ、玉ねぎ、にんじんなど)……適量(詰め物として使います)
・ローズマリー……2枚
・オリーブオイル……100ml
・バター……30g
・塩コショウ……適量
・フォンドボー……1缶
・竹串(18cm)……2本

5dcc61ba
★わが家のここち。「たかシェフ直伝!ローストチキンの焼き方・盛り付け方◇たかシェフのおうちごはん。出張版レシピ」より
①鶏肉のおなかの中に不要物や汚れがないかを確認し、必要なら水洗いして水気をふき取り、鎖骨を抜いて足先を切り落とします。

81bb53d4
★わが家のここち。「たかシェフ直伝!ローストチキンの焼き方・盛り付け方◇たかシェフのおうちごはん。出張版レシピ」より
②パサつき防止のため、胸肉の皮をはがして皮と身の間にバターとローズマリーを入れます。
③オリーブオイルをまぶした香味野菜とレモンを鶏のおなかに詰め、入りきらなかった野菜はレモン、ローズマリーとともにたっぷりのオリーブオイルと塩をまぶして鶏の下に敷きます。
④胸を上にした鶏の表面に、油で流れてしまうため強めに塩コショウを振ります。
⑤250℃に予熱したオーブンで約10分焼き、表面が乾いて色がつき始めたら230℃に落としてさらに40分焼きます。時々、向きを変えたり油をかけたりして焼きムラを防ぎましょう。

f2c3b221-s
★COSTCO生活「知らなかったのは私だけ?!コストコでも人気のロティサリーチキンの真実・・・」より
⑥後ろ足のモモの付け根あたりに串を刺して透明の液が出てくれば焼き上がり! 鶏はこんがり、周りに敷いた残り野菜は黒こげになります。

f5f23cdf-s
★まんまるほっぺ のんびり楽しむ創作パン「たかシェフのクリスマス映えするお料理レッスン♪東京ガス銀座スタジオ。」より
【おまけ】焼いた鶏から出てくる肉汁と、敷いた野菜を合わせてソースを作るのがおすすめだそう。味見しながらバターを足したり、片栗粉でとろみをつけてもOK。

9974e947-s
★Healthy & Beautiful Life「『たかシェフ先生』に『クリスマス映え』する料理を教わろうイベントレポート①」より
サーブしたお皿がこちら。
ローストチキンの下ごしらえやさばき方は、『わが家のここち。』のwacoさんがこちらの記事でとってもくわしく書いてくれていますので、ぜひ合わせてごらんください!


洋ナシのキャラメリゼ(難易度★★)


e1b38195
★めろんカフェ「報告、御礼☆Studio +G GINZAにて「『たかシェフ先生』に『クリスマス映え』する料理を教わろう」イベント参加してきました!」より

材料(4人分)
・洋ナシ……2個
・アメリカンチェリー(缶)……20粒
・砂糖……40g
・バター……30g
・バニラアイスクリームやミント……お好みで

①洋ナシは皮をむいて種を除き、1/2に切ります。
②フライパンに砂糖を平らに入れて中火にかけ、砂糖が液状化するまで動かさずにじっと待ちます。

bc200f61
★めろんカフェ「報告、御礼☆Studio +G GINZAにて「『たかシェフ先生』に『クリスマス映え』する料理を教わろう」イベント参加してきました!」より

③上の写真ぐらいまで砂糖が溶けてふちが茶色くなったら弱火にし、フライパンを回してキャラメルを均一にします。
④フライパンを回し続け、全体が濃い茶色になったら火を止めてバターを入れ、全体に混ざったら洋ナシを入れます。

68a9c106-s
★EHAMIの賃貸DIYリノベーション|DIYで造るお気に入りの暮らし「『たかシェフ先生』にクリスマス映えする料理を教わろう!」より
⑤洋ナシの表面にキャラメルをまとわせたら裏返し、アメリカンチェリーを加え、全体にからまったらお皿に盛り付けて完成です。


いざ実食!


