ライブドアブログStyle

「ライブドアブログStyle」は、LINEが運営するブログメディアです。さまざまな知識(ライフスタイル・レシピなど)や経験を持つブロガーを掘り下げ、生活に役立つ情報や人生のプラスになるヒントをお届けします。

ブロガーニュース > 本の紹介

子育てママに絶大な人気を誇るイラストレーター、やまもとりえさんの子育てコミックエッセイ『お母さんは息子推し』が発売されました! やまもとさんといえば、ヒヨくん&あっくん兄弟の成長ぶりをつづったブログやツイッター、数々の著書も人気のイラストレーターです。前作 ...
もっと見る
子育てママに絶大な人気を誇るイラストレーター、やまもとりえさんの子育てコミックエッセイ『お母さんは息子推し』が発売されました! やまもとさんといえば、ヒヨくん&あっくん兄弟の成長ぶりをつづったブログやツイッター、数々の著書も人気のイラストレーターです。前作『お母さんは心配症 ⁉』から1年半、5歳になったヒヨくん&2歳のあっくんが、ますますかわいく成長した姿を最新作で紹介しています。

お母さんは息子推し (単行本)
やまもとりえ
祥伝社
2019-11-01



1日1コマの絵日記では、2人の著しい成長ぶりが、やまもとさんならではの鋭い観察力で描かれています。長男ヒヨくんは、ポエティックな言葉で語る慎重派。嫌がっていた保育園にも自分から行けるまでに成長し、お友達も増え、園生活を充実させています。レゴ職人として意外な素質を見せたり、シャチにハマって、やたりシャチ推しになったり。でも憧れの人物は、相変わらずパパ。洋服を選ぶ時は、「パパみたい?」と聞いてきます。


859cf7bf
引用:「歯が生えてきた次男とレゴ職人になりたい長男」より



一方、次男あっくんは、肝が座った安定派。「ばいばい」など少しずつ言葉を話すようになり、動きも個性的に成長しています。大胆な性格は変わらず、熱が出たヒヨくんの顔にどっしり座ったり、イヤイヤ期から言葉の“キライ”ブームが到来し、ヒヨくんを悲しませてしまったり。絵本が大好きで、「読んで」とせがんできます。
4b8bc283-s
引用:「次男の「嫌いブーム」より


対照的な2人だけれど、いつもは仲良しでほぼ毎日が平和な事件ばかりです。あっくんはお兄ちゃんへの憧れが強く、ヒヨくんの服・コップ、なんでもヒヨくんの真似がしたい年頃です。ヒヨくんは、ママさながらにあっくんのお世話をするしっかり者。変顔や言葉の言い間違いなど、予想外のリンクに「やっぱり兄弟!」と思わせる瞬間もあります。

そんなヒヨくんも、好きな人が「パパとママ」から「お友達」へと変化して行きます。親としては、うれしさ半分、さみしさ半分。子どもはそうやって自立し、親は子を手放して行くのだなと痛感します。しかし、やまもとさんは「ちゃんと子離れしなければ」と思う反面、「子離れしたら、自分には何が残るんだろう」と不安になります。

そこから導き出したのは、「アイドルや俳優、好きな推しを見つけても、いついなくなるか分からない。やっぱり今は息子推しを続けよう!」という思い。子どもがそばにいる間は、どっぷり見つめ続けよう、愛を注いで行こう、と。それは、子育てをしているすべてのママ・パパへのメッセージでもあると思います。「子どもと濃密な時間が持てるのは、小さい今だけ。この時間を満喫しないと、もったいない!」と気づかされるきっかけにもなります。

最新作には、そんな優しい思いが詰まっています。いつかは訪れる子離れ・親ばなれを意識しながら、日々を大切に過ごすことの大切さを教えてくれます。

やまもとりえさんのブログ『ヒヨくんあっくん育児日記』も日々更新されていますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひお問い合わせフォームからご連絡ください。
書籍のPRに協力させていただきます。

