ライブドアブログStyle

「ライブドアブログStyle」は、LINEが運営するブログメディアです。さまざまな知識(ライフスタイル・レシピなど)や経験を持つブロガーを掘り下げ、生活に役立つ情報や人生のプラスになるヒントをお届けします。

確定申告勉強会

こんにちは、ライブドアブログ編集部です。今年も確定申告期間がスタートしました。※2020年の確定申告期間は、2月17日(月)から4月16日(木)まで(新型コロナウィルスの影響で1カ月延長されました!)ライブドアブログ編集部では、今年も東京と大阪でブロガーさん向け「確 ...
もっと見る
960_600 (1)

こんにちは、ライブドアブログ編集部です。
今年も確定申告期間がスタートしました。※2020年の確定申告期間は、2月17日(月)から4月16日(木)まで(新型コロナウィルスの影響で1カ月延長されました!)
ライブドアブログ編集部では、今年も東京と大阪でブロガーさん向け「確定申告勉強会」を開催! レポートと合わせて、得する確定申告のコツをお送りします。


今年は、新しくライブドアブログに来てくれたブロガーさんが多数参加!


毎年恒例となった「確定申告勉強会」。4回目となる今年は、ライブドアブログに参加いただいたばかりのニューカマーの方を中心に、大阪と東京合わせて総勢11名のブロガーさんにご参加いただきました。

c8af87cbf7b6204fac3ff91df8585bb74_34502078_200219_0020
◉大阪会場

S__51159044
◉東京会場

今年も講師は、税理士法人東京合同の山田和江先生と武林泰之先生にお願いしました。具体例を挙げてわかりやすくお話してくださり、疑問点を質問しながら終始和やかな雰囲気で進めることができました。
それでは、ブロガーさんをはじめとしたフリーランスや副業をお持ちの方の大まかな確定申告のやり方を見ていきましょう! 


「所得」「控除」「経費」まずは、確定申告の用語を理解しよう!


確定申告には、聞き慣れない専門用語がいろいろ出てきます。混乱を避けるためにも、まずは用語の意味をしっかりと覚えておきましょう!

◉収入……事業の場合は、経費などを差し引く前の純粋な「売上金額」のこと。会社員の場合は、給与から税金や保険料などが引かれる前の金額のこと。

経費……経済活動を行うために、客観的に見て必要な支出。

所得……収入から経費を引いた金額。

控除……金額などを差し引くこと。


スマホ完結もできる! 確定申告の基本的な進め方


会社員、自営業、副業をやっている方、白色申告、青色申告など、働き方や申告方式によって一人一人やり方が異なる確定申告。こちらでは、フリーランスや副業の方向けの基本的なやり方を解説いたします。

①確定申告書を用意する。または、パソコンやスマホ(※1)で国税庁のページにアクセスする。
申告用紙は税務署や確定申告会場のほか、市区町村の担当窓口や指導相談会場などで受け取ることができます。(住民税のみの確定申告書もありますので、市区町村の担当窓口で受け取る場合にご確認ください)
インターネット環境とパソコンをお持ちの方は、国税庁の確定申告書等作成コーナーから申告書の作成がおこなえます。
マイナンバーカードや、e-Tax用のID・パスワードをお持ちの方は、スマートフォンから申告することもできます。ただし、スマートフォンの機種やOSのバージョンによってはできない場合もあります。また
マイナンバーカードによるe-Tax(国税電子申告・納税システム)マイナポータルとの連携が必要になります。くわしくは、国税庁のこちらのページをご覧いただくか、「スマート申告」で検索ください。

※1)今年のスマホによる確定申告は、副業等による雑所得の申告や給与所得者が医療費控除等により還付を受ける場合が対象です。自営業の方は、パソコンによるe-Taxや所轄税務署へ持参または郵送での申告となります。