7ce60294-s
★たかシェフのおうちごはん。と、白い犬。と、チワワ。「【livedoorイベント】クリスマス映えするお料理と」より
たかシェフさんと、東京ガスのスタッフのみなさんのきめ細やかなサポートのおかげで、4班とも失敗することなく、本格クリスマスディナーが完成! シャンパンを開けてみなさんで乾杯して、楽しくおしゃべりしながらいただきました。

48be0e8c-s
★たかシェフのおうちごはん。と、白い犬。と、チワワ。「【livedoorイベント】クリスマス映えするお料理と」より
「洋ナシのキャラメリゼ」の付け合せに、おうちで焼いてきてくださった濃厚プリンを配るたかシェフさん。最初から最後まで、ブロガーさんたちのハートをわしづかみにしておられました!

261d6a15-s
★きみといっしょに。「初お料理教室!」より
今回緊張しながら初参加されたブロガーさんにも、楽しんでいただけたようでホッとしました。

ご協力いただいた、たかシェフさん&しょうこさん、東京ガスのスタッフのみなさん、そしてご参加いただいたブロガーのみなさん、本当にありがとうございました!

みなさんのレポート記事もぜひごらんください。

★おうちごはんとおかしとねこ「livedoorイベント たかシェフに学ぶ「クリスマス映えするお料理」@Studio+G GINZA
★わが家のここち。「たかシェフ直伝!ローストチキンの焼き方・盛り付け方◇たかシェフのおうちごはん。出張版レシピ
生活のメモ
momo's obentou*キャラ弁
★Happy Living「たかシェフに【クリスマス映えするお料理】を習ってきたぞ。
★COSTCO生活「知らなかったのは私だけ?!コストコでも人気のロティサリーチキンの真実・・・
★EHAMIの賃貸DIYリノベーション|DIYで造るお気に入りの暮らし「『たかシェフ先生』にクリスマス映えする料理を教わろう!
★たまご絵日記「一流ホテルの料理長にクリスマス映えする料理を教わってきた!
★Healthy & Beautiful Life「『たかシェフ先生』に『クリスマス映え』する料理を教わろうイベントレポート①
★まんまるほっぺ のんびり楽しむ創作パン「たかシェフのクリスマス映えするお料理レッスン♪東京ガス銀座スタジオ。
★めろんカフェ「報告、御礼☆Studio +G GINZAにて「『たかシェフ先生』に『クリスマス映え』する料理を教わろう」イベント参加してきました!
★elie's house「ホテル料理長たかシェフ先生に「クリスマス映え」する料理を教わってきました♪
★ゆとりあるシンプルな暮らし「たかシェフ先生に『クリスマス映え』する料理を教わるイベントに参加してきました。
★きみといっしょに。「初お料理教室!
★たかシェフのおうちごはん。と、白い犬。と、チワワ。「【livedoorイベント】クリスマス映えするお料理と

協力:東京ガス


74e0b149






こんにちは、ライブドアブログ編集部です。今回は「ライブドアブログ OF THE YEAR 2018」グランプリに選ばれた「♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です」の歌川たいじさんのインタビューをお送りします。映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の宣伝活動に忙しい合間をくぐって、インタ ...
もっと見る
こんにちは、ライブドアブログ編集部です。
今回は「ライブドアブログ OF THE YEAR 2018」グランプリに選ばれた「♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です」の歌川たいじさんのインタビューをお送りします。
映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の宣伝活動に忙しい合間をくぐって、インタビューに答えてくれた歌川さん。ブログを始めて10年目、ライブドアブログに来て2年目を迎えた今年を振り返り、じっくり語ってくれました。

S__5644295

ブログを始めたきっかけはリストラ。「自分で売るものを探さなきゃ! 」


――グランプリ受賞、おめでとうございます! 受賞した今の気持ちを教えてください。

ありがとうございます! 日々粛々とブログを更新することと読者さんとコミュニケーションを取ることを10年間続けてきましたが、ただやりたくてやってきたことをこんなふうに評価してくださることがとてもありがたいです。

――ライブドアブログに移転して1年半ですが、変わったことはありましたか?

ライブドアブログに来てからは、ブロガーさん同士の交流が盛んになったと思います。自発的にお互いのブログを紹介し合ってるのがいいですよね。読者を取り合うわけじゃなく、「あそこも面白いから見てよ! 」と紹介する好循環が生まれていていい雰囲気だと思います。「こんな小ワザがあるよ」とか「背景作ったから使ってね」とか、テクニック的なことも教え合ったり、とてもいい環境ですね。

――そもそも歌川さんが始めたきっかけは何だったんでしょう?