▼ブログで人気が出て書籍化されたブログ一覧



今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

1人でも大変ですから、双子育児は「大変さ」と「苦労」に尽きるのだと思います。そんな子育ての苦労も、ミハイロさんの新刊『コウノトリが二羽飛んできた』を読むと「報われなくても当然」「笑えればいいか」と、ふと肩の荷が軽くなる気がします。主人公のミハイ ...
もっと見る

1人でも大変ですから、双子育児は「大変さ」と「苦労」に尽きるのだと思います。そんな子育ての苦労も、ミハイロさんの新刊『コウノトリが二羽飛んできた』を読むと「報われなくても当然」「笑えればいいか」と、ふと肩の荷が軽くなる気がします。


主人公のミハイロさんは、2児のパパ。不妊治療の末に授かったのは、双子の男の子でした。セイくん・レイくんと名付けられた2人が生まれてから3歳までの子育ての苦労や無常をコマ漫画で描いています。




 

双子のセイくん・レイくんは、まさに天使と悪魔。ニコニコしていたかと思うと、急に切り変わって攻撃してくるようなツンデレを発揮し、思わず笑ってしまいます。子どもたちの急変に驚きつつも、子育てに奮闘するミハイロさんのイクメンぶりも愛嬌たっぷりに描かれています。


双子の赤ちゃん時代の寝かしつけエピソードには、「あるある!」と共感すること必至。寝かしつけた後、絶対起こさないよう忍者のように慎重に歩くも、自分の関節がポキッ!っと鳴ってしまったり、おもちゃにぶつかり音を出してしまって、不本意ながら2人を起こしてしまいます。



おむつ換え時やトイレ・お風呂時の惨事には、思わず爆笑です。子どもがいる人なら誰もが一度は経験したことのある“うんち&おしっこ”事件を、ミハイロさんの個性的なタッチとあふれる表現力で描いています。その苦労がたまらなく伝わってくるので、ぜひ見てみてください。


「パパじゃない」ネタや「パパ報われない」エピソードには、ちょっとかわいそうになりますが、世のパパたちは共感するのではないでしょうか。奥さんとのさりげない会話ややりとりにも、夫婦の微笑ましくもピリッとしたリアルな様子が描かれていて面白いです。

双子育児は、苦労も2倍だけれど喜びも2倍。個性豊かに、どんどん成長していくセイくん・レイくんの姿に自分の子どもを重ねたり、将来の自分の子どもを想像してみたりして、子育ての楽しさや喜びを感じてみるのも良いのかもしれません。


ミハイロさんの同名ブログ『コウノトリが二羽飛んできた』でも、リアルタイムで子育てマンガが更新されているので、ぜひチェックしてみてください。



ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひお問い合わせフォームからご連絡ください。
書籍のPRに協力させていただきます。

▼ブログで人気が出て書籍化されたブログ一覧



今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

子育てマンガはいろいろありますが、動物から子育てを学ぶニュータイプの育児マンガが発売されました! 著者は、ブログ『うちのこざんまい』や子育てエッセイが人気の内野こめこさん。『ざんねんないきもの事典』の動物学者・今泉忠明さんが監修を手がける最強タッグです。中 ...
もっと見る
子育てマンガはいろいろありますが、動物から子育てを学ぶニュータイプの育児マンガが発売されました! 著者は、ブログ『うちのこざんまい』や子育てエッセイが人気の内野こめこさん。『ざんねんないきもの事典』の動物学者・今泉忠明さんが監修を手がける最強タッグです。中身の面白さはいうまでもなく、動物の生態にまつわる知識がいっぱいで、すみずみまでじっくりと読み込める楽しい内容に仕上がっています。


こちらアニマル社商品企画部育児課
内野 こめこ
イースト・プレス
2019-10-17


マンガの舞台は、現代から20数年後。動物の中から知性と感情を持った“知性動物”が現れ、人間と共存している時代です。主人公の田中さん(ヒト)は、妊娠中の奥さんと2人暮らし。アニマル(安仁丸)社へと出向になり、出勤初日に先輩社員の皇帝さん(コウテイペンギン)とばったり会います。

こちらアニマル
(拡大画像はアマゾンの商品ページから)