② 収入金額を割り出す。
支払調書や源泉徴収票などを用意し、2019年1月1日から12月31日までの収入金額を算出します。

③経費金額を計算する。
経費計算を怠ると余分に税金を納めなければいけなくなる場合もあるので、しっかり計算しましょう!
自宅で仕事をしている方は、自宅の家賃、光熱費、通信費、食費、交際費、旅行費なども経費として計上できる場合もあるので、気になる方は税理士さんのサイトなどで確認してみると良さそうです。

④「所得=収入-経費」所得金額を元に確定申告が必要かどうかを見極める。
収入金額から経費金額を引いた所得金額によって、確定申告が必要か必要でないかが決まります。例え、収入金額がたくさんあっても、経費金額によっては確定申告が必要ない場合もあります。

◉確定申告が必要な例
・給与所得があり、副業の所得金額が20万円以上ある。
・自営業の収入で生計を立てていて、その事業所得金額が38万円以上ある。
・年間の給与収入が2,000万円を超えている。
・ふるさと納税をしたがワンストップ納税を利用しなかった。

⑤控除制度を利用できるか確認する。
こちらも申請を怠ると、余計に税金を納めなければいけなくなるので要チェックです!

医療費控除……生計をひとつとする家族全員の医療費が10万円(※総所得が200万円未満であれば、総所得金額×5%)を超えた場合に受けられる控除制度。2019年に入院や、頻繁に通院されていた方、出産や手術をされた方は要チェックです。
医療費(交通費なども含む)-保険金などで補てんされた金額-10万円=控除額

セルフメディケーション税制……ドラッグストアなどでの「対象となるOTC医薬品」の購入額が年間12,000円を超えている場合、購入費の一部が控除される制度。風邪薬や頭痛薬、湿布、花粉症薬など、身近な薬も対象になっているのでよく使う方は要確認です!
対象となるOTC医薬品の購入額-12,000円=控除額(上限額88,000円)

◉寄付金控除……ふるさと納税などで、国や地方公共団体、特定公益増進法人、一定の政党などに寄付した場合の控除。ふるさと納税のワンストップ特例制度の申請をし忘れた場合でも、確定申告すれば控除が受けられます。
寄付金の合計額(年間合計所得金額の40%が限度)-2,000円=控除額

◉雑損控除……災害や盗難、横領などによって損害を受けた場合に、その損失の一部を所得から差し引くことができる控除制度。ただし、詐欺や恐喝は対象外とのこと。自然災害の多かった2019年、被害に遭われた方は国税庁のこちらのページをご覧ください。


家賃、光熱費、通信費、食費も経費にできるってホント!?


S__51159048
ブロガーさんからの質問が相次いだ「どこまで経費にできるのか」問題。勉強会で出た質問と回答をご紹介します!

Q:自宅でブログを書いていますが、自宅の家賃や光熱費は経費になりますか?
A:ブログのために使っている面積分の家賃、ブログに関連して使用している分の光熱費など、一部は経費にできます。

Q:夫名義で家賃が引き落とされている場合や、夫名義で住宅ローンを組んだ持ち家に住んでいる場合はどうなりますか?
A:夫名義で家賃が引き落とされている場合も経費にできます。持ち家の場合は、固定資産税とローンの利息、そして火災保険料などから経費を割り出せます。

Q:経費は消費税込みですか?
A:収入が1,000万以下の方は消費税込みでの申告になります。

Q:料理の写真をブログにアップしてそのあと食べたら、食材は経費になりますか?
A:夕食のために作った料理の写真をブログに上げても経費にはできませんが、ブログのために特別に作った料理であると証明できるのなら一定程度経費にできます。

山田先生いわく、「経費を考える上で大事なのは、税務署に根拠を論理的に説明できるか否か」そのためにも、普段からプライベートと仕事をしっかり分けて、お金やスペース、時間の使い方など整理しておくことが大切ですね。


今すぐ始めよう! 来年の確定申告をラクにするテクニック


◉経費計算をラクにするために
・確定申告に関係する書類を入れる場所を決めて、一カ所にまとめておく。
・経費のレシートや領収書は、封筒などに入れて月ごとに分けて保存しておく。
・クレジットカードやSuicaなどの交通系ICカードは、仕事用とプライベート用を分ける。(プライベートとは別に、仕事専用のカードを1枚作っておくと便利!)