リーマンショックの後にリストラされたことがきっかけです。再就職先を探してもどこにも雇ってもらえず「老後を前に会社をアテにしてていいんだろうか?」と思う気持となり、「会社は潰れても私は生き残る!」「自分で何か売るものを探さなきゃ!」という思いから始めたのがブログでした。

027da79a
★ブログ移転後、あっという間にブロガーさんたちの人気者に!「ライブドアブログ忘年会で猛獣となったワタクシ」より


ブログを続けるには、「なにげない日常から何かを見つけ出すマインド」が必須


――ブログを続ける中で、大変なのはどんなことですか?

「読者さんがどの程度なら楽しんでくれるのか」を常に考えています。しょうもないことはいくらでも書けるけど、読者さんがそれを見て何か得た気持ちになってくれるレベルをキープしようと思うと、そんな簡単にネタは転がっていないんです。それなりのインプットも必要だし、“勉強”をしていないとネタは出てこないですから。

――“勉強”とは、具体的にどんなものでしょう?

いい言葉を聞いたり、美しいものを見たり、おいしいものを食べたりして、日常のさもないことから何かを見つけ出せるマインドをキープすることですね。忙しいとなかなかそういったことができなくなるので、読者さんが喜んでくれるものをキープするのは大変です。毎日、血のにじむ思いでブログを書いています。


ブログが自分を作家にしてくれた。毎年新しい景色が見られる喜び


――ブログを通じて得たものはありますか?

作家になれたことが一番です。ただ、かつての私が甘かったのは、出版さえできれば食べていけると思っていたところですね。実際は書くだけでなく、本を売っていかなければならない。映画化したら本を買ってもらえるかもしれないとか、いろいろ手を尽くさないとやってはいけません。

――今年は歌川さんの自伝『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の映画が公開されたり、濃密な1年でしたね。

毎年予想しないことが起こるのですが、映画の公開も含めて今年も「違う景色を見たなあ」という感じがしています。今まで知り合えなかったジャンルの人と出会い、有名人や著名人の方々と仕事したことは刺激的でした。来年はまた未知数で、どうなるのか楽しみです。

――映画のブロガーさんや読者さん向けの試写会では、手作りの混ぜごはんやお菓子を何十人分もご用意いただいたり、歌川さんの人柄や情の深さを再確認しました。

私は下町のおばちゃんなんですよ(笑) アメリカなら「ドーナツ作ってきたわよ~」って言うおばちゃん。
ただ、“情”ってことでいえば、私だって読者のみなさんの“情”に助けられてるんです。6回も映画を見に来てくれたり、舞台挨拶に全部来てくれたり(笑) 本当にありがたいです。出版業界も世の中も世知辛いですが、そこに“情”を通していくようなことを続けていきたいと思っています。

ff831092
★映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を通してたくさんの“情”に触れた歌川さん。「」より


今年一番うれしかったのは、ブロガーさんから気持ちを分けてもらった試写会イベント


――今年一番うれしかったことを教えてください。

ブロガー試写会にきてくれたブロガーさんたちが、渾身の絵やエッセーを書いてくれたことですね。映画を見て感じた自分なりの考えや感想を書いてくれ、読者さんにも「見て考えてほしい」と投げかける。「どれだけ時間がかかったのよ!」っていう素晴らしいものばかりで、みんなの気持ちを分けてくださったことがとてもうれしかったです。

b534eb0c
★ブロガー向け試写会には40人分の手作り混ぜごはんをご用意いただきました!「ライブドアブロガー試写会の準備戦争」より

――今年ブログでチャレンジしたことはありますか?

太賀くんや吉田羊さんなど実在の芸能人との交流を載せたことです。映画の撮影秘話や、マスコミに書かれていないことを私がアナウンスするのも初めてやりました。しかも事務所確認なしで(笑) 今年は、そんなふうにブログに新しい登場人物が加わった年でした。

――今年のイチオシ記事を教えてください。

いっぱいあるので悩みますが、最近書いた完成披露試写会の記事は反響が大きかったです。太賀くん、吉田羊さん、御法川修監督が登壇したんだけど、舞台上から「歌ちゃん、よかったね! 」とか「そうだよね?」って客席にいる私に話を振ってくれるんですよ。そのたびに立って「どうも~! 」ってお辞儀してたんですけど(笑) 映画が終わった後に会場から拍手が起こって、みんなが私に拍手をしてくれました。その時に「ばあちゃん、見てくれてるかな?」って映画にも登場した恩人であるばあちゃんのことを思い出しました。その記事には、みなさんからあたたかいコメントをたくさんいただきました。

今年のテーマは“気合い”、来年は“真心”を大切に


――今年は本当に多忙だったと思いますが、来年はどんな年にしたいですか?