アニマル社は、知性動物の生活をサポートするアイテムや仕組みを企画開発する会社で、田中さんは知性動物にアンケートを取ったり、妊娠中の知性動物のデータを取ったりのリサーチを行うのが仕事です。そんな中で会った動物たちの生態から、妊娠や出産、子育ての知識を深めていきます。

例えば、タツノオトシゴは一夫一婦制で、メスがオスのお腹に卵を産みつけ、オスの中で孵化するのだそう。出産も大変で、稚魚が引っかかって出られず親子で死んでしまうこともあると言います。

コウテイペンギンは、メスが産んだ卵をオスが温めることで有名です。極寒の南極で2カ月間飲まず食わず立ちっぱなしで卵を温め続けます。卵が孵化してからも、メスが戻るまではオスがヒナの世話をします。

ブチハイエナは、メスにも外に飛び出した性器があり、そこから出産します。産道が狭いため痛みが強く、出産時に性器が裂けてしまうため、5頭に1頭は死んでしまい、赤ちゃんも6割は死ぬというハイリスク出産でもあります。

さまざまな生き物の妊娠や出産、子育てを学びながら、ヒトの出産についても学び、パパとして成長する田中さん。「つわり=なまけている」とか「妊娠したらお腹が大きくなるだけ」ではなく、むくみや腰痛などのマイナートラブル、胸や乳首の変化などがあることを知ります。また「母乳は必ず出る」のではないこと、「逆子のリスク」があることも学びます。田中さんは知識ゼロの新米パパから、奥さんを気づかえるまでのイクメンになり、いよいよ出産を迎えます。


妊娠や出産、子育ては女性の仕事と思われがちですが、このマンガを読むと概念が変わります。生き物の生態を見るとオスが行う場合もあり、その多様性を知ることができます。人間も同じで、環境や家族の置かれた状況によっては、パパをはじめ誰がやってもいい。みんなで協力して出産・子育てをするのが一番良いのではと改めて思わされます。

ヒトを含めた、生き物の出産・子育てを知るのに、とてもためになる一冊です。これから出産を迎えるパパママの学びの一冊としてはもちろん、生き物の生態マンガとしても面白く、小学生が読んでも楽しめる内容になっています。ぜひチェックしてみてくださいね!

LINEで「うちのこざんまい」の更新通知をブログリーダーで受け取る

読者プレゼント


内野こめこさん直筆サイン本を抽選で4名の方にプレゼントします!

image1

image

応募方法
(1) ライブドアブログの公式Twitter(@livedoorblog)をフォローしてください。
(2) 11月8日(金)までに、キャンペーンツイートをRT(リツイート)してください。
(3) 当選者の方にはDMでご連絡いたします。


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひお問い合わせフォームからご連絡ください。
書籍のPRに協力させていただきます。

▼ブログで人気が出て書籍化されたブログ一覧


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

毎日の献立を考えていると「今日もまた茶色いおかずばかり…」とか「安くて大量買いしたけれど、食材が使い切れず悩む」ということ、よくありますよね。そんな時にぴったりの青山清美さんの本『とっておきの冷凍作りおき』が発売されました。とっておきの冷凍作りおき [単行 ...
もっと見る
毎日の献立を考えていると「今日もまた茶色いおかずばかり…」とか「安くて大量買いしたけれど、食材が使い切れず悩む」ということ、よくありますよね。そんな時にぴったりの青山清美さんの本『とっておきの冷凍作りおき』が発売されました。




本を開くと、まず料理がどれもカラフルで色鮮やかなことに驚きます。緑、赤、黄、白、ピンク。彩り豊かなレシピは、ただ眺めているだけでワクワクします。使っている食材はピーマン、にんじん、大根、パプリカ、アボカド、グリーンピースなど、珍しい食材はほとんどありません。

タイトルにもあるように冷凍できる作りおきなので、保存期間が約2ヵ月と長めな点も魅力。子育て中の方や、仕事が忙しく毎日ゆっくりごはんを作る暇がない人にもおすすめです。