◉控除制度で損しないために
・ドラッグストアで医薬品などを購入したレシートは保管する。
・ふるさと納税や寄付をおこなった際は、証明書類を保管し、いつどこにいくら寄付したかメモを残しておく。
・出産や病気、けがなどで入院・通院をしたら、あとから詳細を思い出せるようにメモしておく。

今年の確定申告の締切は、4月16日(木)。新型コロナウィルスの影響で、例年より1カ月延長されました! 今からでも十分間に合います。あきらめずに、がんばりましょう!


合わせて読みたい









◉「ライブドアブログStyle」の最新記事をLINEで受け取れる
↓↓↓ 読者登録はこちらから ↓↓↓

ldbs_banner_A

こんにちは、ライブドアブログ編集部です。今年も確定申告シーズンがやってきました!(2019年の確定申告期間は、2月18日から3月15日まで)ライブドアブログ編集部では、去年に続き今年も確定申告が必要なブロガーさんに向けて東京と大阪で「確定申告勉強会」を開催しました ...
もっと見る
こんにちは、ライブドアブログ編集部です。
今年も確定申告シーズンがやってきました!(2019年の確定申告期間は、2月18日から3月15日まで)
ライブドアブログ編集部では、去年に続き今年も確定申告が必要なブロガーさんに向けて東京と大阪で「確定申告勉強会」を開催しました!
レポートとともに、今からでも間に合う確定申告のやり方と得するコツをお送りいたします。


今年は少人数でリラックスムード♪ ブロガーさん向け確定申告勉強会レポ


今回講義をしてくださったのは、税理士法人東京合同の武林泰之先生(東京会場)と、山田和江先生(大阪会場)。参加人数は東京・大阪あわせて総勢12名。リラックスした雰囲気で税理士の先生に質問しやすく、それぞれの疑問をしっかりと解決できていたようです。

cfe2d5f9a5f5768817b0a1d06fd19d0c4_11464297_190228_0004
★東京会場にて、税理士の武林泰之先生とみなさん。分からないところがあれば、その都度気軽に質問できるのが少人数の良いところ!

cfe2d5f9a5f5768817b0a1d06fd19d0c4_11622647_190301_0009
★大阪会場にて、税理士の山田和江先生、武林泰之先生とみなさん。勉強会というよりは、座談会のような和やかな雰囲気でした。

20190228140429326
★当日配られた資料の一部がこちら。(給与収入400万円と副業収入50万円がある場合の書き込み例)

このような実際に書き込まれた確定申告書の見本などを使って、副業がある場合、専業の場合など具体例を挙げつつ分かりやすく解説していただきました。
勉強会の後は、税理士の先生とブロガーさんで1対1の個別相談の時間を設け、みなさん気になっていた疑問をしっかり解消できた様子。
ご参加いただいたみなさん、おつかれさまでした! 

それでは、大まかにですが確定申告のやり方を見ていきましょう!


初心者のための確定申告手順


① 収入金額を割り出す
源泉徴収票などを元に、2018年1月1日から12月31日までの収入金額を算出します。

②経費を割り出す
仕事のために必要だった買物で、領収書やレシートが残っているものであれば経費として計上できます。また、家賃や光熱費、通信費、食費、交際費、旅行費なども経費として計上できる場合もあるので、気になる方は税理士さんのサイトなどで確認してみると良さそうです。

③確定申告が必要かどうかを見極める
収入から経費を引いた所得金額によって、確定申告が必要か必要でないかが決まります。収入が多くても、経費によっては確定申告が必要ない場合もあります。
以下のような場合には確定申告が必要です。
◉給与所得があり、副業の所得が20万円以上
◉自営業の収入で生計を立てていて、その事業所得が38万円以上
◉年間の給与収入が2,000万円を超えている