来年もいただいたお仕事にひとつひとつ真摯に応えながら、日々ブログを更新していきます。どちらもクオリティーを上げられるように努力しながら続けていくことは変わりません。ブログなのでPVや数字のことを気にする時もありますが(笑) 自分が描きたくないものや後悔するようなものを作ったりしたら本末転倒ですから。来年もまた本を出す予定もあるので、それも、悔いのないものを作りたいと思っています。

――来年の抱負やテーマはありますか?

映画の公開で忙しいのを覚悟していたので今年のテーマは“気合い”でしたが、来年のテーマは“真心”です。今年新しい景色を見て、新しいジャンルの人とたくさん出会い、知り合いもすごく増えました。そうなると、ひとりひとりにかける時間が少なくなってしまう。でも、本当に私を支えてくれているのは、家族であるツレちゃんやコアな友人、ブロガー仲間のみなさん、ずっと私を応援してくれている読者の方々です。そういう大切な人たちとの絆を忘れちゃいけないなと思います。だから来年は“真心”を頭に置いてやっていきたいと思います。

――編集部としては、歌川さんとカータンさんのブログ読者向けトークショーができなかったのが心残りでした。来年はぜひ開催したいですね。

そうですね、ぜひやりたいです! カータンとはライブドアブログに引っ越すにあたって知り合ったので、まだ1年半くらいですが親友のような存在です。50歳を過ぎてそんな友達ができると思ってなかったから、本当にありがたいです。何か面白そうなことを思いついたら、また相談しますね。

24ab7e91-s
★「カータンとトークショー」より

――よろしくお願いします! 最後に読者のみなさんへのメッセージをお願いします。

来年のお正月は、ブログを始めて10周年。みなさんが見てくださっていなかったらできなかったことですし、私が10年やってきたこと全て、読者さんのおかげです。いつも「どうやったらもっと喜んでくれるだろう」と考えていますし、みなさんがウキウキするような何かをやりたいと思っています。その時に元気いっぱいで会いたいからどうかお体に気をつけて。健康診断もちゃんと受けてくださいね。あと、どうか詐欺や事故にも遭わないでください。そういう報告聞くと、寒くもないのにタマが縮み上がる。本当にやめて(笑)

――ありがとうございました!

多忙な今年を“気合い”で乗り切り、来年は“真心”をテーマにしたいと話す歌川たいじさん。あたたかい人柄で、まわりにたくさんの愛を分け与えてくれる歌川さんの来年の活躍も楽しみでなりません。これからも「♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です」をぜひチェックしてくださいね。


3066fa6ab8f48d7e4ce499962a38b0bd

「ライブドアブログ OF THE YEAR 2018」グランプリを受賞された他のブロガーさんへのインタビューも公開しております! そちらも合わせてぜひごらんください。

blog_of_the_year_2018_01
★「ライブドアブログ OF THE YEAR 2018」特設ページはこちら

「実体験から考える“育休の取りやすい社会”」と題した、今回のインタビュー企画。前編では、ブログ「おやじいじり」の金星さんに、育児の面白さやつらさ、働きながら子どもと関わるための工夫、育休を取りやすくするための雰囲気づくりなど、たっぷり語っていただきました ...
もっと見る
【育休インタビュー企画:後編】「周りの人がキャパオーバーに……」――ブロガー2人の“実体験”から考える「育休の取りやすい社会」とは?

「実体験から考える“育休の取りやすい社会”」と題した、今回のインタビュー企画。
前編では、ブログ「おやじいじり」の金星さんに、育児の面白さやつらさ、働きながら子どもと関わるための工夫、育休を取りやすくするための雰囲気づくりなど、たっぷり語っていただきました。
記事はこちら ⇒ 【育休インタビュー企画:前編】「フォローし合える関係づくりが必要」――ブロガー2人の“実体験”から考える「育休の取りやすい社会」とは?[livedoor Blog公式ブロガー]