個人的にすごくいいなと思ったのが、下ごしらえをしてから冷凍するレシピで、食べる直前に解凍して調理します。チキンローストやスペアリブ、ブリなすなどは、安い時に材料を買って仕込んでおけば、買い物に行けなかった日のごちそうになります。

341f8903-s
★「出版・新刊:とっておきの冷凍作りおき 著者:青山清美(金魚)」より

カラフルなレシピは、パーティのおもてなしやお弁当にぴったり。特に、星型のピクルス、花型ピーマンの肉詰め、薄焼き卵ベーコンなどは、お弁当用にぜひ常備しておきたいと思いました。また、シリコン製のドーナツ型を活用したオムライスやおいなりさんも、かわいいビジュアルで子どもたちも喜ぶこと必至。ぜひ子どもが集まる会などで振る舞ってあげたいです。

お料理に慣れた人なら、野菜ペーストもおすすめです。ピンクのビーツ、グリーンの大葉、赤のパプリカをベースにしたペーストは、スープやソースなどに応用できる優れもの。彩りがいまひとつなおかずにソースとして添えたり、軽く味付けしてスープにしたりと大活躍です。

料理って、彩り一つでこれほど雰囲気が変わるんだと改めて実感しました。「茶色のものはおいしい」のも事実ですが、カラフルな一品が加わると、見た目のおいしさはさらにアップします。子どもが野菜嫌いの方は特に、盛り付けやアレンジレシピの参考になりますよ。本と合わせて、青山さんのブログ『世界の酒場レシピ』もぜひチェックしてみてくださいね。


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひお問い合わせフォームからご連絡ください。
書籍のPRに協力させていただきます。

▼ブログで人気が出て書籍化されたブログ一覧


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

1日15万PVを超える歌川たいじさんの人気ブログ『ゲイです、ほぼ夫婦です』が、めでたく1冊の本になりました! ゲイです、ほぼ夫婦です [単行本(ソフトカバー)]歌川 たいじ扶桑社2019-09-20リーマンショックで会社をリストラされ、ブログを書き始めたきっかけから始まり、 ...
もっと見る
1日15万PVを超える歌川たいじさんの人気ブログ『ゲイです、ほぼ夫婦です』が、めでたく1冊の本になりました! 



リーマンショックで会社をリストラされ、ブログを書き始めたきっかけから始まり、パートナーのツレちゃんとの爆笑エピソードや歌川さんの人生のキーパーソンとなる仲間との逸話10年分が、ぎゅっと1冊にまとめられています。

歌川さんと言えば、著書である『母さんがどんなに僕を嫌いでも』が昨年映画化され話題になりました。母親からの虐待や学校でのいじめなど、苦しい子ども時代を過ごしていましたが、仕事や友人に恵まれ、そして運命のパートナーとも言えるツレちゃんとも出会い、現在はとても充実した日々を過ごしています。

そんな幸せな今を迎えるまでに出会った、クセ強めの“大切な仲間たち”が、歌川さんの幸せの“1ピース”になっていることが本の中で描かれています。
book1
(拡大画像はアマゾンの商品ページから)

まずはパートナーのツレちゃん。天然でツッコミどころ満載のツレちゃんとの暮らしは、爆笑してしまう事件の連続です。付き合って20年目を迎えた今も、歌川さんいわく「ネタの宝庫」と言う、愛らしいボケっぷりに癒され、元気をもらえること必至です。
10代からの親友である資産家の息子・キミツくんは、毒舌で小悪魔のような性格ながら、いつも自由気ままでやりたい放題の奔放さで、まわりを魅了しています。他にも、会社の元上司Fさん、ユウキくんをはじめとするゲイ友達、飼い猫のハチ兵衛・クロ丸・茶助とのエピソードもあります。

エッセイでは、リストラされた時の苦労、ゲイを公表していた90年代のこと、人を信じることの大切さなどがつづられ、興味深くじっくり読み込んでしまいます。

最初は、「ゲイのカップルってどんな感じだろう?」という興味から入っても、読み進めていくうちに、歌川さんの愛情深さ、人徳がある人柄、苦手なこともやってみる・続けてみるという前向きな考え、それに引き寄せられる個性的な仲間たちに勇気付けられ、笑顔と元気をもらえます。