④控除制度を利用する
確定申告をする場合、以下のような控除制度を使うことによって納税する金額を抑えることができます。
★医療費控除……生計をひとつとする家族全員の医療費が10万円(※総所得が200万円未満であれば、総所得金額×5%)を超えた場合に受けられる控除制度。2018年に入院や、頻繁に通院されていた方、出産や手術をされた方は要チェックです。
医療費(交通費なども含む)-保険金などで補てんされた金額-10万円=控除額

セルフメディケーション税制……ドラッグストアなどでの「対象となるOTC医薬品」の購入額が年間12,000円を超えている場合、購入費の一部が控除される制度。風邪薬や頭痛薬、湿布、花粉症薬など、身近な薬も対象になっているのでよく使う方は要確認です!
対象となるOTC医薬品の購入額-12,000円=控除額(上限額88,000円)

寄付金控除……ふるさと納税などで、国や地方公共団体、特定公益増進法人、一定の政党などに寄付した場合の控除。ふるさと納税のワンストップ特例制度の申請をし忘れた場合でも、確定申告すれば控除が受けられます。
寄付金の合計額(年間合計所得金額の40%が限度)2,000円=控除額

★雑損控除……災害や盗難、横領などによって損害を受けた場合に、その損失の一部を所得から差し引くことができる控除制度。ただし、詐欺や恐喝は対象外とのこと。

⑤既婚者の方は要チェック! 今回から変わった「配偶者控除」の仕組み
2018年分の確定申告から「配偶者控除」や「配偶者特別控除」が大きく変わっています。該当しそうな方はお気をつけください!
◉配偶者控除を受ける納税者本人の所得を、1,000万円以下(給与収入では1,220万円以下)に制限。※配偶者特別控除を受ける納税者本人の所得制限は前年同様1,000万円以下。

◉配偶者控除を適用できる配偶者の所得金額は、38万円超123万円以下に対象拡大。控除額は、配偶者の所得金額と控除を受ける納税者本人の所得金額によって段階性に。


ブロガーさんやフリーランスの方ならではの確定申告の疑問を、Q&A形式でご紹介!


Q.ブログの年間収入は103万円以下ですが、確定申告は必要ですか?
A.必要です。
給与収入が年間103万円以下の場合、配偶者控除の対象となり確定申告不要ですが、これはあくまで「給与所得」の場合。
ブログの収入は「事業所得」となり、収入金額から必要経費を差し引いて38万円を超えた場合は確定申告が必要になります。

Q.兼業ブロガーです。勤務先の会社で年末調整していて所得税も支払っています。
昨年ブログで18万円の収入がありましたが、確定申告は必要ですか?
A.確定申告は不要です。
1カ所から給与所得があり源泉徴収や年末調整が行われている場合、給与および退職所得以外の金額の合計が20万円以下であれば確定申告は不要となります。

Q.自宅でブログを書いていて年間200万円ほどの収入があり、確定申告は青色申告を選択しています。以下の内訳の場合、どのような経費が必要経費になるでしょうか?
●家賃/月6万円(仕事に使っている割合は50%)
電気代年間22万円、携帯電話代年間6万円、インターネット関連費用年間15万円(仕事に使っている割合は70%)
ブログ用に25万円のカメラと37万円の液晶ペンタブレットを購入
仕事の交際費3万円、消耗品5万円、交通費2万円
A.
◉ブログ収入がある方の場合
【必要経費にできるもの】
事業のみに使われる10万円以下の備品及び用紙代など

【必要経費にできる場合があるもの】
・家賃
・水道光熱費
・交際費
以上のような家事費との区別が明確でない費用は「家事関連費」となり、適切と思われる基準(例えば、「ブログ執筆に使っている自宅の50%分の家賃」など)により事業部分を区分できる場合は「必要経費」となります。

青色申告の場合
30万円未満の資産は全額、30万円以上は減価償却した分が必要経費となります。
【必要経費にできるもの】
・カメラ代25万円全額
・37万円の液晶ペンタブレットの減価償却した本年の償却費分(5年で減価償却する場合は、3万7,000円)


確定申告の期限日まで、あと1週間ちょっと。まだの方もあきらめずにがんばりましょう!