後編では、同じく2人お子さんを育て、今年育休から復職されたママ、ブログ「ひよっこ一家備忘録」のあり子さんにお話をうかがいます。



――お子さんが生まれたとき、どんな選択肢がありましたか?
その中で育休取得を選んだ理由もお聞かせください。

上の子を妊娠したときに「自分が退職する」または「自分が育休を取得する」の2択でした。
職場が遠いので、妊娠しながらの通勤に不安があり退職も考えました。
しかし子どもが生まれたら何かとお金は必要になるので、退職はせず産休・育休を取得することにしました。

画像1
(画像はブログ記事から)
「子どもたちの将来のことを考えると、金銭的な面で働いていたほうがいい」と思いつつ、保育園を嫌がる姿を見て「これで本当に良かったのか」と迷う気持ちも……。


――職場の方には、どのくらいのタイミングで育休を取得したいと話しましたか?

やっと心拍が確認できたくらいの妊娠初期で体調を崩してしまったので、こちらから報告する前に妊娠に気付かれました。
そのときに今後のことも聞かれ、産休育休を取りたい旨を伝えました。
わたしの前に1人、同じ部署で育休を取っていた方がいたので、育休の申請はしやすかったです。


――育休を取る上で、なにか障害になることはありましたか?

育休の取得自体に障害はなかったのですが、仕事の引きつぎが大変でした
みんな自分の仕事に手一杯でピリピリしている中、さらにわたしの仕事をお願いしなければならないことがとても心苦しく、仕事の引きつぎは精神的にくるものがありました……。


――今までと育休後の現在では働き方に変化はありましたか? また、家事や育児の苦労を体験したことが仕事に生かされたことはありましたか?

子どもが生まれる前は時間内に終わらなくても残業ができましたが、今は保育園のお迎えがあって残業できないため、高速で仕事をして社内では小走りで移動しています
忙しいときはトイレに行く時間ももったいないので、水分を取らないこともしばしば……。
復職してからは、今まで以上に時間を意識して、一分一秒も無駄にしないようにしています
育児をしていると想定外の事態が連発するので、臨機応変に動けるようになったことが仕事に生かされている気がします
そして不測の事態に備えて事前に対策を練っておく癖もつきました!

画像2
(画像はブログ記事から)
「ワーママのタイムスケジュール」というシリーズ記事では、朝5時50分の起床から始まり、朝昼晩、目が回るような忙しい日常がつづられていました。


――育休中に面白かったこと・つらかったこと、想像とのギャップを感じたことがあれば教えてください。

育休中つらかったことは、近所のママ友づくりがうまくいかなかったことです(笑)
今は「ママ友は無理して作るものじゃない」と思えるようになりましたが、上の子を出産した当時はママ友がいないことに焦っていました。
そんなとき、何気なく始めたブログを通じてブログ友達やコメントをくださる読者の方と交流できるようになり、いつの間にかママ友がいないことへの焦りはなくなりました
ブログを始めたおかげで充実した育休を過ごしていました。


――男性の育休についても話題になっていますが、誰でも育休を取りやすい雰囲気にするためにはどうなればいいか、ぜひご意見を聞かせてください。

育休を取ると、それをフォローする周りの人がキャパオーバーしてしまうという、ギリギリの人数で仕事をしている会社が多いと思います。
「誰か1人でも抜けられたら困る」というこの状況が育休を取りにくくさせている要因の1つな気がします。
わたし自身も、育休に入る方のフォローをしてキャパオーバーになった経験があるので、フォローする側の大変さも嫌というほど分かります
なので育休を取るときに「申し訳ない」という気持ちでいっぱいで、常に周りに謝りながらの引きつぎでした。
難しいことだとは思うのですが、「ギリギリの人数で仕事をする」という状況が改善されると育休も取りやすくなるのではないかと感じました。


――育休に関して、会社の制度で満足している点と変わってほしい点があれば教えてください。
また、産休・育休を考えている方に、就職のときに会社のここを見ておいたほうがいいというポイントなどはありますか?

上の子が保育園に落ちたときに育休延長させてもらえましたし、制度としては満足しています。
しかし、やはりみんな自分の仕事でいっぱいいっぱいな状況なので、誰かが育休に入っても周りが余裕もってフォローできるくらいの人数に増員してほしいのが正直な気持ちです。

産休・育休を考えていらっしゃる方は、
・育休後、復職している人の前例があるか
・どのくらい社内にワーママがいるか

この2点をチェックしたほうが良いと思います。
育休取得の制度があっても、それを実際に取得して復職している方がいなかったら意味がないですし、職場にワーママとして相談できる人がいると心強いです!