1日に終わりやちょっと疲れた時に、歌川さんの爆笑&かけがえのない日々に触れることで、「少しだけ人に優しくなれるかも」「明日も頑張ろう」と思える一冊です。本と合わせて、ブログ『ゲイです、ほぼ夫婦です』も合わせてチェックすると、よりリアルタイムで楽しめますよ。


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひお問い合わせフォームからご連絡ください。
書籍のPRに協力させていただきます。

▼ブログで人気が出て書籍化されたブログ一覧


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

「年の差兄弟っていいなあ」と思ったこと、ありませんか? 例えば、上の子が家事を手伝ってくれたり下の子のお世話をしてくれたりして、「子育てが楽そう」「兄が下の子をかわいがってくれそう」など、淡い期待があるんじゃないかと思います。(そんな便利さだけ ...
もっと見る

「年の差兄弟っていいなあ」と思ったこと、ありませんか? 例えば、上の子が家事を手伝ってくれたり下の子のお世話をしてくれたりして、「子育てが楽そう」「兄が下の子をかわいがってくれそう」など、淡い期待があるんじゃないかと思います。


(そんな便利さだけじゃない)年の差兄弟育児の楽しさや喜びを綴った、MOTOKOさんの新刊『うちのヒフミヨ! 兄たちは妹びより』『うちのヒフミヨ! 兄たちはますます妹びより』が2巻同時に発売されました。





MOTOKOさんは、2歳~高校生までの4人の子のお母さん。長男ヒーくん(2002年生まれ)、次男フーくん(2007年生まれ)、三男ミーくん(2011年生まれ)、長女ヨッちゃん(2017年生まれ)の3男1女で、年齢差は最大15歳! 4人それぞれの個性的なキャラクターや子育てのエピソード、みんなに愛される末っ子ヨッちゃんのかわいがられぶりがコミックエッセイで楽しく紹介されています。

91BnwUaLvWL

※書籍より抜粋


長男ヒーくんは真面目でしっかり者、次男フーくんは趣味がお菓子づくりの心優しい男子、三男ミーくんはお調子者の自由人、長女ヨッちゃんは小悪魔的愛されキャラと、個性豊かな4人のアンサンブルが、とにかくかわいくて笑えて癒されます。


個人的には、長男ヒーくんのヨッちゃんのかわいがり方がツボです。まるで付き合いたてのカップルのように溺愛し、一方で大人のように慣れた様子で登園させたりオムツを替える姿は、頼りになる大人そのもの。「ヒーくんがうちにも来て欲しい!」と思ってしまうほどです。ヒーくん&次男フーくんがお菓子を作ったり、家事をする姿には「すごい!」「羨ましい!」「これぞ年の差兄弟のありがたみ!」とつくづく思います。


とても参考になるのが、自称・家事嫌いというMOTOKOさんが、どうやって4人兄弟の家事・育児をこなしているかというテクニック。3人兄弟までは夫婦でツーオペ、4人兄弟になってからは長男・次男が加わり、フォーオペになったそう。「今が一番楽!」というやり方にも注目です。


4人育児を始めるに当たって「やめたこと」「工夫したこと」「導入したテクノロジー」も興味深かったです。やめたことは、パジャマ/バスタオル/大量のおもちゃ。工夫したことは、タオルの色分け/服のハンガー収納など。テクノロジーは、洗濯乾燥機/掃除ロボット/食洗機など。詳しくは、ぜひ本をチェックしてみてください。


また「お手伝いとお金」「教育資金」や「リフレッシュ法」「旅行事情」など、子育て世代が気になることが、ぎゅっとコラムにまとめられているのも読み応えがありました。ママとパパが出会いを綴った描き下ろしマンガも、ドキドキして楽しかったです。


子育てや家事=「辛い」「大変」と思いがちだけれど、MOTOKOさんの本を読むと、子育ての楽しさや喜びに改めて気づかされます。本と合わせて、ぜひブログ「~うちのヒフミヨ!4人育児はエンターテインメント~」もチェックしてみてくださいね。