こんにちは、ライブドアブログ編集部です。今年も「確定申告」のシーズンがやってきましたね! (確定申告期間は、原則2月16日から3月15日まで)ライブドアブログで活躍する公式ブロガーの中には、ブログの収益によって確定申告が必要な方もいらっしゃいます。そんなブロガー ...
もっと見る
こんにちは、ライブドアブログ編集部です。

今年も「確定申告」のシーズンがやってきましたね! (確定申告期間は、原則2月16日から3月15日まで)
ライブドアブログで活躍する公式ブロガーの中には、ブログの収益によって確定申告が必要な方もいらっしゃいます。
そんなブロガーさんたちをサポートするべく、今年も「確定申告勉強会」を実施しました!

20180219確定申告勉強会_180222_0007
東京会場

大阪イベント画像2
大阪会場

今年は関西在住のブロガーさんの熱いリクエストに応えて、東京に加えて大阪でも開催!
東京・大阪あわせて総勢25名のブロガーさんにご参加いただきました。今回の記事では、先に開催された東京会場での模様をレポートいたします。

・そもそも私は確定申告が必要なの? 
・青色申告ってどうやるの?
・仮想通貨で収益が出たらどうなるの?

などなど、何かと難しいイメージのある確定申告を自分でしっかり行えるように、税理士法人東京合同の山田和江先生が講義をしてくださいました。

20180219確定申告勉強会_180222_0004

資料はこちら! 確定申告書のコピーも付いて、書き込みながら実践的に学べます! 


フリーランスや副業をしている方必見! 得する確定申告のコツ


兼業の場合、専業の場合、扶養に入っている場合、家賃や光熱費、飲食費、旅行費などはどこまで経費にできるか、青色申告のメリットとデメリット。さまざまな具体例を挙げて分かりやすくお話してくださる山田先生。みなさんメモを取りながら真剣に聞き入っていました。

20180219確定申告勉強会_180222_0024

せっかくなので、重要なポイントをまとめていきましょう!

確定申告が必要なケースとは
★給与所得があり、ブログ(副業)の所得が20万円以上ある場合
★ブログ収入で生計を立てていて、その事業所得が38万円以上ある場合
★年間の給与収入が2,000万円を超えている場合

自分の所得金額ってどうしたら分かるの?
所得は、収入から経費を差し引いた金額。なので、たくさん稼いでいても、経費が多ければ確定申告が必要ない場合も。

③経費はどうやって割り出すの?
仕事(ブログ執筆)のために必要だった買物で、領収書やレシートが残っているものであれば経費として計上できます。また、しっかりとした申請理由や裏づけがあれば、家賃や光熱費、食費、交際費、旅行費なども経費として計上できる場合もあるそう。

④確定申告で得するコツ
以下のような控除制度を賢く利用しましょう。
セルフメディケーション税制……ドラッグストアなどでの「対象となるOTC医薬品」の購入額が年間12,000円を超えている場合、購入費の一部が控除される制度。
対象となるOTC医薬品の購入額-12,000円=控除額(上限額88,000円)
寄付金控除……ふるさと納税などで、国や地方公共団体、特定の公益増進法人、一定の政党などに寄付した場合の控除。
寄付金の合計額(年間合計所得金額の40%が限度)-2,000円=控除額


ビットコインなどの仮想通貨の収益はどうなる?