――次の機会があったら育休を取りたいと思いますか?

あるかは分からないですが、次の機会があったらまた取ると思います!
育休手当てと復職する場所があるという安心感はやはり魅力的です。


――ずばり、母親としての生活充実度は100点満点で何点くらいでしょうか?

母親としては……40点くらいです
平日は子どもと関わる時間も少ないので、わたし自身子どもが恋しくて寂しい気持ちでいっぱいです。

画像3
(画像はブログ記事から)
保育園の内定が出たころ、復職するプレッシャーや、子どもたちと24時間いられる日があとわずかなのだと感じたことなど、複雑な心境を語っています。


――前編でインタビューさせていただいた、ブログ「おやじいじり」の金星さんから、あり子さんに質問が届いています!

「おやじいじり」金星さん
「おやじいじり」金星さん
ブログを通して、娘さんの成長過程をいつもほほえましく拝見しております。
お二人の娘さんを愛らしく描かれたあり子さんの漫画に本当に癒やされます。
お仕事や育児で、ご夫婦それぞれのご苦労もあると思いますが、家事の役割分担はどのようにされていますか?
また旦那様にしてもらって助かっていること、もしくはしてほしいことなどありましたら教えてください。

とのことでした! ぜひご回答お願いします。


金星さんからそのように言っていただけるなんてうれしいです……!
家事の役割分担については、基本わたしが中心になっています
特に平日は主人の帰宅時間が遅いということもあり、ほぼわたしのワンオペです。
なので、「パパは帰り遅いからわたしがやらなきゃ」という気持ちと「なんでわたしばっかり」という気持ちで日々葛藤しています(笑)
助かっていることは、こちらから指示しなくても、休日にトイレや洗面所掃除などをやってくれるようになったことです。
以前は逐一こちらから指示しないと動いてくれなかったので……。
してほしいことは「パパが休日子どもたちを連れてどこかに出かけること」です。
平日、仕事育児家事をほぼワンオペでやっているわたしに、一人の時間をプレゼントしてほしいです(笑)


――最後に育休取得の可能性がある方にメッセージをお願い致します。

育休中から、復職後のことを考えて時短アイテム(洗濯乾燥機、食洗機、お掃除ロボット)を準備しておくといいかもしれないです!
わたしは復職後に、もともと使っていた食洗器に加え、洗濯乾燥機とお掃除ロボットを利用するようになりましたが、便利すぎて「もっと早く使いたかった……」と後悔しました(笑)

画像4
(画像はブログ記事から)
「三種の神器と呼ばれている家電に助けられて、わたしは生きています」と語るあり子さん。



就職時に見ておきたいポイントとして、「育休後、復職している人の前例があるか」「どのくらい社内にワーママがいるか」というのはたしかに重要なポイントですね。
すでに勤められている人でも、働いている会社についてこの2点を確認しておくと安心かもしれません。

あり子さん、ありがとうございました!


ブログ「ひよっこ一家備忘録」を見る
LINEで「ひよっこ一家備忘録」の更新通知を受け取る

(ブログ編集部)

女性だけでなく、男性にとっても重要な課題である「育児休業取得」。以前と比べると取得しやすい雰囲気になってきているものの、同僚への負担、昇進への影響など、育休取得を阻む壁はまだまだあるようです。今回は「実体験から考える“育休の取りやすい社会”」と題して2人の ...
もっと見る
【育休インタビュー企画:前編】「フォローし合える関係づくりが必要」――ブロガー2人の“実体験”から考える「育休の取りやすい社会」とは?

女性だけでなく、男性にとっても重要な課題である「育児休業取得」
以前と比べると取得しやすい雰囲気になってきているものの、同僚への負担、昇進への影響など、育休取得を阻む壁はまだまだあるようです。
今回は「実体験から考える“育休の取りやすい社会”」と題して2人のブロガーさんにお話をうかがいました。
前編でインタビューさせていただいたのは、現在2人のお子さんを育てながら仕事に奮闘する、ブログ「おやじいじり」の金星さんです。



――お子さんが生まれたとき、どんな選択肢がありましたか?