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひお問い合わせフォームからご連絡ください。
書籍のPRに協力させていただきます。

▼ブログで人気が出て書籍化されたブログ一覧


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

「英語が話せるようになりたい」と思っている日本人って、とても多いんじゃないかと思います。私自身も年始に「オンライン英会話を始める!」と勇んだものの1ヵ月坊主になり、「英語が話せるようになりたい」目標は、今年も先送りになってしまいそうです…。そんな「英語をし ...
もっと見る
「英語が話せるようになりたい」と思っている日本人って、とても多いんじゃないかと思います。私自身も年始に「オンライン英会話を始める!」と勇んだものの1ヵ月坊主になり、「英語が話せるようになりたい」目標は、今年も先送りになってしまいそうです…。

そんな「英語をしゃべれるようになりたい」「英語を勉強したい」と思っている人必見、勉強を始める前に読んで欲しい本『東大「ずる勉」英語 ~3カ月で赤門くぐった「超効率」学習法~』が発売されました。





著者は、東京大学大学院に在籍中のただっちさん。イラストレーターとしても活躍するただっちさんは、高校時代に一念発起し英語の偏差値を40から73に上げ、志望校に合格。予備校や塾のアルバイトでもその勉強法で指導し、たくさんの生徒が英語の成績をアップさせました。

東大にも、わずか3カ月の勉強で合格したというすごい人です。シンプルながら簡単で効率的、時間の短縮になる勉強法は、まさに英語が苦手な“英語ダメ人間”“おバカ向け”ともいえる内容です。


zuruben
※書籍より抜粋

英語の最初のハードルといえば“単語”。「単語の意味が分からない」「単語をたくさん覚えなくてはならない」ことですが、英単語は意味が複数ある場合も多いため、どうしても覚えるのが難しくなってしまいます。ただっちさんが勧めるのは、

単語のつづりは覚えない
意味が複数ある場合は、ひとつ目だけ覚える
単語帳を使うなら、知っている単語が4~5割を占めるものを使う
単語の書き写しをやめて、テストをしながら暗記する
目、口、耳、手を使って覚え、声に出す

などです。パーフェクトを目指してしまいがちな日本人としては、驚くようなアドバイスです。そして“文法”を学ぶ時には、

参考書は、中学・高校向けのものでOK
最終目標が高いなら、高校生レベルのものをセレクト
文法の例文を、スラスラ和訳・英訳できるようにする
文法の問題は、引っ掛けが少ないため、問題作成者の意図を考える

などが大切だと言います。“長文読解”では、

英語を英語のままで理解する(難しい文だけ、日本語に訳す)
そのためには単語をイメージと概念と、セットで理解することが必要
長文の問題は、先に設問をチェック。答えが見つかったら、その都度解く
分からない部分はスルーする

など、スムーズに答えを導き出すテクニックが書かれています。このほかにも、“作文”“リスニング”“会話”の学習テクも紹介しています。

1冊読み終えて感じたのは、「単語、文法など、それぞれで押さえるべきポイントがある」「完璧を目指さず、できることからやる」こと。

目標設定の仕方も大切で、1日に英単語10個&2日に長文1つなど、「やる気を摘まない“ショボ計画”で自分を褒めながら続ける」ことも重要だと気づかされました。

「今年こそ英語ができるようになりたい」「英語、やってみたいかも」と思っている人は、ぜひ一読してみてください! ただっちさんのブログ「ただの主婦が東大目指してみた」も合わせてチェックしてみてくださいね。


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひお問い合わせフォームからご連絡ください。
書籍のPRに協力させていただきます。

▼ブログで人気が出て書籍化されたブログ一覧
 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

毎日のことなのに「何作ろう?」と悩んでしまう夕飯のメニュー。お弁当を作っている人は「おかずはどうしよう?」、子供がいるママたちは「夏休み中、3食分を考えるのが大変」など、いつも料理やお弁当のメニューに悩まされている人は多いと思います。そんな献立ジプシーさん ...
もっと見る