昨年から今年にかけて大きな話題となった仮想通貨。収益が出た場合、税金はどうなるのでしょう。
山田先生に聞いてみたところ、

ビットコインの利益は、所得税の課税対象となります。ただし、課税されるのは円に換えたときやビットコインで何かを購入したときになります」とのこと。
やはり仮想通貨もしっかり税金がかかるんですね。仮想通貨を売却して利益を得たり、ビットコインで何か購入した方はお気をつけください。

勉強会の後は、講義していただいた山田先生、税理士法人東京合同の武林泰之先生らとブロガーさんで1対1の個別相談の時間を設けました。
おひとり10分間という短い間ではありましたが、みなさん気になっていた疑問をしっかり解消できた様子でした。
 
ご参加いただいたみなさん、おつかれさまでした! 


ブロガーさんやフリーランスの方ならではの確定申告の疑問を、Q&A形式でご紹介!


Q.ブログの年間収入は103万円以下ですが、確定申告は必要ですか?
A.必要です。
給与収入が年間103万円以下の場合、配偶者控除の対象となり確定申告不要ですが、これはあくまで「給与所得」の場合。
ブログの収入は「事業所得」となり、収入金額から必要経費を差し引いて38万円を超えた場合は確定申告が必要になります。

Q.兼業ブロガーです。勤務先の会社で年末調整していて所得税も支払っています。
昨年ブログで18万円の収入がありましたが、確定申告は必要ですか?
A.確定申告は不要です。
1カ所から給与所得があり源泉徴収や年末調整が行われている場合、給与および退職所得以外の金額の合計が20万円以下であれば確定申告は不要となります。

Q.自宅でブログを書いていて年間200万円ほどの収入があり、確定申告は青色申告を選択しています。以下の内訳の場合、どのような経費が必要経費になるでしょうか?
●家賃/月6万円(仕事に使っている割合は50%)
電気代年間22万円、携帯電話代年間6万円、インターネット関連費用年間15万円(仕事に使っている割合は70%)
ブログ用に25万円のカメラと37万円の液晶ペンタブレットを購入
仕事の交際費3万円、消耗品5万円、交通費2万円
A.ブログ収入がある方の場合、家賃や水道光熱費、交際費など、家事費との区別が明確でない費用は「家事関連費」となります。家事関連費は、適切と思われる基準により事業部分を区分できる場合は「必要経費」となります。
事業のみに使われる10万円以下の備品及び用紙代などは「消耗品費」として必要経費に計上します。
青色申告の場合、25万円のカメラのように30万円以下の資産は全額必要経費となりますが、37万円の液晶ペンタブレットは減価償却をして、その費用のみ必要経費に計上します。
青色申告控除は、複式簿記によって貸借対照表を作成できる場合に限り65万円の控除、それ以外の場合は10万円の控除となります。

ぜひみなさんも参考にしてみてくださいね。
では、早めの確定申告を目指してがんばりましょう!

74e0b149

こんにちは、ライブドアブログ編集部です。今年も確定申告のシーズンがやって参りました! 確定申告は原則2月16日から3月15日まで。遅れないように気をつけたいものですね。 ライブドアブログで活躍する公式ブロガーはごく普通の主婦や会社員の方がほとんどですが、ブログ ...
もっと見る
こんにちは、ライブドアブログ編集部です。

今年も確定申告のシーズンがやって参りました! 
確定申告は原則2月16日から3月15日まで。遅れないように気をつけたいものですね。
 
ライブドアブログで活躍する公式ブロガーはごく普通の主婦や会社員の方がほとんどですが、ブログが人気になるにつれて収益も上がり、確定申告が必要になるブロガーさんもいらっしゃいます。
 
今回は、そんなブロガーさんをサポートするべく、初の「確定申告勉強会」を実施しました! 
 
・そもそも私は確定申告が必要なの? 
・初めてのことで、何から手を付ければいいかわからない
 
といった不安や疑問を解決するべく、税理士法人東京合同の山田和江先生が講義をしてくださいました。
  
 勉強会のもよう_170222_0022

ブロガーが興味津々! 確定申告どうすればいいの?


会場はLINEオフィスのセミナールーム。
当日の資料はこちら! 本物の確定申告書や関連書類も並び、とても実践的です! 
 