妻が1年間育休を取得して、その後復職するという1択でした。
長女が生まれた当時は、男性が育休を取る風潮は今よりもなく、職場でも前例を聞いたことがなかったので、わたし自身、育児休暇を取る発想もありませんでした。
もし取れていれば妻の負担も軽減できたと思いますが、育休取得によって収入が減ることを考えると、やはり積極的には取れなかったと思います。


――お子さんが生まれたばかりの頃の一日のスケジュールを教えてください。

6:30 起床
7:00 出社
19:00 帰宅
19:30 子どもとお風呂、夕食
21:00 子どもと就寝
というスケジュールで、家事は妻がメインでした。
現在も、わたしの帰りが毎日20時を過ぎているので、家事は妻がメインで行っています。
妻はパートで9時から13時まで勤務しています。


――お子さんが生まれてから、今までと現在で働き方に変化はありましたか?
また、家事や育児の苦労を体験したことが仕事に生かされたことはありましたか?

子どもが生まれる前までは、遅く帰ることを気にせず残業も多かったのですが、子どもが生まれてからは、できるだけ残業や持ち帰りの仕事をしないように心がけています
どうしても仕事が残るときは、普段よりも早く出勤する“朝型”に切り替えました
せめて夕食時の家族団らんは大切にしたいからです。

答えが変わってしまうのですが、保育や介護の仕事の経験があったので、どちらかといえば仕事で身につけたことが自分の子の育児に生かされていることが多いです。子どもを褒めたり、しかったりするときの言葉掛けは特に。
オムツ替えも、仕事の経験上余裕でした。

画像1
(画像はブログ記事から)
にぎやかな金星さん家の食事風景。


――育児中に面白かったこと・つらかったこと、想像とのギャップを感じたことがあれば教えてください。

ブログでもよく紹介していますが、日々の子どもの言動が面白いです。
言葉を覚え始めた頃は、昨日までハトのことを「チュンチュン」と言っていたのが、翌日には「ポッポ」とアップデートされていたり。
成長が目に見えてわかる日々が本当に面白いです

つらかったことは、赤ちゃんの頃の夜泣きでしょうか。
昼間は仕事で、妻に子どもの世話を任せざるを得なかったので、夜泣きはできるだけわたしが対応していました
翌日は仕事なので、生活リズムが狂うのはつらかったです。
立って抱っこして揺らしたり、外に連れて出たりすることで少し刺激を入れ泣きやませていました。
効果があるときとないときがありましたが、音を聴かせると泣きやむアプリも使用していました。

ギャップといえば兄弟姉妹って似てて当たり前だと思ってたんですが、うちの姉妹は真逆と言ってもいいくらい性格が反対で、上の子は神経質で、下の子はおおらかな性格です。

画像2
(画像はブログ記事から)
ひらがなの「ね」を練習する次女のユズちゃん。3日後の変化は……。


――今、家事・育児で悩んでいることはありますか?

子どもに習い事をさせるかどうかで悩んでいます
子どもになにか才能があるなら伸ばしてやりたいけど、何をさせてあげればいいのか正直分かりません。
お金もかかることなので、適当には決められないし、子ども自身がやりたいって言うまで待つべきか……となると、何もしないままになりそうです。
皆さんは子どもの習い事はどう選ばれてるのか気になります。


――今年の2月に更新された「働く男」という記事では、働くお父さんの切ない気持ちが描かれていてとても考えさせられる内容でした。
お父さんが家族をもっと大切にできる“理想の働き方”を教えていただけますでしょうか。

週休2日で残業が一切なく、きっちり定時で上がれることが理想です。
さらに有休を気兼ねせず、いつでも取ることができたら最高ですね。
平日は子どもと関わる時間が1時間もないのですが、残業がなければ一緒に遊んだり家族団らんの時間も増えると思います。
子どもとお風呂に入ったり、ご飯を作ったり、家事分担が変わってくるはず。
休みを利用して遠出することもできるので、家族サービスが今より充実しそうです。

画像3
(画像はブログ記事から)
子どもたちと関われる時間の少なさについて、複雑な思いを語ってくださっています。


――最近は男性の育休について注目されていますが、周囲に“ロールモデルがいない”中で育休を取られた方はいらっしゃいますか? 