毎日のことなのに「何作ろう?」と悩んでしまう夕飯のメニュー。お弁当を作っている人は「おかずはどうしよう?」、子供がいるママたちは「夏休み中、3食分を考えるのが大変」など、いつも料理やお弁当のメニューに悩まされている人は多いと思います。

そんな献立ジプシーさん必見の本、人気料理ブログ「作り置き&スピードおかず de おうちバル ~yuu's stylish bar~」のYuuさんの新刊『誰にでもできる簡単なコツでいつものおかずがごちそうに Yuuのラクうまベストレシピ』が発売されました。



この本のありがたいところは、みんながよく買う食材“鶏むね肉”“豚こま肉”のメニューが充実しているところ。例えば、鶏むね肉なら19品ものレシピが紹介されています。唐揚げにチキンカツ、ステーキ、ソテー、鶏ハム、煮物など、毎日鶏むね肉のレシピでも飽きないほどバリエーション豊かです。

Yuuさん
※書籍より抜粋

手の込んだ料理は、「作るのが大変そう」「時間がかかるのでは?」と躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、Yuuさんのレシピは“とにかく簡単”なのが魅力。レンジで調理したり、ポリ袋で下ごしらえするなど、「洗い物を少なく」「プロセスも簡単」なので、初心者やズボラさんでもすぐに作れるのが嬉しいです。


献立で、実は最も悩んでしまうのが副菜。メインはすぐに決まっても、「あと一品副菜が欲しいな」「バランスを考えて、野菜を増やしたい」という時に、ささっと作れる野菜のメニューもたくさんあります。どれも5分や10分、長くて15分ほどでできるものばかり。忙しい時にも頼りになります。


レシピ本でよくあるのが「この食材はあるんだけど、もう一つの食材がない」というお悩み。それが即座に解決できるように代用食材がどのレシピにも紹介されているのがありがたいです。


まずは巻頭に紹介されている人気レシピ・ベスト10を作ってみて、その作りやすさを体感してみてください。料理に「きちんと作らなくては」「丁寧に作らないと」という“はりきり”や“気負い”が必要だと思っている人は、Yuuさんの気取らない&肩肘はらない等身大のレシピに、料理する時間が楽しくなるはず。本の中で紹介されている172品ものレシピに、そのエッセンスがたっぷり詰まっています。


夏バテしやすい&疲れやすい夏こそ、毎日のごはん作りを楽にして、美味しくて元気の出るレシピで元気になりたいもの。ぜひこの本をお供に、元気いっぱいに夏を乗り越えましょう。



本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

自分が年を取れば、親も年を取る。親の老いは、病気や入院、介護などの不安も増え、どうしてもネガティブなイメージを持つ人が多いと思います。ばあさんとの愛しき日々 (コミックエッセイの森) [単行本(ソフトカバー)]なとみみわイースト・プレス2019-05-12そんな人に読ん ...
もっと見る

自分が年を取れば、親も年を取る。親の老いは、病気や入院、介護などの不安も増え、どうしてもネガティブなイメージを持つ人が多いと思います。




そんな人に読んで欲しいのが、「あっけらかん」管理人のなとみみわさんの新刊『ばあさんとの愛しき日々』です。イラストレーターのなとみさんは夫、息子、愛犬、そして義母“ばあさん”との4人と1匹暮らし。87歳のばあさんと過ごす日々を、なとみさんの愛らしいイラストと共にあたたかくやさしく綴っています。


主人公の“ばあさん”が、とにかくチャーミングで愛嬌たっぷり。忘れっぽいのに頑固、都合のいいことだけはしっかり覚えている一方で、天然のとぼけた性格もあり、「どうしてこうなるの~?」とツッコミたくなる微笑みエピソードが満載です。

例えば、ばあさんが大事そうに持ち歩くバッグの中身が、実は半分以上がティッシュだった!とか、食事制限が必要なのにつまみぐいが大好きで、好物のおでんや煮物をこっそり食べてしまったり。デイサービスに行くのを楽しみにしすぎて、夜中1時に起きてしまうとか。

61iwCA+SHML
※書籍より抜粋

ほのぼのした話の中で、年老いた親によくあるエピソード、

“目が悪くなり、見間違えが多くなる”