勉強会のもよう_170222_0001
  
「確定申告、そもそもあまりお好きじゃないですよね。誰もが苦手な確定申告の取っかかりができれば……。」と柔らかな口調で話される山田先生。
 
何もわからない初心者の視点に立ち、実際の確定申告書を見ながら順を追ってわかりやすく説明してくださいます。
 
ブロガーの確定申告を手伝った経験もおありだそうで、兼業の場合、専業の場合、扶養に入っている場合、ペンタブレットやパソコンの購入費をどうやって経費に含めるか、自宅の家賃・光熱費は経費にできるか、飲食費や旅行費はどうか、青色申告と白色申告の違い、などなどブロガーならではの確定申告の疑問をひとつひとつ丁寧にひもといていかれました。

勉強会のもよう_170222_0017

中でも興味深かったのは、所得と経費のお話。
 
「収入=所得」ではなく、「収入から経費を差し引いたもの=所得」となるため、たくさん稼いでいても経費が多ければ確定申告が必要ない場合もあるのだそう。 
山田先生も「経費のために、これからはレシートを取っておいてくださいね! 」と念を押されていました。
 
ブロガーのみなさんも、うなずきながら真剣に聞き入っていました。

Q&Aコーナー&個別相談会で疑問もすっきり


Q&Aコーナーでは、絵日記ブロガーさんより「LINEスタンプで得た収入はどう申告したらよいか」という質問が! 
 
山田先生によると、LINEスタンプのような支払い明細書だけで源泉徴収票がない収入でも、源泉税額がわかれば確定申告書に記載できるとのこと。
 
LINEスタンプを販売しているブロガーさんも多いせいか、質問者以外の方もとても参考になった様子でした。

5eafbad273750f01af093cfc58a8069a01

その後は、税理士の先生とブロガーさんで1対1の個別相談の時間を設けさせていただきました。
相談は、講義していただいた山田先生、税理士法人東京合同の武林泰之先生、増保雪絵先生が担当。
 
「何を聞いたらいいか質問がそもそもわからなくても大丈夫。気軽に相談してくださいね。」と山田先生に優しく言っていただき、ひとりひとり先生にしっかりアドバイスをいただいていたようです。
 
勉強会が終わったあとは、仲良しのブロガー仲間でおいしいランチに行かれていた方も。
ご参加いただいたみなさん、おつかれさまでした! 
 
当日参加してくださった公式ブロガーさんのレポートも公開されています。
確定申告をされる方もそうでない方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

★たかシェフのおうちごはん。と白い犬。-確定申告勉強会にいく。
★ほわわん子育て絵日記-確定申告勉強会・相談会に参加しました!


最後にブロガーさんならではの確定申告の疑問を、Q&A形式でいくつか抜粋してご紹介!

Q.ブログによる年間の収入は103万円以下ですが、確定申告は必要ですか?
A.必要です。
給与収入が年間103万円以下の場合、配偶者控除の対象となり確定申告不要ですが、これはあくまで給与所得の場合。
ブログの収入は事業所得となり、収入金額から必要経費を差し引いて38万円を超えた場合は確定申告が必要になります。

Q.自宅でブログを書いていて年間200万円ほどの収入があります。家賃や光熱費などどこまでを必要経費にできるでしょうか?
A.例えば、自宅の家賃が月々6万円で半分の面積を仕事関連のパソコンや資料などで占有している場合、半分の月々3万円、年間36万円を必要経費にできます。
電気代は使用時間、水道代とガス代は使用割合などで業務部分を算出してみてはいかがでしょう。

Q.兼業ブロガーです。勤務先の会社で年末調整していて所得税も支払っています。
昨年ブログで18万円の収入がありましたが、確定申告は必要ですか?
A.確定申告は不要です。
1カ所から給与所得があり源泉徴収や年末調整が行われている場合、給与および退職所得以外の金額の合計が20万円以下であれば確定申告は不要となります。

ぜひみなさんも参考にしてみてくださいね。
では、早めの確定申告を目指してがんばりましょう!