残念ながら私の周りにはいません。


――育休を取る上で、なにが障害になると感じていますか?
合わせて、誰でも育休を取りやすい雰囲気にするためにはどうなればいいのか、ご意見を聞かせてください。

自分が休むことで、他のスタッフに業務のしわ寄せがいくことが大きい気がします。
1日や2日の有休でさえ気兼ねしちゃいますから、育休となるとなかなか難しいのが現状です。

育休を取りやすくするためには、まずは日頃から有休を積極的に取るよう、職場内で勧めると良いのではないかと思います。
わたし自身も、子どもの行事や病気のときなどは積極的に取るようにしています
休みが出たときに、お互いがフォローし合える関係づくりが必要に思います。
こうした中で、男性も育休を短期間でも取る実例が増えていくといいですね。

また、育休を取るには業務への支障が大きいですから、育児休業者が出ても対応できる業務マニュアルや、忙しい部署を補佐する環境があればありがたいです。

画像4
(画像はブログ記事から)
授業参観や運動会など、子どもの行事にも積極的に参加されている金星さん。


――次の機会があったら育休を取りたいと思いますか?

取れるのであれば、取りたいです。


――ずばり、父親としての生活充実度は100点満点で何点くらいでしょうか?

80点くらいです。
ブログで子どものことを漫画に描くようになったことは、充実度アップに大きくつながっていると思います。
いろんな視点で子どものことを見られるし、子どもと関わるのが楽しくなりました。
子どもとの関わりを自分の好きな漫画にできて、最近ではそこからweb漫画のお仕事もいただけるようになったことが大きいです。
あとは、子どもと関わる時間がもう少し増えればと思っています。


――後編でインタビューさせていただいた、ブログ「ひよっこ一家備忘録」のあり子さんから、金星さんに質問が届いています!

「ひよっこ一家備忘録」あり子さん
「ひよっこ一家備忘録」あり子さん
お子さんが女の子2人ということもあり、うちもこんなふうに成長していくのかな~!と思いながら金星さんのブログを楽しく拝見しています。 仕事をしていると子どもと関わる時間も少なくなってしまうかと思いますが、子どもと接する上で平日に意識していること、休日に意識していることがあれば教えてほしいです!

とのことでした! ぜひご回答お願いいたします。

ありがとうございます!
どちらも女の子2人ということで、勝手に親近感を持たせてもらってます。

以前、妻に指摘されたことなのですが、仕事で時間がない自分のペースに合わせようと、自分のタイミングで子どもと遊ぼうとしていました
子どもは常に一緒に遊んでほしいわけではないので、タイミングが合わなければ「今そんな気分じゃないのに……」となってしまいます。

子どもには子どものタイミングがあるので、求めてきたときこそしっかり関わって遊ぶことを心がけています。
とはいえ大人にも都合があるので、そんなときは「いつからいつまで遊ぼう」とお互いの都合を事前に合わせるようにしています。
ちなみにわが家では、カードゲームやボードゲームといったアナログゲームにハマっていて、頭も使うし会話も弾むし、大人も楽しめるのでオススメです。短時間でもしっかり子どもと関わりが持てます。

休日は平日にはできないことをしてやれるよう意識しています。
うちの子は出かけることが好きなので、お金がかかりすぎる場所でなければ、できるだけ行きたいところに連れて行ってあげるようにしています。

画像5
(画像はブログ記事から)
金星さんは、夕食後に子どもさんたちとボードゲームをしているそうです。
今年の3月には、おすすめのボードゲームについてブログで紹介されていました。


――最後に、育休取得の可能性がある方にメッセージを一言お願い致します。

仕事をしていたらできないこと、育休中だからこそできることがあると思います。
子どもの成長はあっという間です。
育休をポジティブに考えて、愛するお子さんの成長を育む貴重な時間を過ごしてください。

金星さん、ありがとうございました!

「日頃から有休を積極的に取るよう、職場内で勧める」というのは、お互いがフォローし合える関係づくりの第一歩になりそうですね。
仕事を朝型に調整したり、ボードゲームを活用して短い時間でも子どもとコミュニケーションを取っていくという工夫は勉強になります。

次回は、同じく2児のお子さんを育て、今年育休から復職されたブログ「ひよっこ一家備忘録」のあり子さんにお話をうかがいます。
金星さんからあり子さんへの質問もあります。ぜひご期待ください!


ブログ「おやじいじり(旧:娘へ捧げる大金星)」を見る
LINEで「おやじいじり(旧:娘へ捧げる大金星)」の更新通知を受け取る

(ブログ編集部)