“疲れやすいので、長時間の買い物が難しくなる” 

“朝がとても早起き” “物を無くしやすい”

“忘れっぽいので同じことを何度も繰り返す”

を自然に紹介していて、年を重ねた親のリアルな姿、どう老いていくのかを丁寧に描いています。


最終章では、ばあさんの最期にも触れています。最後の最後まで、人を大事にして感謝の気持ちを大事にするばあさんの人柄には、ぐっとくるものがあります。死を迎えることが悲しくさみしいものではなく、なとみさん&ばあさんのやさしい人柄が伝わってくる、朗らかで心地いい締めくくりになっています。


読み終えた後は、親のことを改めて大切に思って「親孝行したい」「会いに行きたい」と思えるような一冊です。ぜひなとみさんのブログ『あっけらかん』と一緒に、チェックしてみてください。




本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。

「年収は高ければ高いほどいい」「お金はたくさんある方が幸せ」と思っている人は多いはず。でも本当の幸せは、ぜいたくすることではなく、豊かな時間や体験をすることだったりします。年収200万円&月12万円のリアル“幸せ”ライフを綴ったコミックエッセイ『おひとりさまの ...
もっと見る

「年収は高ければ高いほどいい」「お金はたくさんある方が幸せ」と思っている人は多いはず。でも本当の幸せは、ぜいたくすることではなく、豊かな時間や体験をすることだったりします。


年収200万円&月12万円のリアル“幸せ”ライフを綴ったコミックエッセイ『おひとりさまのゆたかな年収200万円生活』から、第2弾が発売されました。著者おづまりこさんの工夫と楽しみがいっぱい詰まった暮らしは、おひとりさまならずとも参考になるものばかり。第2弾も読みごたえたっぷりで、真似したくなるアイデアがいっぱいです。


716BdZ30ZRL
※書籍より抜粋

〈自炊編〉〈外食編〉〈暮らし編〉〈もちもの・ファッション編〉〈お楽しみ編〉など全6章、どこから読んでも楽しめます。


例えば、〈自炊編〉で紹介する「買い出し後のちょこっと下ごしらえ術」。「肉は350gずつ冷凍保存」「葉物は2~3食分を切って保存容器へ」「きのこは小分けにして保存袋で冷凍」「じゃがいも5個をレンジでチン後、2個はそのまま、3個はマッシュして冷凍」など、毎日の料理が楽になるひと手間をまとめています。袋麺を使った「酸辣湯風塩ラーメン」や「年中おいしい野菜の甘酢漬け」など、オリジナルレシピも魅力的です。


〈外食編〉で紹介する店のおすすめメニューは魅力的なものばかり。フルーツサンド巡りで紹介した店には、すぐに行ってみたくなりました。ファミレスやチェーン店を活用した外食術も見逃せません。


〈暮らし編〉の整理整とんの仕方や掃除術、〈もちもの・ファッション編〉の似合うボトムやトップス選びも参考になります。個人的には、「パジャマで寝ることで、くつろぎタイムへの切り替えがスムーズになった」というエピソードには驚きました。おづさんがパジャマにこだわる有名なホテルに泊まったことをきっかけに、パジャマの魅力に気づきます。素材や大きさ、衿もとのゆったり加減など、パジャマにしかない快適さがあるのだとか。パジャマといえば、Tシャツ&スウェットというスタイルだった私も「パジャマを久しぶりに着てみようかな?」と思わされました。


この本の良いところは、購入したもの・食べたもの・体験したものが「値段」「ブランド」「店名」などと一緒に紹介されているところ。値段が分かれば、すぐに真似できるかどうかの判断ができ、ブランドや店名が分かるとすぐに買ったり、取り寄せたりができます

ちょっとだけ節約しながらも、豊かさは忘れずに。小さな豊かさの積み重ねが、大きな幸せになる。そんな幸せに気づける本、『おひとりさまのゆたかな年収200万円生活2』をぜひ読んでみてください。おづまりこさんの楽しいブログ「おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活」と合わせてチェックしてくださいね。



本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。